夏休みの宿題はお早めに! スムーズに終わらせる工夫とは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

夏休みの宿題はお早めに! スムーズに終わらせる工夫とは?

2016.08.01

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

夏休みの宿題はお早めに! スムーズに終わらせる工夫とは?

「遊びたい!」「アルバイトしたい!」というみなさんの前に、立ちはだかる学校の宿題……夏休み最終日になって慌てる前に、前もって手を打っておきましょう。宿題をスムーズに終わらせるためには、計画的に取り組むことが鍵。今回は進路のミカタ編集部が効率的に進めるための攻略法をご紹介しちゃいます。

この記事をまとめると

  • 計画を立てる際は、約10日間ごとに大まかに終わらせる内容を決めるのがおすすめ
  • ワーク系はコツコツ取り組むのがおすすめ。読書感想文は自分に合った本を選ぶのが重要
  • 課題に取り組む場所を変えるなど、気分転換を図りながら取り組むことが大切

ざっくり計画が勝敗の分かれ目!?

「えーっ! 夏休みの宿題ってこんなにあるの!?」と驚いた人もいるかもしれません。そんな場合でも、まずは落ち着いてざっくりと計画を立てることが大切です。約40日間の夏休みを大体10日間ずつに区切って、それぞれの期間に何をどれぐらいまで終わらせればよいか考えてみましょう。例えば、「問題集を半分終わらせる」「読書感想文の本を読み終える」というような具合です。その際、法事や旅行など宿題に使えない日があることも考慮にいれ、無理のない計画にするよう心掛けましょう。全体のおおよその見通しを立てておくことで、急な予定が入っても帳尻を合わせやすくなりますよ。

宿題の種類によって変える攻略法!

一口に宿題と言ってもいくつか種類があり、それによって攻略法も変わります。例えば、数学の問題集など「ワーク系」の宿題では、毎日ノルマを決めてコツコツ取り組むことがおすすめ。全体の分量が明確で、ペースがつかみやすいためです。一方、読書感想文は、本選びがポイントの一つとなるでしょう。課題図書が決められていない場合は、みなさんの得意分野や好きなテーマなど、自分に合った本を題材に選ぶことで、感想文が書きやすくなることが多いです。読書に時間がかかることを考えると、8月上旬には本を決めておくといいかもしれませんね。宿題によって取り組み方を変えることで、より計画通りに進めやすくなります。

やる気が出ません……。そんなときには外出してみては!?

計画も立てた。宿題ごとの攻略法もマスターした……だけど「暑いし、やる気が出ない!」という場合もあるかもしれません。そんなときは、場所を変えてみるのも一つの手。普段自宅で宿題をしているのなら、涼しくて静かな図書館の自習室に行ってみませんか? 外出することで緊張感が生まれ、宿題に集中できそうです。また、夏休み期間中に開催される、大学や専門学校のオープンキャンパスに行くのもおすすめです。設備を見たり、学びの方向性を聞いたりできるいい機会なので、目の前にある宿題に取り組むモチベーションにつながるかもしれません。上手に気分転換を図りながら、計画通りに宿題を進めることで、勉強の面でも遊びの面でも充実した夏休みを過ごせればいいですね。