お金の管理がハイテクに! 「FinTech」って何?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

お金の管理がハイテクに! 「FinTech」って何?

2016.07.07

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

お金の管理がハイテクに! 「FinTech」って何?

みなさん、「FinTech」という言葉を知ってますか? 最近ニュース番組などで取り上げらることもあるこの「FinTech」。大人が難しいことを話している……と敬遠してしまった方も多いかと思いますが、実は私たちの生活にも影響を与える分野の話なんです。
そこで今回、進路のミカタ進学編集部が「FinTech」について身近な話を交えながらご紹介します!

この記事をまとめると

  • FinTechは金融×情報の造語
  • FinTechサービスの発展はビジネス業界に多大な影響を与えている
  • ビジネス業界のみならず、FinTechは私たちの生活にもメリットを生み出す

「FinTech」は「金融×技術」の造語

「FinTech」とは、金融(Finance)と技術(Technology)を合わせた造語で、ITを活用して金融・決済などのサービスに野たらされる技術革新のことを指します。
近年、世界的にこの金融×IT技術の分野で活躍する新興企業が増えていて、それに伴いお金も集まっているようです。「既にある不便なサービスや仕組みに対し、技術を持った新興企業が介入しユーザーにとってメリットの高いサービスを生み出す」というこの動きは、ビジネス業界にさまざまなイノベーションを起こしています。

注目の理由は「ビジネス」を大きく変え得る可能性

実際に、「FinTech」系のサービスが発展することでどのようなメリットがあるのか、既に普及しているサービスを元に見てみましょう。

まず最初に「個人間の送金」です。学生のみなさんの中にも、銀行口座から支払いをしたことある人がいるかもしれません。そのとき手数料を取られたと思いますが、「FinTech」が進み、アプリで送金ができるようになったことで、手数料を取られず無料で送金を行えるようになりました。
次に「カードの一元化」です。「財布の中にポイントカードがたくさんあって邪魔くさいし、どのカードがどのお店のカードだっけ?」と、混乱してしまうことが多々あるかと思いますが、「FinTech」領域のサービスには「複数のカードをカード型デバイスで1枚に統合する」といったものも開発されています。
このように、「FinTeh」という分野は、サービスを通してビジネス業界にさまざまなイノベーションを巻き起こしています。

私たちの生活も便利に

ビジネス・金融領域で注目されている言葉のため、まだ「FinTech」という領域にピンとこないかもしれませんが、「Fintech」はビジネス業界のみならず、私たちの生活にもさまざまなメリットを生み出すといえそうです。

みなさんの中に、家計簿アプリを使っている人もいるかもしれませんね。本来、家計簿(お小遣い帳)を付けるのは手書きで銀行通帳やレシートをまとめなければいけないためとても大変な作業ですが、現在ではFinTechによってそれを自動で行える仕組みができました。
レシートの写真を撮るだけで支出が登録できたり、口座と連結して残高が分かるなどとても便利で、お小遣い管理に使っている学生さんもいるようです。この「家計簿アプリ」も、FinTech領域のサービスです。


このように、情報技術を駆使することで金融サービスをもっと生活に身近なものにしようというのが「FinTech」の考え方だといえます。「FinTech」領域の動きは、今後の経済業界に潮流を生み出す大きな要素であると言えるのではないでしょうか。
経済の動きに興味がある人は「経済学」、またこのような新しいシステムの開発に興味がある人は「情報学」や「工学」を学んでみてもいいかもしれません。今後ニーズが高まっていく分野なので、きっと将来の選択肢が広がると思いますよ。



【参照】
http://hajipion.com/2153.html
https://career.goodfind.jp/insight/finance/120/
https://moneyforward.com/
http://cards.hateblo.jp/entry/universal-creditcard-matome/

この記事のテーマ
経済・経営・商学」を解説

そもそも「どうすればお互いにとって必要な物資が手に入れられるか」という極めて単純な動機から始まった商取引が、極めて高度に煩雑化してしまいました。だからといって、すでに引き返すことができないのは事実であり、現状を正確に把握して最適な選択をするのが私たちの役割でしょう。しかも、単純に取引価格だけですべてが決まる時代ではありません。国家間の争いや異常気象など、カバーしなければならない要素が目白押しです。

「経済・経営・商学」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「経済学」
はこんな学問です

人間の生活に必要なものを生産して流通させる経済活動を研究対象とし、その歴史や仕組み、法則性などを明らかにする学問である。まず、経済にはマクロとミクロの視点があり、マクロ経済学では国レベルでの景気動向や経済成長について研究し、ミクロ経済学では、個人消費や企業活動の分析が中心となる。また、市場経済に焦点を当てるマクロ・ミクロの経済学だけでは経済のすべてを学ぶことはできない。たとえば、環境や福祉といった公共性の強い分野を研究する環境経済学、公共経済学などの科目もある。

「経済学」について詳しく見る