チーズの生産量日本一は神奈川県! その意外な理由に迫る

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

チーズの生産量日本一は神奈川県! その意外な理由に迫る

2016.08.24

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

チーズの生産量日本一は神奈川県! その意外な理由に迫る

チーズの出荷量が多い都道府県というと、どこを思い浮かべますか? 乳製品に関しては、農場や牛乳のイメージが強い北海道を思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、意外にもチーズの出荷量が日本一多いのは神奈川県なのです。

この記事をまとめると

  • チーズの生産量は神奈川県が日本一
  • 神奈川県で多く生産されているのはプロセスチーズ
  • 食品加工は生産だけでなく商品開発や流通といった部門も重要

チーズ生産量日本一の神奈川県

近年のデータ(2012年2月)によると、神奈川のチーズの生産量は66,938t。北海道の56,368tを抜いて日本一の生産量となっています。しかし、チーズの原料となる牛乳の生産量は北海道が日本一です。原料と加工品の生産量日本一の地域は同じなのかと思いきや、そうでないことがわかります。これは、どうしてでしょうか?

その理由は、チーズの生産量の統計の取り方にありました。チーズには大きく分けてナチュラルチーズとプロセスチーズという種類があります。ナチュラルチーズは、牛乳を原料としたもので、そのナチュラルチーズを加工処理したものがプロセスチーズです。神奈川県がチーズの生産量日本一という理由には、このプロセスチーズが大きく関わっていました。

神奈川県とプロセスチーズの関係とは?

日本において、プロセスチーズの原料となるナチュラルチーズの多くは、海外からの輸入に頼っています。主にヨーロッパやオセアニア方面から運ばれたナチュラルチーズは日本国内で加工されてプロセスチーズとなり、商品として流通します。その際、原料が到着した場所と加工する工場は近い方が効率として良いですよね。この二つの場所が離れていると、輸送に時間もコストもかかってしまいます。

神奈川県には横浜港という大きな港があり、そこに海外から多くのナチュラルチーズが運び込まれます。そしてコストの観点から、自然と同県内にチーズの加工工場が集まったのです。そして、そこでプロセスチーズを生産したことで、神奈川県のチーズ生産量は上がりました。
チーズ全体の生産量は、ナチュラルチーズもプロセスチーズも含めた全体の合計になっているため、神奈川県がチーズ生産量日本一になったのです。

チーズ加工に至った理由とは

そもそも、なぜチーズ加工をするのでしょうか? それは、ナチュラルチーズの中には、匂いにクセがあるものも多く、そのままの状態ではなかなか食卓に受け入れられるのが難しかったからと考えられます。そこで、そのようなチーズのクセを生かしつつ、日本人の味覚に合わせて加工したのがプロセスチーズです。複数のナチュラルチーズを組み合わせて風味を調整したり、とろけるカニカマのように割けるなどの食感を変化させるような加工もします。

このように加工された製品は、消費者のニーズをもとに行われます。そして「作る」といっても、単に味や食感、形や値段だけを決めて、製品化できるものではありません。材料確保や製造機械の管理、製造、パッケージのデザインに品質検査、流通に至るまで、さまざまな部門が関わって、ようやく製造・加工・製品化へと繋がるのです。食品加工というと、ただ決められた製品を生産しているだけのイメージを持ってしまいそうですが、このように多くの部門が関わっているのですね。このような食品加工に興味があるという人は、どの部門に特に興味があるのか考えてみましょう。学ぶべき学問や就きたい仕事が具体的に見えてくるかもしれませんよ。


【参考サイト】
チーズ工場 プロセスチーズができるまで
http://pinoice.com/learn_enjoy/factory_tour/v_tour/m_ch/p_b02.htm
政府統計の総合窓口
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?bid=000001049898&cycode=0
牛乳の生産量上位10県
http://www.stat.go.jp/naruhodo/c1data/06_07_stt.htm
株式会社明治
http://www.meiji.co.jp/meiji-shokuiku/know/knowledge/cheese_type/

この記事のテーマ
メーカー」を解説

日用品から航空機に至るまで、製品として世に出るモノは必ずどこかのメーカーによりつくられています。工業技術を用いてモノを生産する企業がメーカーです。生産技術の基礎は、機械などは物理学、薬や洗剤などは化学、食品などは生物学などさまざまです。自動車会社のように機械、電気・電子、情報などの各工学によりつくられた部品を一つの製品に集約するメーカーもあります。

「メーカー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「食品」
はこんな業界です

米や野菜、肉などの生産物を調理・加工し、安全性やおいしさを考慮して開発・製造する業界。食品産業は生鮮食品、加工食品、外食の3大ルートに分けられ、スーパーやコンビニエンスストアなどを通じて食品を提供している。少子高齢化に伴い国内の食品市場は減少傾向にあったが、介護食市場や電子レンジを使わない節電食品の発展など、注目の高まる分野も。また、中高年をターゲットにした健康維持や美容効果のある健康食品市場は、年々プラスの成長を見せている。

「食品」について詳しく見る