古代の石器や装飾品をつくれちゃう!? はるか昔の人々の生活を知ることができる、考古学体験って?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

古代の石器や装飾品をつくれちゃう!? はるか昔の人々の生活を知ることができる、考古学体験って?

2016.07.12

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

古代の石器や装飾品をつくれちゃう!? はるか昔の人々の生活を知ることができる、考古学体験って?

みなさんの家の周りや学校の周辺で、遺跡の発掘調査をしているのを見かけたことがありませんか? 普通の住宅街でも行っていることがあるので、「こんなところに遺跡があるの?」と不思議に思ったことがあるかもしれません。

この記事をまとめると

  • 遺跡や遺物から古代の人類の文化を研究する学問を「考古学」という
  • 考古学が学べる大学のオープンキャンパスでは、古代の遺物をつくるなど面白い体験ができる
  • 考古学実習室や博物館を見学し、学校のことをよく知ることもできる

遺跡の発掘調査をしているのを見たことはありませんか?

「あちこち手当たり次第に掘って遺跡を見つけよう!」というわけではなく、過去の文献などを参考にして「発掘するべき場所」というのがあらかじめ決まっています。そんな発掘するべき場所に、新しく建物を建てる、都市開発をするということが決まったときに発掘作業は行われるそう。

歴史的に重要な遺跡が見つかるということはまれですが、土器や石器の破片くらいは大体の場所で発掘されるようです。その発掘されたものは、当時の生活の様子を研究する貴重な材料となります。こうして遺物や遺跡から古代の人類の文化を研究する学問を「考古学」といいます。

オープンキャンパスで「考古学」という学問を知ろう!

考古学は、歴史が好きな人にとっては学びがいのある学問だと思います。考古学や歴史に興味がある人は、ぜひ考古学が学べる大学のオープンキャンパスに参加してみてください。

考古学が学べる大学のオープンキャンパスでは、講義や面白い体験実習を通して、「考古学とは何か」ということを知ることができます。学校によって、教員や学生たちが、古代の石器や装飾品をつくってみたり、くずし字の読解を体験したりと、面白い企画を用意してくれていることもあるので、気軽に考古学に触れることができるのではないでしょうか。

また、遺跡から考える考古学講演会や、縄文時代・弥生時代から考える考古学入門など、高校生が興味を持ちやすいようなテーマで模擬授業を行っている学校もあります。考古学実習室や博物館などの施設見学をさせてくれたり、教員が授業で使っている資料を見せてもらえる場合もあるそうですよ。

現役の学生や教員に質問をして学校のことをよく知ろう

考古学が学べる大学のオープンキャンパスで講義や模擬授業を受けると、大学に進学してから具体的にどんなことが学べるのかということがイメージしやすくなります。高校の授業では「考古学」という分野を詳しく学ぶことはないと思いますので、オープンキャンパスに行ってどんな学問なのか具体的に聞いてみてください。

また、せっかくオープンキャンパスに行くのなら、学生や教員にどんどん質問をして、その大学で学べることを詳しく聞いてみてもいいですね。考古学が学べる学校は多くありますが、それぞれ専門的に学べることに少しずつ違いがあるはず。パンフレットを読むだけでは分からないことを直接聞いてみると、進学したい学校が絞り込みやすくなるかもしれません。ぜひ、さまざまな学校のオープンキャンパスに足を運んで、考古学について興味を広げてみてくださいね。

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「考古学」
はこんな学問です

発掘された遺跡、遺構、遺物などを残された書物、木簡などのあらゆる情報と突き合わせながら、当時の社会の姿を浮き彫りにしていく学問である。歴史学のカテゴリーに入るが、文字で残されている情報が少ないため、物を手掛かりとして事実を明らかにすることが重要になる。研究スタイルは新しい遺跡の発掘が主になるが、科学的な分析法も常に進歩してきているため、これまでに調査された遺跡についても、再調査が行われている。

「考古学」について詳しく見る