野菜を収穫して、その場で調理できることも♪ 農業体験ではどんなことを実践できる?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

野菜を収穫して、その場で調理できることも♪ 農業体験ではどんなことを実践できる?

2016.07.20

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

野菜を収穫して、その場で調理できることも♪ 農業体験ではどんなことを実践できる?

近年、農業系の漫画が人気になっているようです。アニメ化した『銀の匙 Silver Spoon』や『もやしもん』など、いずれも農業学校を舞台にした物語です。漫画好きの人の中にも、こうした漫画作品から影響を受けて農業系の学校に興味を持った人もいるのではないでしょうか。

この記事をまとめると

  • 農業体験を実際にできるオープンキャンパスが実施されている
  • 自分で収穫した野菜を調理して食べることができる場合もある
  • 家畜の世話をしたり加工食品を食べたりしながら学べる学校もある

農業系の漫画好きは必見! 農業体験ができるオープンキャンパスがある!

そうした興味をより現実的な形で身近に感じることができるのが、農業系の学部・コースがある学校のオープンキャンパスや体験入学です。

農業系の学部・コースがある学校の体験入学では、普段の生活ではなかなか体験することができない農業体験をすることができる学校もあるようです。もちろん、地方だけに限らず、都市部に住んでいる人にも体験のチャンスがあるんです。

広大な敷地で野菜を収穫して調理まで体験できる学校もある

農業を学ぶ大学や専門学校では、広い敷地内で、実際にどのように農業が行われているかを教えてくれるところが多いようです。作物を育てている農場を見学することから始まり、実際に野菜を収穫することができる学校もあるようです。キュウリやトマトなどの新鮮な野菜、梨やりんごなどの果実を収穫することで得られる充実感は、日常生活の中ではなかなか得られないかもしれませんね。

野菜や果実を収穫したら、やっぱり食べたいですよね。学校によっては、ただ食べるだけではなく、収穫物を使って調理をすることができる場合もあるんだとか。トマトやキュウリなどの夏野菜を使った爽やかなパスタをつくって食べたりと、より農業で得られる喜びを実感できる体験もあり、人気を博しているようです。

また、牛や豚などの世話をしたりすることができる体験もあるようです。生活の中では接することがない家畜の世話ができるのは貴重な体験になりそうです。また、畜産加工室の見学や、加工食品の試食会が行われる場合もあり、畜産業がどのように成り立っているのかを知ることができる学校もあるようです。

また、高校生向けだけでなく一般人でも参加できる園芸作物の栽培の仕方や小型中耕機の操作などを実践する講座が行われている農業学校もあるようです。野菜や果樹をこれから育てたい人や育て方がうまくいかないという人に対して、専門のスタッフが栽培ポイントを丁寧に教えてくれるようです。一般人でも受けることができるということであれば親子で受講してみるのもいいかもしれませんね。

実際に体験することで、自分たちの生活と農業の密接な関係を知ることができる

こうした体験を通して「農学」を学ぶことは、より具体的で実践的な勉強になります。農学とは、野菜や果実の品種改良や病害虫対策などの栽培技術、農業経営の仕方、行政による支援のあり方を問う農業政策などの知識を得ることにより、自然と人間の生活における共存を考え役立てる学問です。

実際に農業や畜産の現場を体験することによって、私たちの生活と農業がいかに密接な関係にあるのかを知ることができるのではないでしょうか。

この記事のテーマ
農学・水産学・生物」を解説

私たちはほかの生物から栄養をもらって生活をしています。しかも、採集や狩猟だけではなく、食物を生産するという手段を得て、今日のように繁栄しました。人口増加や環境悪化などに対応し、将来的に安定した食料の確保を維持するためには、農業、林業、水産業などの生産技術の向上が必要です。さらに突き詰めて考えれば、動植物や微生物などの多様な生物に対する研究も重要です。自然との共生が大きなテーマになる学問です。

「農学・水産学・生物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「農学」
はこんな学問です

品種の改良や病害虫対策をはじめとする栽培技術、事業として継続させるための農業経営、行政による支援のあり方を問う農業政策などを通じて、人と自然の共生のための方法を研究する学問である。研究分野は広く、食料としての生物を環境にマイナスの影響を与えることなく継続的に確保する方法を研究する「資源生物科学」、食品・農業・化学工業などの生物活用現場で起こる問題をバイオ技術によって解決する「応用生命科学」などがある。

「農学」について詳しく見る