エコはビジネス? 「木の国」和歌山の企業ミュージアムで日本の先端にふれる!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

エコはビジネス? 「木の国」和歌山の企業ミュージアムで日本の先端にふれる!

2016.08.09

提供元:マイナビ進学編集部

エコはビジネス? 「木の国」和歌山の企業ミュージアムで日本の先端にふれる!

多くの企業にとって、環境問題への取り組みが必須となっている現代。その先端企業の一つである花王の和歌山工場には、環境関連の研究成果を紹介するミュージアムがあり、一般公開されています。「エコ」と簡単に言いますが、これを機会に改めて、環境とビジネスについて考えてみましょう。

この記事をまとめると

  • 花王の和歌山工場内にある「花王エコラボミュージアム」は、「エコ」の見所いっぱい。
  • 「エコ」はあらゆる分野の企業にとって必要なものとなっている現状。
  • 将来に有利となる「eco検定」や、大学での「環境学」などを紹介。

花王エコラボミュージアムで、先端の「エコ」を学ぼう!

洗剤や化粧品でおなじみ、花王の和歌山工場内に「花王エコラボミュージアム」があるのを知っていますか? これは、花王が環境に配慮したモノづくりを目指す一貫として、その研究成果を2011年から一般公開しているミュージアムです。

館内の「花王のエコ」ゾーンでは、エコロジー視点での製品作りや先端のエコ技術を紹介。また、「地球環境を考えよう」ゾーンでは、地球環境の今を分かりやすく展示しています。科学実験が体験できる「エコ家事ラボ」ゾーンや、花王製品の原料となる植物を育て、研究するための「温室」などもあり、見所いっぱいです。
入館料は無料ですが、見学には事前申込が必要です。HPでチェックしてから来館しましょう。

●参考URL
http://www.kao.com/jp/corp_info/factories_19.html
http://www.kao.com/jp/corp_news/2011/20110608_001.html

現代のビジネスには「エコ」が当たり前?

ところで、改めて「エコ」とは何かと聞かれたら、答えられますか? ゴミのリサイクルとか、省エネとか? そもそも「エコ」とはエコロジー(ecology)からきた言葉。そこから、エコは「環境に配慮した」とか「地球に優しい」という意味で使われています。ここに、もう一つ視点を加えてみましょう! 「エコ」はエコノミー(economy)とも言われているのです。この「エコノミー」とは「経済」という意味。つまり、今の時代は環境と経済が切っても切れない関係だといえるのではないでしょうか。

例えば、先ほど取り上げた花王では、2009年にエコロジーを経営の根幹に据える「環境宣言」を掲げました。他にもトヨタ自動車では、「トヨタ地球環境憲章」を掲げて環境問題に取り組んでいますし、みずほ銀行では環境経営の進展を金融面でサポートするプランを提供しています。このように、例を挙げればキリがないほど、企業にとって環境を意識したビジネスは必要不可欠になってきているのです。

●参考URL
http://www.toyota.co.jp/jpn/sustainability/environment/management/philosophy/index.html
http://www.mizuho-fg.co.jp/csr/environment/business/financing.html

エコの知識で就活が有利に? 注目の資格と学問とは

ビジネスとエコは、切っても切れない関係になってきているということが分かりましたか? だからこそ、さまざまな企業では、「エコ」や「環境問題」の知識をもった人材を求めているようです。そこで、よいアピールポイントになる資格が「eco検定(環境社会検定試験(R))」。東京商工会議所が実施している公的な検定なので、社員の研修の一つとして活用する企業も増えてきている注目の資格です。

資格を取るだけではなく専門的に学ぶのなら、やはり進学先で。「環境学」「地球環境学」といった分野を学べる学校があります。これらの学問は実に幅広く、ゴミ問題のような身近な住環境・都市環境から、温暖化のような地球環境までが含まれます。さらに、水質汚染や大気汚染なら化学、地球温暖化なら気象学、環境経済学や環境社会学などもあって、理系から文系までさまざまな分野と関係しているのです。自分がどのようなことに興味があるのか、考えて選ぶといいでしょう。

●参考URL
http://www.kentei.org/eco/

この記事のテーマ
地球・環境・エネルギー」を解説

私たちの暮らす地球では、火山噴火、地震、台風、干ばつなど、人類にとっては有害な現象がいまも続いています。こうした現象を研究・解明し、うまく折り合いをつけていくことが必要です。また、豊かな生活を求めるあまり、限りある地球資源を枯渇させてしまったり、自然環境を破壊してしまうことは、人類の絶滅を意味します。こうしたことを防ぐためには、技術系の学問だけではなく、政治や行政などに関する幅広い知識も必要な分野です。

「地球・環境・エネルギー」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「環境学」
はこんな学問です

人と地球環境の密接な結び付きを理解し、自然科学と人文・社会科学の知識を合わせ、人が自然と共存し、持続可能な発展をめざす学問である。個別の研究テーマは多岐に分かれており、人と自然を一連のシステムと捉えて環境問題の解決策を研究する「環境システム学」、主に都市と自然と人の調和を図る建築・インテリアを研究する「環境デザイン学」、複雑化する地球環境に対応するために地理学・環境生態学・情報科学を駆使する「地理学」などがある。

「環境学」について詳しく見る