夏を制して、学力アップ! 夏休みに入る前に意識したい勉強のポイントって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

夏を制して、学力アップ! 夏休みに入る前に意識したい勉強のポイントって?

2016.07.13

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

夏を制して、学力アップ! 夏休みに入る前に意識したい勉強のポイントって?

もうすぐ夏休み。この休みの期間を使って、「学力アップ」をしっかり図りたいですよね。受験生の場合は、入試に向けた実践的な勉強が主になりますが、1・2年生の場合、どうやって勉強すればいいのでしょうか?

そこで、東京都内の塾で講師をしているRさん(文系科目担当)と、Kさん(理系科目担当)に「夏休みに入る前に意識したい勉強のポイント」について伺ってみました。

この記事をまとめると

  • 夏休みの学習の「弱点対策」と「ダレないための対策」を聞いてみた
  • 文系・理系科目、それぞれどんなことを勉強するといいのか?
  • 学年、成績、目標によってやるべき勉強は変わる

夏休みはどうしても勉強がダレてしまいがち。ダレないようにするには?

――夏休み中、「弱点対策」に力を入れようとしている高校生も多いと思います。その際に、気を付けるべきポイントを教えてください。

Rさん(以下、R):夏休みは、普段より自由に使える時間が長い分、「弱点対策」に力を入れるのはいいことだと思います。得意な分野より、苦手な分野のほうができるようになるまでに時間がかかりますから。ただ、生徒自身が考える自分の弱点と、講師から見た弱点には違いがあるものなので、信頼できる学校の先生や塾・予備校の先生に、「自分の弱点が何なのか」を尋ねるようにしてください。

Kさん(以下、K):講師として生徒を見ていて感じるのですが、残念ながら、力が不十分であるにも関わらず、「自分はできている」と思ってしまっている子は多いです。一つの基準として、偏差値50程度であれば、まずは「自分にはできていない部分が多くあるんだ」という意識を持つべきだと思います。

――夏休みはどうしてもダレてしまいがちです。ダレないようにするにはどうすればいいでしょうか?

R:やるべきことがあやふやだと、ダレるものです。「夏休みあたり」「1週間あたり」「1日あたり」で、それぞれ具体的にやるべきことを決めてみてはいかがでしょうか? 例えば、「夏休みいっぱいで、英語の問題集を1冊終わらせる」→「1週間当たり、18ページ解く」→「1日当たり、3ページ解く」というように考えていくのがポイントです。大体、計画通りに行かないものなので、一週間のうちに何も予定を入れない「予備日」を1日設けるといいでしょう。やるべきことが予定通りに終わらなかった場合、その日を使って消化しちゃいましょう。

あと、周囲にベッドやゲームといった誘惑があると、ダラダラしてしまいがちになるので、図書館や塾・予備校の自習室に行って勉強するのも一つの手。気分も変わっていいですよ。

K:夏休みを待たずに、なるべく早く、今日からでも勉強を始める。勉強を特別なものとせず、「習慣」にしてしまってはどうでしょう。

夏休みの時間を使って、自分にとってどんな勉強法が合っているか見つかるかも

――文系・理系科目の勉強でそれぞれ大事なことを教えてください。

R:高1〜高2の文系の勉強においては、英単語や古文単語といった「暗記物」を重点的にやることをおすすめします。大学受験の暗記物は量が多いので、高3の受験生になってから詰め込もうと思っても間に合いません。それに、高3からは「長文読解」のような入試に出る形式の問題演習を始めるべきなので、それまでに基本知識を押さえておく必要があります。

K:理数系の場合は、公式・定義が何を意味しているのか、それを扱うことによって何のメリットがあるのかを疑問に思うべきです。例えば、「1つのアメ玉と、2つのアメ玉があって、両者を合わせると3になる」つまり、「1+2=3」という理屈は理解できますよね。でも、高校数学は複雑なので、「三角関数の使い道」「対数の意味」「微分積分の有益性」といったことが理解しづらくなってくるのです。これらを、「こういうものだ」と切り捨てずに、どんな理屈があるのかを考え通すことが大事です。

――夏休みという長い期間を使ってやっておきたいことを、文系・理系科目ともに教えてください。

R:高1〜高2の場合、まだ自分の「勉強のやり方が確立していない」こともあるのではないでしょうか。例えば、社会科の暗記1つ取ってみても、穴埋め教科書で覚えていくのか、一問一答形式の問題集で覚えていくのか、自分でノートをまとめ直して覚えるのか、繰り返し目で見て覚えるのか、書いて覚えるのか……、やり方はさまざまですし、覚えやすいものは人によって違います。

そして、自分にとってどんな勉強法が合っているのかは、試行錯誤を繰り返す以外に見つける方法はありません。ときには失敗して、「このやり方は自分には合わないんだな」と思うことも大事。定期テスト前などは、いろいろなやり方を試す時間がないと思うので、夏休みの時間を使って自分に合う勉強法を見つけてほしいです。

K:数学について「得意な人」「苦手な人」別に、やっておくといいことをお話します。得意な人であれば、「長い時間を使って、問題を丁寧に解いて、考える」べきです。やる問題は1日1問で構わないので、「いい問題」を解きましょう。いい問題とは、現状の自分の力ですぐには解き方が思いつかないような問題のこと。じっくり考えて、思考力をつけてください。

一方で、数学が苦手な人の場合、夏の間「計算を繰り返す」ことが大切になります。とにかく、基本的な問題を解く際のスピードを上げましょう。例えば、「logxを積分すると、どんな式になるのか」「制限定理や余弦定理の式」などが、「九九」のように、素早く頭に浮かぶようになるのが目標です。公式を呪文のように唱えられるようにならないといけません。

まずは「やる気」を上げて、学力を上げていこう!

「夏休み、勉強をがんばろう!」と考えている人は、2人の先生のアドバイスを参考にしてみてはいかがでしょうか? ただし、学年、成績、目標などによってやるべき勉強は変わってくるもの。どんな勉強をするべきか迷ったら、まずは「身近にいる先生」に相談してみてくださいね。

学力を上げるために、何よりも大事なのは「やる気」。この記事を最後まで読んだあなたは、本気で勉強をがんばりたいと思っていることでしょう。その気持ちがあれば、きっと夏休みの勉強もうまくいくはずです。応援しています!