気になる社会人にインタビュー! 第47回:スキンケアリストに聞いてみた10のコト!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

気になる社会人にインタビュー!
第47回:スキンケアリストに聞いてみた10のコト!

2016.07.15

提供元:マイナビ進学編集部

気になる社会人にインタビュー!
第47回:スキンケアリストに聞いてみた10のコト!

美容に関心がある人ならば、女性の肌に関わる「スキンケアリスト」という職業名を聞いたことはありませんか? 自分の手によって、女性が美しくなるお手伝いをするという素敵なお仕事です。

そこで今回は、自身でエステサロンを経営し、エステティシャンとしてスキンケのアドバイスなどを行っている須藤梨乃さんに、詳しいお仕事の話を伺いました!

この記事をまとめると

  • スキンケアリストは、エステサロンなどで肌の悩みを解決する仕事
  • 美意識を高く、向上心を持って勉強を続けていく
  • 人と関わることや、美容が好きな人に向いている仕事

資格を取得し、自宅でエステサロンを経営

エステティシャンとしてスキンケのアドバイスなどを行っている須藤梨乃さん

エステティシャンとしてスキンケのアドバイスなどを行っている須藤梨乃さん

Q1. 普段のお仕事について教えてください。

「私は、スキンケアアドバイザー、スキンケアカウンセラーの資格取得後、自宅の一室でエステサロンを開業し、オーナー兼エステティシャンとして働いています。普段の仕事内容は、ご来店されたお客様のカウンセリングから始まり、まずはお悩みをお聞きします。ご希望に添い、フェイシャルエステ、脱毛などの施術を行ない、その中でご要望に応じてお肌にまつわるお話や正しいスキンケア方法などをお伝えします。施術内容によりますが、お一人様60~150分ほどの接客をします」

Q2. 現在のお仕事に就くために、どのような勉強や経験を積まれてきたのでしょうか。

「エステサロンでの実務経験がまったくなかったため、開業すると決めた時にまず皮膚の構造や正しいスキンケア方法をしっかりと学ぼうと思い、子育てをしながらスキンケアアドバイザー、スキンケアカウンセラーの資格を取得しました。また、エステサロンの開業にまつわる本や美容の本を購読して情報収集したり、セミナーなどにも積極的に参加しました。また、大手エステサロンから個人サロンまで幅広い場所で施術を体験し、エステスクールで技術やノウハウを取得しました。そのあとに、数十名のエステモデルさんでの実践練習などを経て、エステサロンを開業しました」

肌の改善とともに、心まで明るくきれいになっていく!

Q3. お仕事の中で、魅力ややりがいを感じるのはどんなときですか?

「エステサロンにご来店されるお客様の中には、お肌のお悩みがある方、お悩みはないけど、さらにきれいになりたい方、癒しを求めている方、お話を聞いてほしい方などいろいろな目的があります。お客さまのお悩みに合わせた施術やスキンケアをお伝えしていく中で、お肌の改善を実感し、喜ぶお客様のうれしそうな顔や、『ありがとう』という言葉には大変やりがいを感じます。お肌やお体の事だけではなく、『お話を聞いてもらえて元気が出た』『リフレッシュ出来た』『癒された』など、心のケアまでできたときにもまたやりがいを感じます」

Q4. お仕事に取り組む中で、大切にしていること、心がけている姿勢があれば教えてください。

「ご来店されるお客様に対しては、安心して過ごしていただけるよう笑顔での接客と信頼関係を大切にし、またお客様への感謝の気持ちも忘れません。そして、真のお悩みを聞き出せるようカウンセリングをしっかり行っています。また、お客様に直接触れる指先は、荒れないよう主婦業の水仕事では手袋の着用を徹底し、指先のケアを欠かしません」

Q5. お仕事の中で、一番の思い出や達成感のあったエピソードはなんですか?

「エステサロンの開業日に、友人や知人、家族からたくさんのお花が届いたことがとてもうれしかったです。また、私が子育てをしながらエステティシャンになれたのも、続けていくのにも、義母の協力があってのことでした。義母の誕生日プレゼントに自慢のエステフルコースをプレゼントしたところ、いつも笑顔の義母がよりいっそう笑顔になり、『ありがとう』と言ってくれたことが一番の思い出です」

Q6. スキンケアリストに向いている人や、スキンケアリストになるために必要な知識について教えてください。

「皮膚科学や化粧品科学などの基本的な知識はもちろんの事、美意識が高く自分自身のお手入れが大好きな人、明るくポジティブで人と関わることが好きな人、人の気持ちを察し、聞き上手な人が向いていると思います」

化粧品はもちろん、食事や睡眠、精神面にも気を配って美意識を高く保つ

Q7. お肌のお手入れや化粧品について、自分なりのこだわりがあれば教えてください。

「お肌をきれいに保つには、お肌のお手入れだけではなく、三面美容(外面・内面・精神面)がとても大事で、どれか一つ欠けるとお肌に反映します。そのような事から、日ごろのお手入れに加え、十分な睡眠を取る事や、食事面などのインナービューティーにこだわりを持っています。また、化粧品は成分を選んで使用しています。健康・美容ブームの中、化粧品や口に入れる食べ物やサプリメントなどは、ものを選ぶことが大事だと思っています」

Q8. お休みの日はどのように過ごしていますか?

「お休みの日は、家族との時間を大切にし、家族で出掛けたりして過ごしています。サロンは完全予約制で営業しているので、予約のない時間は、自身のお手入れのために友人の経営するエステサロンで施術してもらったり、ヨガやジムなどに通ったり、お仕事仲間とランチに出かけ刺激をいただいたり、すき間時間を有意義に使っています。お客様を輝かせるには自分自身がまず楽しみ、輝く事が大切だと思っています」

Q9. 高校時代はどのように過ごしていましたか?

「幼い頃からファッションや美容などに関心が高く、高校に進学すると、ダイエットにも関心が高まりました。美意識の高さが今の仕事につながっていると思います。今振り返って、高校生のうちにもっと勉強しておきたかったことは、生物学や皮膚科学などですね。あと、エステサロンの経営に直接関わる、簿記なども勉強しておけばよかったと思っています」

Q10. スキンケアリストを目指している高校生へ向けて、一言メッセージをお願いします。

「必要な知識を学ぶのはもちろんのこと、私自身の体験談から、若いうちからしっかりと正しいスキンケアを心がけ、日焼けなど予防できることは徹底し、お客様のお手本、憧れになってもらえるようなお肌を目指すことが大事だと思います。人のお肌も体も心もトータルでケアできる仕事は他に少なく、お客さまと一緒に喜びを味わえるお仕事も少ないと思います。学びも多く、とてもやりがいのあるお仕事です。これから素敵なスキンケアリストがたくさん生まれることを楽しみにしています」

スキンケアリストという職業は、自分の手によって、お客さまが喜んでくれるというだけでなく、常に勉強して自分を高めていく面白さもあるのですね! また、いつも人に見られているとなると、美意識も高まりそうです。自分自身や人々の美容に興味がある人なら、きっと楽しんでチャレンジできるお仕事なのではないでしょうか。

【取材協力】一般社団法人 日本スキンケア協会
http://www.skincare.or.jp

この記事のテーマ
美容・理容・メイクアップ」を解説

美容師や理容師、メイクアップアーティストなど、確かな技術と感性を備えた「美」の専門家を目指します。理容師や美容師の国家資格取得を目指すほか、それぞれの職種に応じた技術力や表現力の習得、接客能力を身につけます。従来のように美容室や理容店で働くだけでなく、高齢者や障害者のもとへ出張する技術者へのニーズも高まっています。

「美容・理容・メイクアップ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「スキンケアリスト」
はこんな仕事です

スキンケアのプロとして一人ひとりの肌の悩みに寄り添い、必要なケアの方法や化粧品に関する助言を行う仕事。主な職場はエステティックサロンや化粧品販売店、コールセンターなど。とくに資格は必要ないが、肌の構造や化粧品の成分に関する知識を持ち、基礎化粧品の正しい使い方やマッサージの手順、カウンセリングの方法などのノウハウを身に付ける必要がある。食事、運動、睡眠といった生活習慣にまで踏み込んだアドバイスも必須。何より説得力が問われるので、自らが若々しく美しい肌であることが望ましい。

「スキンケアリスト」について詳しく見る