私たちの生活を守る! 自衛隊の「災害派遣」ってどんな活動?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私たちの生活を守る! 自衛隊の「災害派遣」ってどんな活動?

2016.07.08

提供元:マイナビ進学編集部

私たちの生活を守る! 自衛隊の「災害派遣」ってどんな活動?

地震や土砂崩れなど、大規模な自然災害が発生した際にニュースなどで自衛隊が活躍する姿を見たことがある人もいるかもしれません。
今回はそんな自衛隊の「災害派遣」という仕事についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 災害などで甚大な被害が出た際、「災害派遣」が行われる
  • 自衛隊は災害時の支援訓練を積んでいる
  • 自衛隊は人々の生活を守る仕事

自衛隊の仕事、「災害派遣」

国際平和協力活動、国防など、自衛隊の活動は多岐に渡りますが、私たちに関わる可能性が高い活動は「災害派遣」だといえそうです。
毎年地震や台風といった自然災害が各地で被害を出しますが、そこまで大きくない被害の場合、地域の消防団などが被災者の救助や復旧作業を行います。これらで補えないほどの甚大な被害を受けた場合には、自衛隊が出動します。
ただし、自衛隊が災害救助に出動するのは、基本的に「都道府県知事の要請があった場合」となります。
都道府県知事は、地域に大きな災害が発生した場合、速やかに被害状況を把握する必要があります。そして、甚大な被害が見込まれる場合「防衛大臣」もしくは「大臣が指定する者」に連絡を取り、自衛隊の派遣を「要請」します。災害派遣要請が出された自衛隊は、すぐさま災害の規模や内容に応じた部隊を編成して出動します。

災害派遣で自衛隊が活躍できるのは「訓練」の積み重ねの成果

上記で「自衛隊は、地域の消防団などで被害を補えない場合に出動」と紹介しましたが、自衛隊と自治体・消防団との決定的な差は、「装備と人員」です。
みなさんも参加したことがあるかもしれませんが、自治体の防災組織は基本的に電気・ガス・水道などが正常な環境であることを前提に訓練を行います。しかし自衛隊は電気・ガス・水道、さらには道路など、インフラが遮断された地域でも活動できるように訓練されています。
それに加え、自衛隊はインフラ環境の整っていない地域でも活動できる発電機や給水施設といった装備を多数保有しています。
大規模災害の際に自衛隊の派遣が求められる理由はこの点にもあるといえそうです。

実際に行われた災害派遣活

2016年4月に起こった熊本地震において、自衛隊が災害派遣されました。4月14日から5月30日までの期間、熊本県と大分県において、延べ約814,200名(最大時約26,000名)の自衛隊員が災害派遣活動を実施したそうです。
実際に行われたのは、人命救助、給食支援、給水支援、物資輸送、がれき撤去、入浴支援、医療支援など、多岐に渡りました。

平時は接することがあまりない自衛隊ですが、有事の際の活躍を通し、その存在感を強く感じた人も多いのではないでしょうか。
「人々の生活を守りたい」「自分の力で社会に貢献したい」。そんな強い思いがある人は、将来の選択肢の一つに自衛隊を加えてみてもいいかもしれませんね。

http://www.mod.go.jp/gsdf/news/dro/2016/20160414-0530.html
http://www.mod.go.jp/gsdf/about/dro/
http://www.mod.go.jp/j/approach/others/shiritai/saigai/#a1
http://mega01.com/23.html

この記事のテーマ
公務員・政治・法律」を解説

公務員採用試験などの対策や司法書士など法律関係の資格取得のための学びが中心で、官公庁や行政機関の採用試験科目を段階的に学び、各種試験の合格を目指します。将来は公務員として行政に携わるほか、政治活動を支える政党職員などの仕事が考えられます。弁護士や検察官など法曹の道へ進みたい場合は、大学や法科大学院への進学が必須です。

「公務員・政治・法律」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「陸上自衛官」
はこんな仕事です

日本の平和と安全を守ること、外部からの攻撃や侵入に対して防衛することが仕事だ。自衛官が所属する自衛隊は、あくまでも自衛するための団体であるが、地震などの災害が起これば救援活動も行う。陸上のほか、航空、海上自衛隊があり、陸上自衛隊は3つの中で最大の部隊。戦車隊などの戦闘部隊に加え、橋や道路を建設する部隊もあり、海外の発展途上国に派遣された際には、現地の支援活動にも従事する。自衛隊は陸・空・海で国を守るために日々、活動している。

「陸上自衛官」について詳しく見る