ジェット機がアクロバット!? 「ブルーインパルス」ってなに?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ジェット機がアクロバット!? 「ブルーインパルス」ってなに?

2016.07.08

提供元:マイナビ進学編集部

ジェット機がアクロバット!? 「ブルーインパルス」ってなに?

みなさん、ニュースや新聞などで、ジェット機がアクロバット飛行をしているのをみたことはありませんか? あれは「ブルーインパルス」という航空自衛隊のチームなんです。
今回は、そんなブルーインパルスについて、活動の内容をご紹介します。

この記事をまとめると

  • ブルーインパルスは「航空自衛隊」のPRチーム
  • 航空自衛隊の中から選りすぐりのパイロットが選ばれる
  • ブルーインパルスの任期は3年間

ブルーインパルスは「航空自衛隊PR」の一環

ブルーインパルスとは、「航空自衛隊」の存在を世間の人々に広く知ってもらうことを目的とし活動している展示飛行専任の部隊で、各地で行われる航空祭でアクロバット飛行を披露したり、長野五輪開会式などで航過飛行を実施したりしています。ブルーインパルスという名前は通称で、航空自衛隊・松島基地・第4航空団に所属する第11飛行隊が正式名称です。
機体は青と白にペイントされており、6機の機体がフォーメーション飛行やソロ飛行を行います。

ブルーインパルスを操縦するのは精鋭パイロットたち

ブルーインパルスのパイロットは、航空自衛隊の戦闘機パイロットの中から選出された選りすぐりのパイロットです。
つまり、ブルーインパルスのパイロットは航空自衛隊の代表ともいえるでしょう。
航空祭ではブルーインパルスのテントが設けられ、その前でサイン会を行い、サインや記念撮影に応じるなどの広報活動を行っています。 

また、ブルーインパルスにはパイロットだけではなく「ドルフィンキーパー」という役職を持った方たちも存在します。
ドルフィンキーパーは機体のメンテナンスを行う人たちのことをさします。ドルフィンキーパーは、メンテナンスとサポートスタッフに分けられ、整備員は3人1組で同じ機体を管理します。担当する機体を変えないことで、機体の特徴を掴み、パイロットの好みに合った調整を行うことができるそうです。
パイロットだけでなく、このドルフィンキーパーも、展示飛行を成功に導く一員だといえますね。

ブルーインパルスの任期は3年間

ブルーインパルスのパイロット任期は3年間です。選ばれたパイロットはこの期間だけ、ブルーインパルスのパイロットとして展示飛行を行います。

最初の1年間は練成訓練を積みながら機体に同乗して演技を習得し、2年目になると正パイロットとして展示飛行を行います。3年目になると、2年目同様展示飛行を行いながら、次に配属されてくるパイロットの教官となり、練成訓練を実施します。


航空自衛隊の顔になる「ブルーインパルス」のパイロット。
「パイロットになりたい」「ブルーインパルスに所属したい」という思いがある方は、基礎的な勉強をしっかりと行い、まずは「自衛隊に入る」という最初の関門突破を目指してみてはいかがでしょうか?





http://www.blueimpulsefan.net/about-bi.html
http://www.saba-navi.com/2014/02/11/blueimpulse-jasdf/
http://www.blueimpulsefan.net/pilot01.html
http://www.mod.go.jp/asdf/pr_report/blueimpulse/about/
http://jsdf.client.jp/nishi.html

この記事のテーマ
公務員・政治・法律」を解説

公務員採用試験などの対策や司法書士など法律関係の資格取得のための学びが中心で、官公庁や行政機関の採用試験科目を段階的に学び、各種試験の合格を目指します。将来は公務員として行政に携わるほか、政治活動を支える政党職員などの仕事が考えられます。弁護士や検察官など法曹の道へ進みたい場合は、大学や法科大学院への進学が必須です。

「公務員・政治・法律」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「航空自衛官」
はこんな仕事です

日本の安全を守る各自衛隊の中でも、空からの侵略の防衛や領空侵犯への対処など防衛の最前線を担っているのが、航空自衛隊に所属する航空自衛官。航空自衛官の役割は大きく3つに分かれ、防衛のほかにもさまざまな災害時の救助・救援や輸送の対応、国連平和維持活動などがある。これらの多様な任務に対応するため、戦闘機や輸送機のパイロットや整備員をはじめ、隊員の健康診断を行う衛生員、隊員の士気を高める音楽員など、約30種に及ぶ職種が存在。女性も多く活躍している職業の一つだ。

「航空自衛官」について詳しく見る