巨大なサメを眺めながら、ケーキやお茶を楽しめる!? 沖縄県の水族館の驚きのスケールって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

巨大なサメを眺めながら、ケーキやお茶を楽しめる!? 沖縄県の水族館の驚きのスケールって?

2016.08.19

提供元:マイナビ進学編集部

巨大なサメを眺めながら、ケーキやお茶を楽しめる!? 沖縄県の水族館の驚きのスケールって?

高校生のみなさんは、夏休みに家族や友人、恋人と一緒に出掛けたいと考えている人も多いと思います。夏に人気のレジャーといえば、海や川ですが、涼しげな気分になれる“水族館”に行くのもおすすめです。最近では、ナイトアクアリウムやプロジェクションマッピングなどユニークな企画をしている水族館が増えていて、テレビでも話題になっているようですね。

この記事をまとめると

  • 沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館には、魚たちをいろいろな角度から堪能できる大水槽がある
  • その大水槽を眺めながら食事やお茶ができるカフェもある
  • その大水槽を眺めながら食事やお茶ができるカフェもある

沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館がすごい!

沖縄には、ユニークな試みが数多く行われている水族館がある!

沖縄には、ユニークな試みが数多く行われている水族館がある!

修学旅行先としても人気のある沖縄県の「沖縄美ら海水族館」でも、たくさんの魚たちを見ることができるだけでなく、ユニークな試みが数多く行われています。例えば、大水槽を水面上から眺めることができる「黒潮の海」。大水槽は真上・真下からも眺めることができるため、さまざまな方向から魚たちの姿を堪能することができます。スタッフが水槽の中の生き物の様子を解説してくれることもあるので、海の生き物の生態を詳しく知ることができますね。

黒潮の海に隣接する「カフェオーシャンブルー」では、食事やコーヒーを楽しみながら、ジンベイザメやマンタの優雅な泳ぎを眺めることができます。パスタやホットドッグなどの食事から、デザートやドリンクまでメニューが充実。見どころ満載の沖縄美ら海水族館をたっぷり堪能するためにも、休憩に利用してみたいスポットです。

貴重な深海の生物に出会えるコーナーも

美ら海水族館ならではの展示といえば、「深海への旅」。このコーナーには、沖縄周辺の水深200m以上のところで採取された深海生物が展示されています。世界の海洋は、大部分が深海で占められているにも関わらず、そこで生活している深海生物については謎に包まれていることが多いと言われています。その神秘的な世界を再現したのが、「深海への旅」なのです。飼育が困難なナガタチカマスやハマダイなど珍しい生き物を見ることができたり、ホタルのように光る魚やサンゴなどを観察できる海のプラネタリウムがあったりと、他ではなかなか見られない貴重な展示になっています。

沖縄美ら海水族館のユニークな取り組みは、水族館の館内だけではありません。実は、水族館とJTA(日本トランスオーシャン航空)のコラボによるジェット機「ジンベエジェット」という飛行機が関西国際空港や福岡空港間で毎日運行されています。かわいらしい見た目の飛行機は、水族館ファンだけでなく多くの人びとからの注目を集めています。

東京で沖縄美ら海を再現!?

また、沖縄だけでなく、東京・銀座にあるソニービルでは、7月から8月下旬まで沖縄美ら海水族館からやってきた生き物たちが泳ぎ回る、沖縄の海の生態系を再現した「Sony Aquarium(ソニーアクアリウム)」が開催されることが発表されています。屋外イベントスペースには14トンもの大型水槽が設置されたり、コミュニケーションゾーンでは美ら海を舞台に繰り広げられる少年の冒険物語をショートムービーで上映したりと内容もりだくさん! 本州に住む人も沖縄美ら海水族館の魅力を体験することができそうです。

このSony Aquariumには、期間限定で沖縄美ら海水族館の飼育員たちも駆けつけ、貴重な話をしてくれるそう。沖縄の海の生き物の話や、飼育員のお仕事の話が聞けそうですね。

水族館の飼育係は、生き物たちのお世話をするのが主な仕事ですが、ときには、水槽の中にいる生き物の生態や様子を、お客さんに教えてあげることもあります。また、お客さんに生き物たちの特徴を知ってもらうためのユニークなコーナーづくりや、生き物の魅力を引き立てる水槽の仕掛けを考えることもあります。もし、水族館に行って飼育係の方を見つけたら、海の生き物たちについて質問してみるのはもちろん、水槽やコーナーの特徴について聞いてみるのもおもしろいかもしれませんね。


参考:
https://churaumi.okinawa/haisai/
http://oki-churaumi.jp/ba/area/ocean-blue.html
http://www.churashima.net/jta/jimbe_jet/
http://www.sonybuilding.jp/event/aqua/

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「水族館の飼育係」
はこんな仕事です

水族館の魚など水生生物をはじめ、さまざまな生き物を飼育する仕事。人工空間の中でも生き物たちが快適に過ごせるように水質を管理したり、餌を与えたりする。病気の予兆や異常をチェックして飼育環境を整え、生き物たちの健康状態を保つのも重要な役割だ。来場者に、水生生物の特徴や魅力を伝えるのも仕事の一つ。イルカやアザラシなどのショーを開催する水族館の場合は調教や来場者を楽しませる企画の考案も含まれる。その他水槽の掃除や展示物・観覧通路の確認、生命維持装置の点検など、仕事の幅は広い。

「水族館の飼育係」について詳しく見る