推薦入学者に聞く! 受験までに取得してよかった資格

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

推薦入学者に聞く! 受験までに取得してよかった資格

2015.10.09

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

推薦入学者に聞く! 受験までに取得してよかった資格

早めに準備しておきたい推薦入試対策。普段からいい成績を取っておけば大丈夫! という声もあるものの、やはり少しでも推薦にプラスに働くことがあれば知りたいですよね。そこで推薦入試で志望校に合格したという人に、取得した資格や特技、課外活動など、高校生のうちにやっててよかったことを聞いてみました。

この記事をまとめると

  • 語学系の資格は取得しておくべき
  • 簿記や情報処理系の資格は就活にも有利
  • 課外活動もPR材料だが、基本は学業成績が重要

英検、漢検、TOEIC…… 語学資格はやっぱり定番!

圧倒的に多かったのは英検、漢検を取ったという声。

・「英検は有利だと先生に聞きました」(30代/女性)

・「漢検2級を取ったら国語の総合評価が2単位分アップしました」(10代/男性)

いずれも2級以上を取れば、推薦入試に比較的有利に働くということでした。逆にいってしまえば、大部分の人が検定を受けているということ。どんなに英語が苦手な人でも、英検準2級くらいは取っておいたほうが、悪目立ちしないかもしれません。

また、その次に多かったのはTOEIC。

・「TOEICのスコアは大学だけでなく、就職のときにも有利だと思いますよ」(40代/男性)

せっかくなら就職まで見据えた長期的な観点で資格を取得してみましょう。

情報処理、簿記などの資格は就職活動にも役立つ

・「役に立ったかどうかはわかりませんが、パソコン検定や簿記、秘書検定などを取得しました」(30代/女性)

・「珠算電卓1級、日商簿記2級、情報処理1級などを取ったら、入試の面接官に『頑張りましたね』と褒められました」(20代/男性)

・「情報処理技術者試験を3つと日商簿記2級を取得していました。簿記、情報処理技術者は今でも履歴書に書けるのでありがたいです」(30代/女性)

推薦入試だけでなく就職活動にも役立ちそうな実用資格を早めに取得しておくのもいいかもしれません。

課外活動もプラスになるが、基本的には学業成績が重要

・「スポーツ推薦だったので、全国大会の経験は有利だったと思います」(40代/男性)

・「私の子どもの場合、全国大会に出て入賞しました。入学した学科とは全く関係ない部活動ですが、目標に向かって一生懸命努力したということが評価されたみたい」(50代/女性)

部活動をとことん極めることも一つの手かも。

その他,生徒会、海外交換留学、ボランティア活動などの課外活動に積極的にさまざまなことに取り組むことは、面接で良い印象を与えるようです。

ただ、
・「良い成績を残せるよう日ごろから真剣に取り組み、第一志望に指定校推薦で合格できました」(20代/女性)

・「その学校にもよるとは思うが、校内でトップから3番以内くらいの成績を常に取り続けていれば、ほぼ安泰」(30代/男性)

・「評定平均で4.5前後を取っていれば推薦は選び放題では」(30代/女性)

と学業重視の意見も多数。やはり、基本的には安定して良い成績を取ることが、推薦入試合格の前提条件のようです。

受験はどんなに対策したところで、「必ず合格する」という保証はありません。勉強や課外活動……、いろいろなことにチャレンジして万全の状態で入試に挑めるといいですね。