【シゴトを知ろう】カーディーラー営業 編

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【シゴトを知ろう】カーディーラー営業 編

2016.07.13

提供元:マイナビ進学編集部

【シゴトを知ろう】カーディーラー営業 編

いつかはマイカーを持ちたいと考えている方も多いのではないでしょうか?
ただ、自分がどんな車に乗りたいか?と聞かれるとなかなか分からないかもしれません。そんな時に、一緒に希望の車を探すカーディーラー営業という仕事があります。
今回は、カーディーラー営業の仕事について勤務歴10年のYさんにお仕事の内容とやりがいについてインタビューしてきました。

この記事をまとめると

  • 車の販売だけが仕事ではないカーディーラー営業の仕事
  • 車の販売はお客様との共同作業
  • カーディーラー営業に向いている人は気持ちの切り替えができる人

カーディーラーはイベント行事も積極的に開催している!?

――カーディーラー営業のお仕事について教えてください。

まず他のお仕事とは大きく違う点からお話ししますね。
僕たちカーディーラーは火曜日がお休みなので、仕事の始まりは水曜日になります。
それと週末をイベントと呼んでいます。


――なぜイベントなのでしょうか?

よく、週末になるとディーラーショップはヨーヨー釣りやかき氷といったお祭りのようなことをやっているのを目にしたことがあるかと思います。
文化祭のような感覚で楽しんでもらえるような催しを行っているのでイベントと呼んでいます。この内容は季節によって変わります。


――具体的なお仕事内容を教えてください。

カーディーラー営業の仕事はお客様に自動車を販売するだけではありません。
販売のほかに平日は点検のためにお客様の自宅まで車を取りに伺い、作業が終わって夕方ごろに車を戻す「引取納車」という仕事もあり、来店されたお客様に案内をしたりこちらからアポイントを取ったりと、効率よく進めていきます。
このほかにも平日の午前中を中心に、保険会社や板金工場など一般のお客様ではなく、法人・企業の取引先様からの連絡も多くそちらの対応も担当していますね。

昼過ぎ以降はフリーで来店されたお客様のご案内にまわり、18時の落ち着いた時間以降から電話営業を行います。一般的に18時以降の営業は非常識と言われがちですが、僕たちカーディーラー営業の場合、お客様が帰宅される18時以降からがベストなタイミングになります。
一見地道な電話営業ですが、ここでの行動が週末のご来店や点検依頼につながるので、集中力が必要になりますね。
だいたい、テレコールが終わってその日の資料や契約書類を作成・まとめを行い一日の流れは終了します。

やりがいは"お客様の笑顔"を見ること

――お仕事で大切にしていることは何ですか?

大切にしていることは、とにかくこれでもか!?というほど細かくお客様に案内するようにしています。自動車というのは私たちの生活に密着したものですし、なによりマイホームの次に高額になるお買い物になると思います。
それだけ大切なものを購入するには当然不安はつきものですし、勇気がいります。
その不安や悩みを僕たちがどれだけ解消できるか、気になる情報をお客様より先回りして伝えられるかを大切にしていますね。


――お仕事のやりがいを教えてください。

やりがいはもちろん、納車されたときのお客様の笑顔を見たときですね。
その日に来店されて即決で購入されるお客様はごく稀(まれ)で、一般的には何度も足を運んでいただいて契約という流れになります。
それまでお客様から要望・希望条件などを伺い、希望に沿ったオプションの提案を行い、試乗していただいたりと、いわば希望の一台を探す共同作業のようなものです。
そこには様々なドラマや苦労話があるので、納車されたときは自分のこと以上にうれしくなります。もちろん納車された後もメンテナンスの案内など、お客様が安心できるアフターケアも忘れてはなりません。

頑張った分だけ結果が生まれる、自分が成長できるお仕事

――カーディーラー営業の仕事にはどんな人が向いていますか?

まず大前提は車が好きなこと。
性格で言うならONとOFFの切り替えができる人が向いていると思います。
精神的にも体力的にもタフでなければこの仕事は務まりませんし、根気よく続けるためには気持ちの整頓が不可欠です。僕はそういった点はズボラなところがあるので、この仕事は天職だと思っています(笑)。

あとは自分の意見がいえる人です!
お客様の要望を伺うという意味では、聞き上手であるべきなのですが、先ほども話ましたように購入まではお客様との共同作業で、こちらから提案する力も必要になります。
お客様も自動車のことすべてを知っているわけではありませんし、オプションなどの提案はお客様の希望を知らなければできません。納車後からこのオプションをつけたいとなった場合、設置料が高額になってしまう場合もありますので、しっかりとした意見を言えるのも大切な素質です。


――将来、カーディーラー営業の仕事を目指したい高校生にメッセージをお願いします。

カーディーラー営業の仕事は正直、大変な部分も多くあります。
厳しい言い方かもしれませんが、安定を求めてだったり、自発性のない人には辛い仕事と言えるでしょう。しかし、その反面やりがいは多くありますし、頑張った分だけ結果となって自分の自身にもつながります。得るものはたくさんあるので車が好きな方、自分を成長させたいと思っている方はぜひ目指してほしいですね。



カーディーラー営業の仕事は車の販売だけでなく、地道な営業やアポイントから始まります。
インタビュー後、Yさんから大きなことを成し遂げたければ、まず地道なことから始めるのが近道とお話をしていただきました。
担当の仕事も多く、一見するとハードな内容のカーディーラー営業の仕事ですが、その分やりがいも多く、他の仕事では味わえない達成感も多いのではないでしょうか。

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「カーディーラー営業」
はこんな仕事です

自動車および関連サービスを販売する仕事。自動車を販売する会社は大別して、主に新車を扱うカーディーラーと、中古車を扱う中古車販売業に分けられる。カーディーラーはメーカーごとに系列化され、他メーカーの車種を販売することはまずないといってよい。新車を販売するほかにも、車検や法定点検、整備などのアフターフォロー業務や、損害保険など関連商品やサービスを売るのも業務の一つ。ショールームなど店舗での販売のほか、見込み客を訪問してセールスすることもある。

「カーディーラー営業」について詳しく見る