セルフィー中毒の人必見! それって承認欲求に振り回されているかも?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

セルフィー中毒の人必見! それって承認欲求に振り回されているかも?

2016.07.28

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

セルフィー中毒の人必見! それって承認欲求に振り回されているかも?

どこへ行っても、何をしていてもセルフィーする人はいませんか。もしかしたら、その背景には「承認欲求の強さ」が関係しているのかも?

この記事をまとめると

  • セルフィーと承認欲求の関係性がわかる
  • セルフィーが原因でトラブルが起こることも
  • 承認欲求と上手に付き合っていくことが大切

セルフィーが好き=承認欲求が強い!?

自分自身を撮影する「セルフィー」。セルフィーが習慣になっている人も少なくないかもしれません。何気なくやっている行為ですが、そのなかでも「承認欲求が強い」と思われる行動があります。それはセルフィーをSNSに投稿することです。

承認欲求とは、名前の通り承認されたい欲求のことです。「誰かから認められたい」という思う気持ちは、誰しもあるはず。承認欲求は個人の性格に関係なく、生まれたときから備わっているものだといわれています。

承認欲求にも、2つのタイプが存在します。一つは他人から認められたいという欲求。もう一つは自分が自分の理想とする自分であると思いたいという欲求です。SNSに投稿したものがリツイートされて「いいね!」をたくさん集めたときにうれしくなる気持ちは前者。他者から承認された感覚からきているのです。

承認欲求のせいで大変なことにも……

しかし、安易にSNSにアップすることはトラブルの原因にもなりかねません。たとえば、下記の3つのケースは、実際にセルフィーをしていて起こった問題です。

ケース1:街で芸能人を見かけたのでセルフィー!

ケース2:SNSにセルフィーをアップしたら見た目の悪口を言われた

ケース3:自撮りに夢中になりすぎて、階段から落ちて大怪我をした

たくさんの人から「いいね!」をもらいたい! どれもそんな思いでやった行動かもしれません。しかし、芸能人を始め誰かのプライバシーを侵害するような行為はもってのほか。また誹謗中傷だけでなく、最近では事故も急増しているので使い方には十分気をつけて使いたいものですね。

承認欲求が強いのは悪いこと?

承認欲求に振り回されるのは考えものですが、「食べたい」「眠い」といった感情と同じものです。自分に承認欲求があることを認めて、満たしてあげることは重要なことなのです。

つまり、セルフィーすること自体は悪いことではありません。TPOをわきまえていれば、全く問題はないのです。上手にこの欲求と向き合うためには、写真を撮ることだけに注力するのではなく、その瞬間を楽しむことも重要なのかもしれません。


承認欲求については、心理学者のアブラハム・マズローが「五段階欲求説」で唱えています。興味がある人は心理学について学んでみてはいかがでしょうか。

参考:http://news.mynavi.jp/articles/2015/02/26/selfie/

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することことが大切だ。

「心理学」について詳しく見る