ギネス認定のアトラクションなんと14個! 富士急ハイランドの魅力

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ギネス認定のアトラクションなんと14個! 富士急ハイランドの魅力

2016.08.26

提供元:マイナビ進学編集部

ギネス認定のアトラクションなんと14個! 富士急ハイランドの魅力

山梨県の定番スポットの1つ「富士急ハイランド」。年間200万人もの人が訪れる、全国的に人気の遊園地です。「FUJIYAMA」や「ドドンパ」「ええじゃないか」「高飛車」といった絶叫マシンが有名ですが、実は合計14個ものギネス記録を持っていることを知っていますか? 今回はそんな富士急ハイランドに迫ります!

この記事をまとめると

  • 富士急ハイランドとはもともとスケートセンターだった?
  • 富士急ハイランドのギネス記録14個を大解剖!
  • ギネス記録の裏にある想い

富士急ハイランドとは

富士山のすぐそば、近くには河口湖や山中湖と自然豊かな山梨県富士吉田市に構える富士急ハイランド。実はもともとは「富士五湖国際スケートセンター」(1961年開園)としてスタートしています。

その後1969年に、現在の「富士急ハイランド」に名称を変更してグランドオープン。絶叫マシンとファミリー層向けの施設を兼ね備えた遊園地へと変化を遂げました。

富士急ハイランドのもう一つの特徴といえば、ギネス記録ですよね。定期的に記録を更新するため、1996年に登場したローラーコースター「FUJIYAMA」以降、次々と新しいコースターが登場しています。

富士急ハイランドのギネス記録14個を大解剖!

ギネス記録を所有しているアトラクションは全部で9つ。一台で複数の記録を持つアトラクションもあり、ギネス記録の総数は14個になります! それでは詳しくみていきましょう。

■ジャイアントコースター(昭和41年〜平成8年)/ローラーコースター
コースの長さで世界一! その長さはなんと1380m。

■スケートリンク(昭和44年頃)/スケートリンク
氷上総面積で世界一! リンク5つ合わせて26,500㎡

■ムーンサルトスクランブル(昭和58年〜平成12年)/ローラーコースター
高さ、最高時速、最大過重力の3つで世界一! 高さ66m、最高時速105km、最大過重力6.5Gと1つのアトラクションで3つもの記録を叩き出しました。

■FUJIYAMA(平成8年〜)/ローラーコースター
高さ、最高時速、巻き上げの長さ、最大落差の4つで世界一! 高さ79m、最大時速130km、巻き上げの長さ71.5m、最大落差70m。上のムーンサルトスクランブルよりもかなり進化していることがわかります。

■戦慄迷宮(平成10年〜平成14年)/ウォークスルー型お化け屋敷
歩行距離で世界一! その距離なんと500m。途中でリタイアしてしまう人が続出したとか。

■ドドンパ(平成13年〜)/ローラーコースター
最高時速で世界一! 最高時速172km。上のFUJIYAMAをさらに上回りました。

■超・戦慄迷宮(平成15年〜平成19年)/ウォークスルー型お化け屋敷
歩行距離をさらに更新! 700mに延長して世界一!

■ええじゃないか(平成18年~)/ローラーコースター
総回転数で世界一! その数なんと14回!

■高飛車(平成23年〜)/ローラーコースター
最大落下角度で世界一! まさかの121度! 90度を通り越しています。

このように合計14個ものギネス記録を獲得した富士急ハイランド。しかし、どうしてこんなにも挑戦を続けているのでしょうか?

ギネス記録の裏にある想い

富士急ハイランドを経営するのは、株式会社富士急行。富士山に一番近い鉄道「富士急行線」など電車・バスの運行や、遊園地やホテルの経営、不動産業といったビジネスを手がけています。そんな富士急行が大切にしているのは「いつも喜び・感動」。

喜びや感動をつくりだすことで、さまざまな人に夢や喜び、やすらぎ、感動を提供することを目指しているといいます。そして富士急ハイランドのようなアミューズメントパークでは、来場した人に最高のエンタテインメントを提供するために独自の施設や体験を創っているそう。ギネスの記録は唯一無二。代わりはありません。つまり、富士急ハイランドはギネス記録を更新し続けることで、富士急ハイランドでしか体験できないエンタテイメントを提供しているんですね。

レジャーや観光に関するビジネスは、いかに多くのお客様に足を運んでもらうかが重要。そのためにも、こうして人気のアトラクションをつくり続ける必要があります。どんなものをつくれば来場者はよろこんでくれるのか? 常にそんなことを考え、企画する、レジャーや観光のお仕事も楽しそうだと思いませんか?

【出典情報】
http://www.sogo-unicom.co.jp/data/book/0520100901/news201009.pdf

この記事のテーマ
旅行・ホテル・ブライダル・観光」を解説

目指す業界の専門知識を学び、パソコンなどのスキルを身につけます。旅行・観光では資格取得や採用試験対策、ホテル・ブライダルでは、現地実習を通して実践力を養う研修が多く含まれます。共通して求められるのは、ゲストに非日常のサービスや空間を提供する接客技術やサービス精神。不規則な勤務に対応できる体力の養成も求められます。

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「そのほかの旅行・ホテル・ブライダル系の職業」
はこんな仕事です

結婚式で主に新婦の世話係をする「ブライダルアテンダント」は、持ち物の準備や着替えの手伝いのほか、入場手順の説明などを行う。挙式当日は、新婦のそばに付き添いながらサポートをし、新郎・新婦の入場前には参列者の案内も担うので、マナーや気配りが大切な仕事になる。そして、接客のプロである旅館の「女将」も高い対人スキルが求められる。旅館の顔であると同時に、仲居たち従業員を取り仕切る主人でもあり、その責任は重大だ。旅館の跡継ぎと結婚し、経験を積んでまず若女将になり、そして女将になるケースが多い。

「そのほかの旅行・ホテル・ブライダル系の職業」について詳しく見る