「仲間はずれ」「一人だけ既読スルー」 LINEいじめに巻き込まれないためには?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「仲間はずれ」「一人だけ既読スルー」 LINEいじめに巻き込まれないためには?

2016.07.29

提供元:マイナビ進学編集部

「仲間はずれ」「一人だけ既読スルー」 LINEいじめに巻き込まれないためには?

同じクラスや部活、仲良しグループなど複数の相手とLINEするときは「グルチャ」が便利ですよね。しかし、グループでトークするグルチャは、場合によってLINEいじめが起こってしまう恐れも。『ソーシャルメディア中毒 つながりに溺れる人たち』(幻冬舎エデュケーション新書)を執筆されたITジャーナリストの高橋暁子さんは「メッセージのやりとりだからこそ、いじめに発展しやすい部分がある」と指摘します。LINEいじめの実情をうかがいました。

この記事をまとめると

  • 送る前に文章を読み返すようにすると誤解を生みにくい
  • LINEいじめが起こるのはリアルでのコミュニケーションが原因かもしれない
  • けんかしたときには、LINE上だけで解決しようとしないこと

送る前に文章を読み返すようにする

「そもそも、LINEは気軽にメッセージを送れるツール。あまりじっくり考えずに送信する人も多いのではないでしょうか。しかし、本人が書いたつもりの内容とは別の意味で受け取られて勘違いされる可能性もあります。だからこそLINEではトラブルが起きやすいのです。送る前に、相手が読んだときにどう受け止めるか再度読み返して確認しましょう。また、悪口は記録に残ってしまうので、LINEで言うのは控えたほうが無難です」

そんなつもりではなかったのに、悪意があるメッセージだと受け取られる場合もあります。誤解を招く言い方になっていないかどうかなど、送信する前に確認するクセをつけておきたいですね。

リアルでのコミュニケーションが原因に

「LINEいじめの手段はいくつかあります。たとえば、いじめ対象者をグループから外すほか、最初からグループに招待せずに仲間はずれにするケース。また、その人のメッセージだけ既読スルーして無視するいじめなどもあります。いろいろなパターンがありますが、問題はリアルでのコミュニケーションが原因かもしれません。普段からコミュニケーションがうまく取れている相手であれば、LINEいじめは起こらないはずなので」

ひとくちにLINEいじめと言っても、いろいろなケースが存在します。手口はさまざまですが、どの場合でも普段のコミュニケーションに問題が潜んでいるかもしれません。当事者にとっては大変つらく悲しいことです。追い込まれるような気持ちになることもあるでしょう。

LINE上で解決しようとしないこと

「LINEのやりとりをしている最中に言い争いやけんかに発展した場合は、LINEで解決しようとしないことです。謝るならば、LINEではなく直接会ったときのほうが〇。相手の反応もわかりますし和解しやすいです」

けんかの場合はとくに感情的になっているので、余計に相手を傷つけてしまうことを言ってしまう可能性もあります。LINEで起きたことはその場で解決しようとせず、直接会ったときに弁解したりするなどしたほうが誤解が生まれないかもしれません。

身近なLINEだからこそ、誰しも起こりえる問題です。本人にとっては、とてもつらく、追い込まれるような気持ちに感じるでしょう。顔が見えない分、相手のことを考える姿勢がより大切になってきます。普段のコミュニケーションをはじめ、相手がどう思うかというのを考えていくことが肝心ですね。

また、円滑なコミュニケーションスキルを身につけるためには、社会学のなかでもコミュニケーション学を勉強してみると、さまざまな視点と手法が理解できるかもしれません。

この記事のテーマ
社会学・マスコミ・観光」を解説

あまり共通性のないように思われる3分野ですが、じつは密接な関係があります。観光業界にとってマスコミは「広報」そのものです。マスコミの存在なくして観光業界の発展はないでしょう。もともとマスコミは商品を情報化するために社会学を重視しています。社会が求めている漠然としたニーズを精査し、わかりやすいイメージとして変換して提供するのです。今後、観光業などにおけるマスコミの存在はますます大きくなるはずです。

「社会学・マスコミ・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「社会学」
はこんな学問です

社会のなかでの個人の行為、集団の持つ特性、他者とのコミュニケーションなどに一定の法則性を見出して、社会の仕組みや働きを解明する学問である。研究対象は広く、社会学的な視点で研究できるものであれば何でも対象とすることができる。たとえば、家族社会学、芸術社会学、法社会学、都市社会学、宗教社会学、教育社会学、スポーツ社会学など、テーマの自由度は高い。その一方、社会全体を意味付けるグランドセオリー(一般理論)を志す学者もいる。

「社会学」について詳しく見る