ドラマ『真田丸』をもっと楽しめるようになるイベントが滋賀にあるらしい!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ドラマ『真田丸』をもっと楽しめるようになるイベントが滋賀にあるらしい!

2016.09.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

ドラマ『真田丸』をもっと楽しめるようになるイベントが滋賀にあるらしい!

NHKの大河ドラマ『真田丸』(2016年)の評判が高いようです。堺雅人さんの真田信繁、草刈正雄さんの真田昌幸という主役級の人気の高さはもちろんですが、忘れてはいけないのが山本耕史さんが演じる石田三成です。これまでの三成像とは全く違う個性で、ストーリーに深みを加えています。

この記事をまとめると

  • 脇役の活躍が魅力的なNHK大河ドラマ「真田丸」
  • 長浜・米原・彦根、滋賀県の3都市で「MEET三成展」を開催中
  • 石田三成だけじゃない。歴史が輝くとき、そこには個性的な脇役がいる!

石田三成という武将の魅力を再発見させてくれる『真田丸』

皆さんは大河ドラマ『真田丸』を見ていますか? 主人公の真田信繁も、お父さんの昌幸も、豊臣秀吉も徳川家康も、みんな生き生きとしていて個性が豊かですね。『真田丸』を見て、日本史に興味を持った人も増えているのではないでしょうか。そんな中で、ひときわ注目を集めているのが石田三成です。言うまでもなく、戦国時代のキーパーソンの一人ですが、この『真田丸』以前は「頭は良く切れるが、冷たく人徳に欠ける官僚タイプで、いくさ下手」という評価が定着していました。でも、脚本を書いている三谷幸喜さんはそんな評価をガラッとくつがえして、魅力たっぷりの石田三成像を作ってくれました。普段はクールで口数も少なく、理路整然と振る舞っていますが、何かの拍子にい熱い心が抑えられずに吹き出すシーンが垣間見られます。そのあたりに注意してみてもおもしろいかもしれませんね。

『真田丸』の衣装も見ることができる「MEET三成展」

ところで、石田三成の生国、つまり故郷はどこだか知っていますか? 正解は「近江国坂田郡石田村」で、現在の行政区割りに当てはめると「滋賀県長浜市石田町」にあたります。生粋の滋賀県人なんですね。
そんな石田三成にちなんで、長浜・米原・彦根の3会場で「MEET三成展」と銘打ったイベントが開催されています。開催期間は2016年11月30日まで。

長浜会場【湖北観光情報センター】
大河ドラマ「真田丸」ゆかりの武将や姫を、展示パネルでわかりやすく紹介します。

米原会場【観音寺本坊】
三成と秀吉出会いの地「観音寺」について解説します。「三献の茶」の逸話にちなみ、お茶の振る舞いもあります(土日のみ予定)。

彦根会場【開国記念館】
大河ドラマ「真田丸」で使用された衣装や小道具展示のほか、三成の居城・佐和山城を解説します。

石田三成のことをもっと深く知り、日本の歴史にも触れられる絶好のチャンスです。ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

●MEET三成展はコチラから
http://www.city.nagahama.shiga.jp/events/index.cfm/detail.1.48140.html
http://kitabiwako.jp/post_26387/

主役ばかりでは歴史は作られない。個性あふれる脇役がいればこそ、歴史は輝きを

石田三成は1560年に土豪の子どもとして生まれ、羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に仕官し、1600年の関ヶ原の戦いに敗れ斬首されます。わずか41年の生涯であり、歴史の表舞台の主役と呼べるほどの存在ではありません。当時の主役は信長であり、秀吉であり、家康でした。
しかし、三成のような個性あふれる脇役がいればこそ、歴史は輝きを放つといえます。例えば、織田信長と明智光秀、西郷隆盛と勝海舟。海外に目を転じれば、ジュリアス・シーザーとブルータス、モーツァルトにはサリエリなどが挙げられます。ライバルであったり、暗殺者だったり、拮抗する実力者同士だったりと、関係性はそれぞれ異なりますが、そのぶつかり合いで生じる緊張感を知ることで、歴史を学ぶ楽しみを見出せるかもしれません。

「歴史」とは出来事や年号を暗記する勉強ではありません。魅力にあふれた人物も登場すれば、現在でも残っている史跡だってあります。そうした、ちょっと脇に外れたところにも目を配れば、あなただけのおもしろい発見があるかもしれませんよ。ぜひ歴史を楽しむ視点を養ってくださいね。

●参考URL
http://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/960

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歴史学」
はこんな学問です

歴史学とは、対象とする大陸・国・地域などにおいて、過去に起こった物事を取り上げ、当時それがどのような意味を持っていたのかを、残された物や建造物、文章などから研究する学問である。ただ、資料を正確に読み取るだけではなく、事実かどうかを疑い、踏み込んで検証する批判的視点も重要である。歴史学の基本的なラインナップには、日本史、東洋史、西洋史、考古学がある。また、政治制度・経済活動・芸術文化・信仰宗教などに特化した考察も行う。

「歴史学」について詳しく見る