夏に人気!? 真っ黒なだし汁が特徴の静岡おでん

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

夏に人気!? 真っ黒なだし汁が特徴の静岡おでん

2016.08.25

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

夏に人気!? 真っ黒なだし汁が特徴の静岡おでん

おでんといえば、冬に食べるイメージの方が多いのではないでしょうか? 静岡では、夏でも人気で、季節を問わず一年中親しまれている食べ物なのです。ほかの地域とひと味違う静岡のおでんの特色や歴史についてご紹介します。さらに、ほかの地域とのおでんの比較をしてみましょう。

この記事をまとめると

  • 真っ黒なだし汁に、黒はんぺんや牛すじ、豚モツを入れるのが静岡おでん
  • 静岡県では、駄菓子屋や横丁などでおでんを食べることができる
  • 地域の特色を活かしたおでんが、その地域の名物になっている

真っ黒なだし汁がインパクトあり! 静岡のおでん

静岡県民にとって、子供の頃からなじみある真っ黒なだし汁。だしを継ぎ足しながら毎日煮込むので、黒くなるのだとか。牛スジや豚モツ、イワシやアジの骨ごとすり身にした黒はんぺんなどの具をすべて串刺しにして、青のりや味噌だれ、だし粉(イワシやサバの削り節の粉)をかけて食べるのが定番です。
なんと、焼津市にある平和プール(通称・おでんプール)では、おでんとかき氷の両方とも食べることができるそう。静岡では、おでんは夏の食べ物なのです。

駄菓子屋にもおでん? 静岡おでんの歴史

季節を問わず県民に愛される静岡おでんは、いつごろから食べられるようになったのでしょうか? 大正時代の頃は廃棄処分されていた牛スジや豚モツを肉系の煮込みにしており、これが静岡おでんの始まりでした。戦後間もなく静岡駅周辺にあった屋台が、徐々に駄菓子屋や繁華街にある横丁、郊外の店に移っていきました。今となっては、おでんは、静岡県にとって欠かせないものになっています。朝早くから開いているお店もあるので、朝食としておでんを食べる人もいるそう。駄菓子屋におでんがあるというのは、静岡ならではの光景かもしれませんね。

それぞれの地域色を活かしたおでん

地域によって、おでんの具や味付けもさまざま。地域ごとに特色のあるおでんをご紹介しましょう。

【北海道・東北地方】
北海道では、ふきやわらびなどの山菜、ツブやホタテなどがおでんの種になるのだとか。魚介類を昆布ベースのだしで煮込んで、みそだれで食べる「室蘭風おでん」も、魅力的です。東北では、ツブ貝やネガマリダケなどが入ったおでんにしょうがみそだれをかける「青森風おでん」や焼干しや昆布を使って作るすっきりとしたつゆの「仙台風おでん」など、海の産物を活かしたものが多いですね。

【中国・四国地方】
中国・四国地方のおでんは、つけだれが特徴です。徳島や香川ではからしみそをつけて、愛媛では麦味噌ベースの味噌・からしみそをつけて楽しみます。

【九州・沖縄地方】
こちらはコクのあるおでんが特徴で、鶏からとっただし汁に餃子巻を入れた「博多風おでん」、トビウオからとったおでん汁を使った「長崎風おでん」、豚足やウインナー、昆布が入った「沖縄風おでん」など。
どれもだし汁や具材にこだわりがあり、全部食べてみたくなりますね。

地域の特性を活かすことで、おでんの味も具材も無限大にバリエーションは広がります。おでんの違いや食文化に興味を持った方は、食物学の勉強をしてみてはいかがでしょうか? おでんに限らずほかの食べ物についても掘り下げて学ぶと、楽しいですよ。食べ物の背景にある歴史や文化も学ぶことで、食生活がより豊かになるでしょう。


【参考サイト】
静岡ご当地グルメ特集
http://www.tnc.ne.jp/special/gotouchi/oden/
紀文 日本のおでん いろいろ
https://www.kibun.co.jp/knowledge/oden/geography/map/
おでんの話 話題の静岡おでんってどんなもの?
http://www.kamakiku.com/html/oden.html

この記事のテーマ
栄養・食物」を解説

食べることから健康な生活にアプローチすることを目的としています。ただ生きるために食べるのではなく、より良く生きるために食べるという考え方です。栄養学は食物に含まれる栄養素について学び、生理学の知識を踏まえ、適切な栄養指導を行います。そのためには栄養学や病理学などの広範な知識も必要です。食物学では人によっては摂取しにくい食材を食べやすくしたり、よりおいしく食べるための調理方法の研究なども行います。

「栄養・食物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「食物学」
はこんな学問です

栄養や食品について専門知識を学び、科学的な視点から食の問題を解決するための学問。食品学、栄養学、調理学を総合的に用いて研究を行う。食品学の視点からは、成分や加工についての専門知識を学び、栄養学の視点からは食品が人の身体にもたらす影響について学ぶ。また、調理学からは加熱や冷凍など食品成分の変化や味について学び、総合的な専門性を身に付ける。生活との関連性が強いことから、家政学、生活科学を併せて学ぶことも多い。

「食物学」について詳しく見る