実態がないのに便利!? “クラウド”って、どんなサービス?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

実態がないのに便利!? “クラウド”って、どんなサービス?

2016.08.08

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

実態がないのに便利!? “クラウド”って、どんなサービス?

モバイル端末の普及・進化により、持ち運びできるデータの量は昔と比べ格段に増えましたが、友だちと撮った写真やムービー、音楽のデータなどがスマホにたまり、「容量が足りない!」という人もいるのではないでしょうか。そんなときに便利なのが「クラウド」と呼ばれるサービスです。今回はそんな「クラウドサービス」についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • クラウドはネットワーク経由で利用できるサービス
  • 数多くのサービズがリリースされている
  • メリットは、余分な費用をかけずにデータ管理ができること

そもそも、「クラウドサービス」って何?

クラウドサービスとは、今までコンピュータ内で保管し、使っていたデータやソフトウェアを、ネットワークを通じて利用することができるサービスのことです。
利用する側は、コンピュータや携帯端末など最低限の環境でさまざまなサービスを利用することができるようになります。
これまで自分のスマホなどの端末では容量オーバーで保管しきれなかったデータ・ソフトウェアでも、クラウドを使えば容量官営無く使えるようになるともいえます。

クラウドサービスを使いこなそう

この説明だけではわかりにくいかもしれないので、具体的なサービスを挙げてみましょう。
まず、最も有名なサービスの一つ、「Dropbox」です。みなさんも耳にしたことがあるのではないでしょうか。
Dropboxは2GBまで無料で使用することができ、Web、パソコンのデスクトップアプリ、スマートフォンアプリから利用することができます。写真やムービーなどのデータをクラウドに移すことができるので、スマートフォンなどのデータ容量がいっぱいになってしまったときなどに有効です。
また、容量の補填だけでなく、バックアップとしても機能するため、大切なデータを保存しておくのもいいかもしれません。万が一、スマートフォンやパソコンが故障してしまっても、クラウドに保存しておけば保存したデータは復元することが可能です。

Dropboxの他にも、マイクロソフトが提供する「SkyDrive」や、Googleが提供する「Googleドライブ」など、さまざまなクラウドサービスがあります。
容量や操作性などには多少の差がありますが、どれも一定の容量まで無料で使えるサービスのため、まずは試しに利用してみて、自分の気に入ったクラウドサービスをみつけるといいかもしれませんね。

クラウドサービスのメリット

「サービスを利用する」という仕組みのクラウドでは、必要な機能のみを選択して利用することができるため、余分な費用がかからないというメリットがあります。
登録さえしておけば、「必要な時にすぐに利用することができる」というところもクラウドの魅力だといえるでしょう。

クラウドサービスだけではなく、インターネットを利用したサービスの開発は日々進歩しているといえます。興味のある人は「情報学」を学んでみるのもいいかもしれませんね。
また、今回紹介したように、クラウドサービスはとても便利な機能ですが、「データがクラウドサービス事業者に保管されていること」「インターネットを介してデータのやりとりがされていること」を十分に理解し、しっかりとしたセキュリティが施されたクラウドサービスを選択することが大事です。また、情報漏えいすることが無いよう、設定しているパスワードを定期的に変更するなどの対策も怠らないようにしましょう。
正しい知識を持ち、快適にサービスを利用しましょう。


【参照】
http://octoba.net/archives/20140202-android-feature-cloud.html
https://www.fujixerox.co.jp/support/xdirect/magazine/rp1112/11121a.html
http://www.fujixerox.co.jp/support/xdirect/magazine/rp1201/12011b.html

この記事のテーマ
情報学・通信」を解説

情報通信産業には、通信業、放送業、情報サービス業、インターネット付随サービス業、映像・音声・文字情報制作業の5分野があります。近年は各分野の垣根が取り払われつつありますが、なかでも注目されているのが、インターネットに代表されるコンピュータを介した情報通信工学でしょう。高度に情報化が進んだ現代において、安全保障や経済政策はもちろんのこと、日常生活に至るあらゆるシーンで必要とされる、活躍の場の広い学問です。

「情報学・通信」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「情報学」
はこんな学問です

情報学という学問名で、文系と理系の2種類の学問を表す。文系学問としては、人文・社会科学系の学問と連携し、社会システムのなかでの情報技術の役割や、マスコミュニケーションにおいての情報メディアの役割、国境を越えての情報コミュニケーションを研究テーマとする。理系学問としては、コンピュータのハードウェアやソフトウェア、情報システムが稼働する原理など、情報についての基礎となる分野を数学的手法によって研究する。

「情報学」について詳しく見る