高尾山さる園の園長さんに聞く! 日本猿の生態について

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

高尾山さる園の園長さんに聞く! 日本猿の生態について

2016.06.20

提供元:マイナビ進学編集部

高尾山さる園の園長さんに聞く! 日本猿の生態について

高尾登山に引き続き、今回は高尾山にあるさる園に向かった今福くん。
今年の干支にちなんで日本猿の生態についてお話を聞いてきました!

この記事をまとめると

  • サル園の一日について
  • サル園の飼育員のやりがい
  • 高尾山サル園の魅力について

さる園のボス、ネッシンは面倒見のいい5代目

今福くん:日本猿がたくさんいますが、サル園には何匹ほど飼育されているんですか?

園長さん:高尾山のさる園では50匹ほど飼育しています。
ちなみに今のボスはネッシンと言って、あそこにいる頭部が禿げた日本猿です。

今福くん:なんだかすごく貫禄がありますね。
猿山のボスと聞くと山のてっぺんに陣取るイメージなんですがサル園内でも縄張りなどはあるのでしょうか?

園長さん:野生ほどではありませんが、さる園内でも縄張りはありますし、ボスのテリトリーもありますよ。
今のボスのネッシンは5代目でして、彼は平成15年から今まで優れた行動力で仲間からも絶大な信頼を得るボス猿なんですよ。また、子猿たちの子守りをするなどの優しさや、面倒見の良さにも定評があるんです。

今福くん:面倒見がよくて統率力があるなんて、さすがボスですね。

園長さん:そうですね。歴代のボスたちはみんな各々の個性と独自の統率力で園内をまとめてきましたね。

さる園の一日は早朝から始まる

今福くん:さる園の1日を教えてください。

園長さん:さる園の1日は早朝から始まります。
というのも猿たちは日の出とともに起きて行動を始めるので、それに合わせて餌を与えています。
猿も人間と同様で空腹だとイライラしてしまい、喧嘩などを始めてしまいますからね。
ちなみに猿たちはとても耳がよく、我々が朝事務所の鍵を開ける音を聞き分けることができ、事務所に近づいた時点でソワソワし始める猿もいるんですよ。

今福くん:餌はどのようなものを与えているのでしょう?

園長さん:主に果物や野菜が中心ですね。
サツマイモやリンゴといったものなど、栄養のバランスを考えながら与えていまして、餌を食べ終わると猿たちは互いの毛繕いをするのが習慣になっています。
この毛繕いはグルーミングと呼ばれていて、主に愛情表現の一種と言われています。
猿たちはお互いに毛繕いをしあって、お互いに「敵意はありませんよ~」とのメッセージを伝え合っている意味があるようです。

今福くん:今ボス猿がほかの猿に毛繕いされているのは信頼されているあかしでもあるんですね!

園長さん:そうですね。ネッシンは面倒見がいいので、周囲の信頼も厚いボスなんです。

今福くん:あの……、先ほどから僕たちのことをにらんでいる? 猿たちが多い気がするのですが、警戒されているのでしょうか?

園長さん:そんなことはありませんよ。
猿たちにとって人間はおやつをくれる存在として見ているので、お客さんのだれがおやつを持っているかを識別して、いつもらえるのか注意深く待っているみたいですね。もちろん多少の警戒はあるのでしょうけど。

今福くん:ちゃんと猿たちも分かるんですね。
ちなみにおやつを食べすぎてしまったりはしないんですか?

園長さん:おやつの量については飼育員のほうで販売を制限し、管理しているので、その心配はありませんよ。それに人間と違って、猿に限らず動物は必要分食べると他の仲間に譲るので、一匹だけ食べすぎることはありません。
なので、猿におやつをあげたい方は早めにさる園に来てくださいね。

あとこちらをずっと見ているのはこの後に2度目の餌の時間がくるので、猿たちも
私の様子を見て待っているのかもしれません(笑)。
ちなみに2度目の餌は主に小麦や大豆など炭水化物が中心のメニューで、13時半ごろを目安に与えています。
餌の時間の流れをお話ししますと、3回目の餌はお客さんが帰った閉園後に与えては終了します。
私たち飼育員の仕事はさる園の清掃や体調不良の猿がいないかを観察するのが主な仕事になりますね。

今福くん:さる園内に入って行っているんですか?
危険とかはないのでしょうか?

園長さん:そうですね。猿たちはこちらから危害を加えない限り何かをしてくることはありません。もちろん、気が立っているときなどは避けて行うようにしています。

さる園のお仕事の魅力

今福くん:さる園の飼育員のお仕事の魅力を教えてください。

園長さん:猿たちの行動は毎日新しい発見がありますし、猿たちで1つの社会を形成しているわけですから、その関係性の観察や群れの統率を見ているのは本当に興味深いものがあります。
まるで人間社会を見ているようなドラマチックな関係性もありますし、ボスのネッシンはじめその取り巻きの様子も日々変化をしていきます。
もちろん猿たち、とくにボスのネッシンは私たち飼育員のことも非常によく見ています。
私たちが猿たちを飼育・管理できているのもネッシンが群れをまとめているのが非常に大きいです。
そういった猿と人間の信頼関係もこの仕事ならではの魅力です。

今福くん:ありがとうございます。
最後に高尾山さる園の見どころを教えてください。

園長さん:そうですね。
猿たちの行動は一匹一匹異なります。さる園にお越しいただいた際はぜひ私たち飼育員に気軽に話しかけてください。それぞれの猿のことや彼らの関係性など知ればきっと見え方も変わると思いますので。
皆さんのお越しを猿たちと一緒にお待ちしています!


さる園の猿たちはボスを中心に集団で生活しています。
私たち一人ひとりに個性があるように、猿たちにもそれぞれの個性があります。
猿たちのことを詳しく知りたいときはぜひ飼育員の方に声をかけてみてはいかがでしょう。
さる園ならではのエピソードがうかがえるかもしれませんよ。
また、こういった飼育員の仕事に興味がある方はまず生物学について学び、動物についてのより深い知識を付けてみてもいいかもしれませんね。

この記事のテーマ
動物・植物」を解説

ペットなど動物や観賞用の植物に関わり暮らしに潤いを提供する分野、食の供給や環境保全を担う農業・林業・水産業などの分野があります。動物や植物の生態や生育に関する専門知識を身につけ、飼育や栽培など希望する職種に必要な技術を磨きます。盲導犬や警察犬、競走馬、サーカスの猛獣などの調教・訓練や水族館や動物園で働く選択肢もあります。

「動物・植物」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「動物園の飼育係」
はこんな仕事です

動物園で動物を飼育する仕事。一人で数種類の動物を担当し、餌やり、健康状態のチェック、園舎の掃除などが基本的な業務となる。日々の動物の様子を観察・記録し、わずかな体調変化も見逃さないことが求められる。さらに、ユニークな展示方法で人気を集めるなど、動物の生態に即した環境を整えつつ、多くの来園者に動物の魅力を楽しんでもらえる企画を考えることも重要な仕事となっている。また、動物園で飼育する希少動物の繁殖に取り組むことも大切な役割である。

「動物園の飼育係」について詳しく見る