乗ったことある? 時代や国に合わせて進化する「人力車」

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

乗ったことある? 時代や国に合わせて進化する「人力車」

2016.07.04

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

乗ったことある? 時代や国に合わせて進化する「人力車」

みなさんは、人力車に乗ったことがありますか? 浅草や京都などの観光地で、よく見かける人力車。インドなどの海外でも、移動手段の一つとして使われているイメージがありますよね。今回はそんな人力車が誕生してからの歴史や進化についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 人力車は日本発祥
  • 日本だけでなく、海外にも根付いている
  • 車夫の歴史解説が観光をより楽しい時間に

人力車は日本発祥の移動手段

人力車とは、明治から大正時代を中心に、徒歩よりも速い移動手段として利用された輸送車のことを指します。この人力車をひく人を車力(しゃりき)や車夫(しゃふ)と言います。
人力車の起源は1868年頃、明治初期の日本だと言われています。
発明者は和泉要介、高山幸助、鈴木徳次郎で、東京で馬車を見たことが人力車発案のきっかけになったそうです。

人力車は瞬く間に普及し、やがて日本国内だけでなく、中国や東南アジア方面へと人力車が輸出されるようになりました。

やがて、人力車はさらなる進化を遂げ、単なる移動手段としてだけでなく、様々な機能を搭載するようになっていきます。東京銀座に秋葉商店を構えた秋葉大助は、雨や陽射しから守り、泥除けのある車体を考案しました。彼の製作した実用性とデザイン性のある人力車は海外でも人気を獲得し、莫大な富を得たといいます。
車体に漆を塗ったり、車軸にバネをつけたりなどして、乗り心地は格段に快適になったそう。 そのリデザインされた人力車が、今の人力車の原型になっています。

「リキシャ」とカタチを変えて広がる人力車

アジア諸国でよくみかけるのが「リキシャ」。現在は、人が引くリキシャではなく、自転車が引くサイクルリキシャが主流なのだとか。そんなアジアのリキシャも、もとをたどれば、日本の人力車が原点のようです。

日本から輸出された人力車は、各国で広がりました。中国、インド、東南アジア……。なかでも、中国で爆発的に普及し、「黄包車(ワンポーツ)」と呼ばれ、庶民の生活になくてはならない交通手段となったそうです。

一時期は21万台も営業登録があった人力車ですが、馬車や鉄道、自動車が普及し始めると、瞬く間に衰退していきました。
交通手段としての需要は薄くなってしまいましたが、観光地での遊覧を目的とし、今でも利用されています。

観光に特化した人力車が「歴史」を学ぶツールに

昔は移動手段として使われていた人力車ですが、現在は「車夫による観光地の歴史解説」が人力車の主たる需要になっています。
重い荷物を持ってガイドブックを片手に街を歩くのは大変ですが、人力車なら座りながら観光地を移動できることに加え、車夫に歴史の解説をしてもらうこともできます。

人力車に乗りながら街の詳しい歴史を学べたら楽しさ倍増ですよね。

観光地の歴史に興味がある人は、一度人力車を利用してみてはいかがでしょうか? ガイドブックには載っていない、街の詳しい歴史を知ることができるかもしれませんよ。


【出典】
http://www.rikisha.net/history.html

http://ya-na-ka.sakura.ne.jp/akibaDaisuke.htm

http://kana-reki.jimdo.com/%E5%AD%A6%E3%81%B3%E3%81%AE%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%82%B8/%E4%BA%BA%E5%8A%9B%E8%BB%8A%E3%81%A3%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%82%82%E3%81%97%E3%82%8D%E3%81%84/

http://www.ntv.co.jp/don/don_02/contents_02/2010/03/post-73.html

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歴史学」
はこんな学問です

歴史学とは、対象とする大陸・国・地域などにおいて、過去に起こった物事を取り上げ、当時それがどのような意味を持っていたのかを、残された物や建造物、文章などから研究する学問である。ただ、資料を正確に読み取るだけではなく、事実かどうかを疑い、踏み込んで検証する批判的視点も重要である。歴史学の基本的なラインナップには、日本史、東洋史、西洋史、考古学がある。また、政治制度・経済活動・芸術文化・信仰宗教などに特化した考察も行う。

「歴史学」について詳しく見る