交通事故がゼロになる日、もうすぐ来るかも?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

交通事故がゼロになる日、もうすぐ来るかも?

2015.06.01

提供元:マイナビ進学編集部

交通事故がゼロになる日、もうすぐ来るかも?

この記事をまとめると

  • 2020年代の実現に向けて、自動運転カーの開発が進められている
  • そのなかで、IT企業のグーグルが存在感を見せている
  • 交通事故の減少、高齢者や身体が不自由な人々への支援が期待される

これが未来の車! 運転手いらずの、自動運転カーって何?

家族で買い物や旅行に行くときに、車で出かけることってよくありますよね。でも、楽しい家族団らんのひとときのはずが、お父さんの乱暴な運転で車酔い、お母さんの慎重すぎる運転におどおど……。そんな苦い思い出を持っている人もいるのでは?

でも、近い将来、そんな悩みがなくなる日がやってくるかもしれません。2020年代の実現に向けて、最新のコンピューター科学を取り入れた自動運転カーの開発が進められているからです。

自動運転カーとは、コンピューターが人間に代わってハンドル・アクセル・ブレーキなどを操作する、新世代の車のこと。運転手が必要なくなるだけでなく、コンピューター制御によって安全を確認しながら走行できるため、快適なドライブが実現するというわけです。

自動車産業にグーグルも参戦! IT企業が存在感を見せる、そのワケとは

世界中の大手自動車メーカーが自動運転カーの開発にしのぎを削るなか、ひときわ存在感を見せているのが、世界を代表するIT企業・グーグル。グーグルといえば“検索”じゃないの?と思う人もいるかもしれませんが、ある意味グーグルの参戦は必然ともいえます。

なぜなら、自動運転カーにとって何よりも重要なのが、たしかなコンピューター制御能力だからです。グーグルは、コンピューターネットワーク分野における豊富なノウハウをフル活用して、特別なセンサーで道路上の車・歩行者・信号・障害物などを見つけ、自動運転できるソフトウェアを開発中なのです。

そしてこの開発には、グーグルのマップ技術も生かされています。地形図のデータを照らし合わせて、次の状況を判断する、まさにグーグルだからこそできる、最新技術の結晶といえます。

自動運転カーの普及によって、交通事故のない未来がやってくる?

グーグルは、これまでに培ってきた開発力を組み合わせることで、自動運転カーの分野において、他の企業を一歩リードする存在にまでなりました。すでに試作車をテスト走行させるなど、近い将来の実用に向けて、ますます期待が高まります。

安全な自動運転が実現すれば、交通事故の減少や、高齢者や身体が不自由な人々の支援に繋がるといわれています。自動運転カーは、これまでの移動手段を大きく変えるだけでなく、より住みやすい世界を私たちにもたらしてくれることでしょう。

自動車とコンピューターネットワーク分野が今後よりいっそう連携を見せ、自動運転カーの開発が進むことで、私たちが安心してどこへでも出かけることができる、快適な未来のドライブが実現できるかもしれません。

この記事のテーマ
自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」を解説

陸・海・空の交通や物流に関わるスキルを学びます。自動車、飛行機、船舶、鉄道車両などの整備・保守や設計・開発、製造ラインや安全の管理、乗客サービスなど、身につけるべき知識や技術は職業によってさまざまで、特定の資格が求められる職業も多数あります。宇宙については、気象観測や通信を支える衛星に関わる仕事の技術などを学びます。

「自動車・航空・船舶・鉄道・宇宙」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「エンジニア」
はこんな仕事です

エンジニアとは技術者全般を指す言葉であり、主に機械・化学・物理・生命・情報・建築など、工学分野の専門的な技術を持っていることを意味する。世の中にまだ存在しない新技術の開発など、モノづくりの醍醐味はエンジニアの大きな魅力になっている。また、ソフトウェアを代表する目に見えない技術や、製品を正常に動かすための運用・メンテナンスなどの職種も含まれる。とくにITに関わるWebエンジニアやシステムエンジニアのような専門エンジニアは、一般企業にも在籍している。

「エンジニア」について詳しく見る