タダで思い切り楽しめる! 札幌の無料デートスポット3選

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

タダで思い切り楽しめる! 札幌の無料デートスポット3選

2016.09.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

タダで思い切り楽しめる! 札幌の無料デートスポット3選

「学生は金がない」というのはいつの世も共通しているセオリーですが、だからといってファストフード店で延々と雑談に興じたり、コンビニの前でたむろしたり、SNSでやりとりするだけというのもなんだか寂しいもの。地元民は近すぎて逆になかなか気付けないかもしれませんが、広大な大地を持つ北海道の県庁所在地・札幌なんて、実は観光以外でも訪れたくなる名所の集積地のようなものなのです。そこで今回は、無料で楽しめる穴場スポットをご紹介します。ぜひ、デートや勉強のちょっとした息抜きに活用してみてください。

この記事をまとめると

  • モエレ沼公園の紹介
  • 中島公園の紹介
  • 白い恋人パーク チョコレートファクトリーの紹介

体を動かす! 緑を楽しむ! モエレ沼公園

関東や西日本はいまだ酷暑に苦しむ季節ですが、北海道の夏はスポーツや散策にうってつけの気温。そんな今だからこそ紹介したいのが、ガラスのピラミッドで有名な「モエレ沼公園」。札幌市の市街地を公園や緑地の帯で包み込む“環状グリーンベルト構想”の拠点であり、約188.8ヘクタールにおよぶ広大な土地には、著名な彫刻家イサム・ノグチが手がけた遊具が100点以上設置されています。機能美を追求したアーティスティックな遊具や施設の数々、音楽ライブも実施できる野外ステージに、テニスコートなどのスポーツ施設はもちろんのこと、夏には期間限定のミスト噴水も運転しています。さらに、9月には敷地内で「モエレ沼芸術花火」も開催されています。

豊かな自然に恵まれた北海道ならではの、果てのない緑地と美しい水、それらを極限まで生かしたオブジェや建造物とのコラボレーションは、“たかが公園”とは侮れないダイナミズムにあふれています。

ビル街にぽっかり空いた憩いの場所、中島公園

「特にやりたいこともなく、なんとなく二人でボーっとできる時間を大切にしたい」というロマンチシズムに満ちたカップルには、「中島公園」をオススメします。

立ち並ぶビルにぐるりと囲まれた、この約210平方メートルの巨大な総合公園の歴史は古く、明治20年に“中島遊園地”として整備され、「北海道物産共進会」が開催。また、明治39年には札幌初の花火大会も行なわれたほか、昭和3年にはNHKのラジオ放送局も開局しました。

シダレヤナギ、カエデ、フジ、イチョウ並木といった目に鮮やかな木々の彩り、ボートハウスも設置されている菖蒲池、天文台や日本庭園など、春から秋にかけての季節の移り変わりがゆったりと堪能できる施設が盛りだくさんです。

数多くの文化の発信地であると同時に、忙しい毎日をほんのひととき忘れられる癒しのスポットでもあります。

実は無料で楽しめる!? 白い恋人パーク チョコレートファクトリー

最後にご紹介するのは、銘菓・「白い恋人」でおなじみの「白い恋人パーク チョコレートファクトリー」。

「お菓子作り体験」をはじめとした有料イベントや施設も多いものの、実はパークへの入場は無料で、そしてフリーで楽しめる展示もたくさんあるのです。

外せないのは「白い恋人」の工場見学。「白い恋人」の製造工程を見ることができます。こちらは最新機器を駆使していますが、職人技をじっくり味わいたいという人は「キャンディ・ラボ」に足を運びましょう。熱々の飴の素材を伸ばしてこねて形成して……といった職人さんの実演も見ることができます。

また、「昔の子供のおもちゃ箱」では、ブリキや木製のおもちゃのみならず、明治・大正・昭和の一般家庭の住居を再現した展示コーナーも楽しめます。さらに、「蓄音機ギャラリー」では蓄音機の歴史を辿るだけでなく、それぞれの音色を聴き比べることもできる趣向の凝らしよう。こうしたところでちょっとした知識を得ることができるのも、普段の勉強と違ってなかなか楽しいものです。

二学期を前にして、そろそろ進路を真剣に考えなければならない人も多いでしょう。どこで働く? 何の仕事をする? そんな悩みがふっとわいてきたら、教室や部屋を飛び出して、広い世界に目を向けてみましょう。

どんな場所にも多くの歴史や人が詰まっているもの。それをひとつひとつ辿っていくうちに、答えが見つかるかもしれませんよ。

【参考HP】
http://moerenumapark.jp/
http://www.sapporo-park.or.jp/nakajima/
http://www.shiroikoibitopark.jp/