自転車で稼ぐ!?  競輪選手って、どうやってなるの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

自転車で稼ぐ!?  競輪選手って、どうやってなるの?

2016.08.08

提供元:マイナビ進学編集部

自転車で稼ぐ!?  競輪選手って、どうやってなるの?

街中をロードバイクが走ったり、アニメで自転車競技部が注目されたりと、自転車競技の人気が高まっていますね。そこで今回、自転車でお金を稼ぐ「競輪選手」という職業に注目し、競輪選手のなりかたや、平均年収などをご紹介します!

この記事をまとめると

  • 競輪は公営競技で、収益は社会に還元されている
  • レースで勝ち上がれば出場できるレースが増える
  • 競輪選手は賞金以外にも手厚い手当がある

多くの人を魅了する公営競技

まずはじめに、競輪事業について紹介します。競輪と聞くと「ギャンブル」というイメージが浮かぶかもしれませんが、競輪は公営競技であり、その収益は社会にも還元されています。具体的には、機械興行の振興や体育・社会福祉などの公益の増進、地方財政の健全化が挙げられます。

競輪は経済産業省が監督する公営事業であり、収益は上記の用途に使われます。競輪にはギャンブルの側面もありますが、スポーツとしての魅力や、選手のファンとして応援を楽しむことができるという娯楽性が人気を支えているといえるでしょう。

では次に、競輪を仕事にしている「競輪選手」について紹介します。

競輪選手はレースで賞金を稼ぐのが仕事

「競輪選手」とは、競輪専用の自転車に乗り、レースに出場する人のことをいいます。レースで勝利を収め賞金を得ることが仕事となります。レースに勝利すれば階級が上がり参加できるレースも増えますが、負けが続くと降級してしまうため、毎回気が抜けない厳しい世界です。
レースの出場選手は、公益財団法人「JKA」によって選ばれます。JKAが競輪レースの開催を決め、選手に出場依頼をします。選手がその依頼を受ければ出場が決定となります。競輪レースは、全国各地で開催されています。レースの距離は、2,000mが中心ですが、競輪場や開催内容によって異なります。

競輪選手の年収は高額

競輪選手になると、レース三昧の日々が待っています。競輪選手の収入源はレースの賞金がメインとなっています。
金額はレース内容や規模によってさまざまですが、日本で最も大きな「KEIRINグランプリ」の1等賞金は1億円と、非常に高額なものとなっています。
平均年収も1200万円程度と高額ですが、レース期間中は選手用の宿舎で生活をしなければならないなど、決められた規則の下で過ごすことも求められます。
競輪選手の収入は、賞金の他に「手当」と呼ばれるものがあります。手当には着順に関係なく受け取る約30,000円の「参加手当」や年末年始のレースで支払われる「正月手当」などがあります。加えて、一定期間競輪選手として勤めていた選手は引退する際に2000万円の退職金と独自の年金120万円が15年間支払われ続けるなど、手厚い補償もあります。


このように、競輪選手という仕事は過酷なものだといえそうですが、その分平均年収の高さや手当の厚さなど、金銭面での充実が見込めそうです。
競輪選手になるには国家試験の「競輪選手資格検定」に合格する必要があります。
「自転車が好きで仕事にしたい」「一攫千金を目指したい」という思いがある人は、「競輪選手」を目指し資格の取得を考えてみてもいいかもしれませんね。


【参照】
http://www.keirin-autorace.or.jp/
http://keirin-station.com/beginners02d/
http://www.totor.co.jp/sports
http://bg.keirin.jp/index.php?page_id=cnt01

この記事のテーマ
健康・スポーツ」を解説

スポーツ選手のトレーニングやコンディション管理に関わる仕事と、インストラクターなどの運動指導者として心身の健康管理やスポーツの有用性を広く一般に伝える仕事に大別できます。特に一般向けは、高齢化の進展や生活習慣病の蔓延が社会問題化する中、食生活や睡眠も含めて指導できる者への需要が高まっています。授業は目指す職業により異なります。

「健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「プロスポーツ選手」
はこんな仕事です

野球やサッカー、ゴルフ、ボクシングなど多種多様なスポーツ分野で、プロとして活躍する仕事。試合や大会でよい成績を残せるように日々トレーニングを積む。また、けがや病気をしないように体調管理をすることも仕事の一つだ。実力主義の面が大きく、結果を残すためには厳しい競争が待っているが、一流選手になると世間からの注目が高まり、やりがいに直結するだろう。プロスポーツ選手になる方法は競技によって異なるが、スカウトされるケースや入団テストを受けるケースが一般的。また、ボクシングなどはライセンスが必要になる。

「プロスポーツ選手」について詳しく見る