山形弁のシンガーソングライター「朝倉さや」さん知ってる!?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

山形弁のシンガーソングライター「朝倉さや」さん知ってる!?

2016.07.04

提供元:マイナビ進学編集部

山形弁のシンガーソングライター「朝倉さや」さん知ってる!?

トレードマークは大きなメガネ。"山形弁の歌姫"と呼ばれる朝倉さやさんは、一見、イマドキの女の子です。有名曲を民謡調にアレンジし山形弁でカバーしたところ、動画サイトで話題に。2013年にメジャーデビューしてからは、アルバムが日本レコード大賞企画賞を受賞するなど大活躍しています。方言を売りにしたキワモノ歌手? と思ったら大間違い。民謡の全国大会で2度優勝するなど、その歌唱力は折り紙つきです。歌手になりたいという夢を叶えるために山形県から上京した朝倉さんが、デビューするまでのストーリーとは?

この記事をまとめると

  • 朝倉さやさんの強みは「民謡」と「山形弁」
  • 自分の夢を明確にして、実現のために努力することが大事
  • 歌手を目指すなら、堅実に音楽関連の学校やスクールで基礎を学ぼう

「民謡」と「山形弁」を強みにデビュー

シンガーソングライターの朝倉さやさんは、家族の影響で小学2年生から民謡を習い始めました。小学生と中学生のとき「民謡民舞少年少女全国大会」で優勝。もともとは、民謡歌手になりたいと思っていたそうですが、民謡という枠にとらわれず「多くの人に歌を届けたい」「自分で曲をつくって歌いたい」と考えるようになり、シンガーソングライターを目指すようになります。

高校卒業後、夢を実現するために山形県から上京。働きながらシンガーソングライターになる道を探し、現在所属している事務所が主催する音楽教室の「シンガーソングライターコース」で学ぶようになります。そこで初めて作曲したのが、デビューシングルとなる「東京」でした。音楽教室に通ううちに実力が認められて、まずは学費のいらない特待生に。そして次に、所属事務所の専属アーティストとなり、その約1年後、メジャーデビューすることとなったようです。

このようなデビューまでの流れをみると、歌唱力と作曲能力さえあれば簡単にシンガーソングライターになれると思われるかもしれません。しかし、朝倉さんが夢を叶えることができたのは、自分の強みについて分析し、その強みをいかす道を模索したからだといえるでしょう。

「歌が上手い歌手はいっぱいいるから、私にしかないものってなんだろう?」
朝倉さんは、自分には「民謡」と「山形弁」があると考えます。誰もやったことのないおもしろいことをやりたいという気持ちで、ポップスを民謡調にアレンジしたり、山形弁で名曲をカバーしたり。これらの曲を動画サイトに投稿したことがきっかけでTVに出演するようになったことが、朝倉さんのデビューへとつながったそうです。

参考URL:
http://asakurasaya.com/profile.html
http://solayalabel.com/artist.html

自分の描いた夢を信じることの大切さ

2015年に発売したアルバムでは、民謡とラップ、ファンク、メタルを融合させた試みが評価され、日本レコード大賞企画賞を受賞しました。しかし、朝倉さんは、「『民謡』や『山形弁』は、あくまでも自分を知ってもらうためのきっかけ」と語っています。シンガーソングライターとしてオリジナルソングをつくり、ライブをして、歌を聴いてくれた方に何かを感じてもらう。 たくさんの人に喜んでもらえる全国区の歌手になりたいと高みを目指しているそう。

朝倉さんには、自分の人生というのは自分の意思ですべてが決まるんだな、と思った瞬間があるそうです。「だからこそ、自分の生きたいように生きよう。自分の描いた夢を信じることが大事。みなさんも、やりたいと思った事とやればいいと思うし、自分の夢を大事にしていけばいい」と、力強いメッセージを発信しています。

参考URL:
http://tokyo-torisetsu.com/river-boat-song.html

歌手になるにはどうしたらいいの?

歌手になる方法の一つとして、必要な歌唱力や表現力などを身につけるために学校に通うという方法が挙げられます。学校の主な種類としては、音楽関係の専門学校、高等専修学校、ミュージックスクール、あるいは音楽科のある大学があります。もちろん歌手は、これらの学校を出ていなければなれない職業ではありません。

ですが学校で学ぶことにより、声の出し方、歌い方、プロとしての心構えを習得できるほか、業界へのコネクションをつくることもできるかもしれません。

歌が大好きで歌手になりたいという気持ちがある人は、朝倉さんのように音楽関連の学校に進むのも一つの方法なのかもしれませんね。

この記事のテーマ
音楽・イベント」を解説

エンターテイメントを作り出すため、職種に応じた専門知識や技術を学び、作品制作や企画立案のスキル、表現力を磨きます。音楽制作では、作詞・作曲・編曲などの楽曲づくりのほか、レコーディングやライブでの音響機器の操作を学びます。舞台制作では、演劇やダンスなどの演出のほか、舞台装置の使い方を学びます。楽器の製作・修理もこの分野です。

「音楽・イベント」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「シンガーソングライター」
はこんな仕事です

作詞・作曲した作品を、自らが歌い手となって披露する。ギターやピアノの演奏を兼ねることが多い。ライブハウスや路上での活動やオーディションなどで作品を広くアピールすることが重要だが、作家として別のミュージシャンに作品を提供することも。詞・曲のセンスを磨いていくのはもちろん、ボーカリスト・演奏者としてのテクニックも問われる。自作で音源・CDを制作する場合は、音楽ソフトをパソコンで操作する必要がある。自分の作品の世界観をつくり上げながら、現代の国内外の音楽ニーズを読み解くことも欠かせない。

「シンガーソングライター」について詳しく見る