文化祭で目立つチャンス! おすすめのヘアアレンジまとめ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

文化祭で目立つチャンス! おすすめのヘアアレンジまとめ

2016.08.30

提供元:マイナビ進学編集部

文化祭で目立つチャンス! おすすめのヘアアレンジまとめ

年に1度の文化祭。「かわいい髪型で目立ちたい!」「気になるあの子との距離を縮めたい!」……そんな女の子も多いのではないでしょうか。オシャレで簡単にできる、おすすめのヘアアレンジを紹介します。

この記事をまとめると

  • かわいいヘアアレンジで、気になる彼の視線をゲット
  • 注目度上昇のこだわりヘアアレンジ
  • 校則内でも楽しめるヘアアレンジも

気になる彼をドキッとさせる! 女の子らしさupのヘアアレンジ

・リボンヘア
頭の上に、自分の髪で大きなリボンを作るスタイル。一見難しそうなアレンジですが、髪を結んであとは巻くだけ。実はとっても簡単です。

・花冠
カラフルなお花が連なった、インパクト大の花冠。たくさんの色や形があるので、友達と色違いでつけてみるのもオススメです。

・ティアラ
頭にキラキラのティアラをちょこんとのせるだけで、ヘアアレンジのアクセントに。華やかに見えるアイテムですが、実は100均にも売っているんです! この機会に、女の子なら1度は憧れるティアラを試してみましょう。

普段とは一味違うヘアアレンジは、女の子らしさをアピールするチャンスにもなるのではないでしょうか。かわいいヘアアレンジで、気になる彼をドキッとさせましょう。

みんなの注目を集める個性派アレンジ

・ミニーちゃんヘア
ミニーちゃんのように、頭にふわふわのお団子を2つ作ったスタイル。お団子にカラフルなアクセサリーをつけてもかわいい!

・つのヘア
三つ編みをするだけで簡単に作れるツノヘア。髪の長さに関わらず、誰でもできるスタイルなので、仲良しグループでお揃いのヘアスタイルで文化祭を楽しめます。

・バンダナ
今年流行りのアイテム。使い方のバリエーションも豊富です。ただ頭に結ぶだけで、ターバン風にも! 髪を結んだゴムに巻き付ければ、インパクトのあるリボン風にもなります。カジュアルなオシャレが好きな人にはオススメです。

せっかくの文化祭。普段はなかなかできない髪型に挑戦する良い機会なのではないでしょうか。こだわりのアレンジで、みんなの注目を集めましょう。

校則が厳しくても大丈夫! JKの最強ヘアスタイル

・ツインテール
制服にツインテールは、女子高校生だけの特権! 高い位置で結べば、ガーリーなアイドル風に。毛先を巻けば、大人っぽくもなるので、いつもとは一味違う私をアピールしましょう。

・三つ編みカチューシャ
三つ編みで作るカチューシャ。簡単なのに上級者に見えるアレンジです。本物の三つ編みに見えるカチューシャも売っているので、不器用な子でも簡単に楽しめます。

・ポニーテール
うなじの見えるポニーテールは、男子の視線も釘づけ。いつもより高く結べば、気分も高揚して元気いっぱいに文化祭を楽しめるのではないでしょうか。校則内のかわいいアクセサリーをつけるのもいいでしょう。

「肩に髪がついてはいけない」「ゴムは黒、紺、茶色のみ」といった校則も、このアレンジなら楽々クリアできます。校則に違反せず、オシャレを楽しめますよ。

髪型が決まると、1日中気分が上がるという人も多いのではないでしょうか。可愛いヘアスタイルで、年に1度のビックイベントを満喫しましょう。美容師志望の方は友達のヘアアレンジもやってあげると勉強になるかも?

この記事のテーマ
美容・理容・メイクアップ」を解説

美容師や理容師、メイクアップアーティストなど、確かな技術と感性を備えた「美」の専門家を目指します。理容師や美容師の国家資格取得を目指すほか、それぞれの職種に応じた技術力や表現力の習得、接客能力を身につけます。従来のように美容室や理容店で働くだけでなく、高齢者や障害者のもとへ出張する技術者へのニーズも高まっています。

「美容・理容・メイクアップ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ヘアスタイリスト」
はこんな仕事です

メイクアップアーティストがメイクのプロであるなら、ヘアスタイリストは髪を整えるプロである。お客の要望に応えて髪を整えるのは美容師と同じだが、ヘアスタイリストはメディアに登場するモデルなど著名人が顧客になることが多く、メディアの種類や対象者のキャラクターに応じてアレンジすることを求められる。想像力を持ってさまざまな髪型を提案、スタイリングしなければならない。著名人の専属で仕事をすることも多く、担当したタレントのヘアスタイルが社会現象のように流行することもあれば、不評を買うこともあるので、やりがいと責任の大きな仕事だ。

「ヘアスタイリスト」について詳しく見る