和歌山県ならでは! フルーツ農園で果樹栽培を体験してみよう!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

和歌山県ならでは! フルーツ農園で果樹栽培を体験してみよう!

2016.07.08

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

和歌山県ならでは! フルーツ農園で果樹栽培を体験してみよう!

イチゴ、サクランボ、ブドウなど、自分で収穫してその場で味わう果物狩りは楽しいものです。さらに、収穫だけではなく、自分で手をかけて育てた果物なら、きっとその味もまた格別ですよね。生産量と種類の多さからフルーツ大国と呼ばれる和歌山県では、果樹の農業体験ができる農園や団体が数多くあります。今回は、高校生でも参加することができる果樹の農業体験についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 和歌山県桃山町の「あら川の桃」は、見て楽しい、食べておいしい!
  • 栽培から加工・販売まで! 一年中大忙しの果樹農園
  • 農業の体験プログラムは実体験できる貴重な機会

フルーツ王国・和歌山の知る人ぞ知る名産

温暖な気候と平地が少なく斜面が多い地形をいかして、和歌山県では果樹の栽培が盛んです。農業産出額の約6割が果樹となっていて、ミカンや柿、梅の生産量は全国一。そんな和歌山県に、見て楽しい、食べておいしい果樹があるのをご存知でしょうか。それは、紀の川市桃山町あら川地区で栽培されている「桃」です。桃山町では古くから桃が栽培されていて、紀の川沿いには一面の桃畑が広がっています。春になると一斉に咲く桃の花の美しさは、「一目十万本」とうたわれるほど。もちろん、味の方も抜群で、6~8月の桃の収穫シーズンには、和歌山県以外の地域からも「あら川の桃」を買うためにお客さんがやってきて、渋滞ができるそうです。

●参考URL
http://www.maff.go.jp/kinki/tiiki/wakayama/local/gaikyo/index.html

農業体験で果樹栽培を知ろう

そんな紀の川市にある「観音山フルーツガーデン」の農業体験プログラムでは、農園スタッフと同じタイムテーブルで、栽培管理や出荷作業をすることができます。農業"体験”なので、未経験者でも大丈夫。契約している農家を含めると、ミカンを中心に柿やレモン、桃、イチジクなどさまざまな果物を栽培しているため、年間を通してその時期にあった農作業をすることができます。収穫時期には、とりたての果物が食べられるという特典も! また、観音山フルーツガーデンでは、ジュースやジャムなど果物の加工・販売にも積極的に取り組んでいるので、加工作業に関われるだけではなく、どうやったら一生懸命に作ったおいしいものを多くの人に届けられるのか、といったマーケティングの視点からも農業を考えることができます。

7~8月の主な農作業は草刈りと柑橘系果物の摘果。また、桃の収穫時期なので、契約農家で桃の収穫体験をしたり農家さんの話を聞いたりすることも可能です(要事前相談)。桃の摘果や袋かけは5、6月頃に行われるそうなので、来年チャレンジしてみるのもいいですね。

●参考URL
http://kannonyama.net/lemon/

実際に体験して自分に合った仕事を見極めよう

普段、私たちが何気なく食べている果物や野菜を栽培する農業という仕事は、人間が生きてく上で欠かせない仕事だといえるでしょう。最近では、農作物を生産するだけではなく、加工や販売に関わる生産者も増えていて、農業の可能性は大きく広がっています。果樹栽培の仕事に就くには、学歴や資格などは必要ありませんが、いきなり就農するよりは、農学系の学校で果樹園芸に関する基礎知識を身につけておくとよいでしょう。今回ご紹介したような農業体験は全国各地で行われていますので、果樹栽培に興味がある人は積極的に参加してみるのもいいですね。実務経験を積むことが、将来仕事に就く時に役に立つかもしれませんよ。

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る