【店員さんに聞く!】ペットを元気にする!? ペットフード販売員って?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

【店員さんに聞く!】ペットを元気にする!? ペットフード販売員って?

2016.07.01

提供元:マイナビ進学編集部

【店員さんに聞く!】ペットを元気にする!? ペットフード販売員って?

みなさん、「ナチュラルフード」という言葉を耳にしたことはありませんか? 健康志向が高まっていることもあり、年齢を問わず流行していますよね。
実はこの「ナチュラルフード」、ペット向けのものも販売されているんです! そこで今回、ペット用のナチュラルフード販売店で店員さんをしているYさんに、ナチュラルフードのメリットや、仕事の内容について伺ってきました!

犬が抱えている問題を見つけ出し、最適なフードを提案する

—仕事内容を教えてください。

防腐剤や酸化剤の入っていない「ドッグ用ナチュラルフードの販売」が主な仕事内容になります。私の働いているお店はドッグフードだけでなく、犬用シャンプーの販売やトリミングも行っています。そのため、トリミングサロンでシャンプーの手伝いをしたりすることもあります。

——お店にはどのようなお客様がくるのでしょうか?

お腹や皮膚の調子が悪いなど、飼い犬がなんらかのトラブルを抱えてしまっているというお客様が多いですね。

——来店したお客様にはどのような対応を行っているのですか?

基本的には、お客様とコミュニケーションを取り、飼い犬の症状改善に役立ちそうなフードの提案をします。例えば、尿路結石になってしまった犬の場合、「何を食べているか」「水はどのようにあげているか」などを伺い、原因になっていることがないか考えます。そこで出た問題点を改善してもらえるよう、お客様にしっかりと説明をした上で商品の提案を行います。

犬を連れて来てくださるお客様の場合は実際に犬をみながら判断ができるのですが、お客様のみの場合は会話の中から原因を汲み取ることが大事になってきます。そのため、様々な犬種の適正体重や特徴など、基本的な知識が必要になります。
知識があれば「その犬種にしては少し体重が重いようなので、ダイエットフードにしてみましょう」といったように、具体的な提案を行うことができますからね。

——Yさんがこの仕事に興味を持ったきっかけを教えてください。

私は犬のしつけやトレーニングを行う専門学校に通っていたのですが、そのときインターンとしてフード販売をしているお店に行く機会があったんです。そのお店ではじめて「ナチュラルフード」の存在を知り、興味を持ちました。
その後独学でフードについて勉強していたのですが、「もっとしっかりと知識をつけたい」と思い、今の会社に入りました。

犬が元気になる姿を見るのが最大のやりがい

——販売員をする上で大変な点はありますか?

「改善に対する断言ができない」ということですかね。もちろん根拠や自信があった上でお客様に提案を行うのですが、私たちは獣医ではないので「これを食べたら絶対に治ります」と断言することはできないんです。ナチュラルフードは薬ではなく、あくまで改善を促すためのものですからね。
そのため、提案が「押し付け」にならないよう、その境界に気を付けながら販売することが求められます。それがこの仕事の大変な点だと思います。

あとは、効果に個体差があるというのも大変な点ですね。「効果がでない!」と、すぐにフードを与えるのを止めてしまうお客様もいるのですが、人間と同じように犬にも個体差があります。なので、ときには飼い主の方をしっかりと説得することが求められます。これが仕事の中で特に大変な点だと思います。

——どんなときにやりがいを感じますか?

お客様に「おかげさまで犬が元気になりました!」と言っていただけたときはとてもうれしいですね。あとは、犬が飼い主様を引っ張って嬉しそうに店舗に入ってきてくれたときは「覚えててくれたんだ!」と思いうれしくなります(笑)。

知識が業務の幅を広げる

——販売員をする上で必要な資格などはありますか?

自分で店舗を持つ場合は「動物取扱業」の手続きが必要なのですが、スタッフとして働く場合は特に必要ないですね。
私は一応、グルーミングというカット・シャンプーをすることができる資格を持っています。これらは販売員として必須の資格ではないですが、持っていると業務の幅は広がりますね。


——では最後に、ペットフードの販売員に興味がある学生に向けてメッセージをお願いします!

資格をもっていなくても就ける仕事ですが、私は専門学校に通って良かったと思っています。それは「お客様からの相談」に柔軟にこたえられるからです。
メインはフード販売の仕事ですが、お客様から犬の飼い方やしつけなどについて相談される機会も多いんです。お客様の要望にしっかりとこたえるためにも、フードだけでなく、トレーニングやトリミングなどといったプラスアルファの知識があると良いと思います。

この仕事に限らず、「ペット関連の仕事に興味がある」という人は、専門分野だけではなく、幅広く勉強してみてください!


——ありがとうございました!


お客様の飼い犬を元気にする「フード販売員」という仕事。資格は必要ありませんが、フードだけでなく飼育や病気などの基礎知識も求められるということが分かりました。
「犬を元気にしたい」「動物の健康に関わる仕事がしたい」という思いがある方は、専門分野のみではなく、動物に関する様々な知識を学ぶといいかもしれませんね。

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「ドッグフードコーディネーター」
はこんな仕事です

愛犬は家族の大切な一員であり、その健康は飼い主の大きな関心事となっている。そして愛犬の健康を左右するものとして食べ物はとくに重要である。ドッグフードコーディネーターは、愛犬の食事の栄養バランス、与える分量、食事のリズムなどを総合的にコーディネートする仕事である。また、最近ではペットにも健康志向が高まっており、無添加のペットフードなども好まれる。常に最新の知識に基づいて、愛犬が健康に長生きできるよう、飼い主をサポートする。

「ドッグフードコーディネーター」について詳しく見る