ネットでは〇〇を見ろ! 進路の情報収集に最適な方法

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ネットでは〇〇を見ろ! 進路の情報収集に最適な方法

2016.06.30

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

ネットでは〇〇を見ろ! 進路の情報収集に最適な方法

進路を考えるうえで大切なのが情報収集。学校情報だけでなく、どんな仕事があるのかなどアンテナを張っておくことが肝心です。実際に話を聞きに行ったり本を読んだりするほか、今ではネットも情報の宝庫。塾講師として働く社会人の方に、進路情報の集め方を聞きました。

この記事をまとめると

  • 志望校のサイトは常にチェックしておく
  • SNSは生の声がいっぱい聞ける
  • 基本の情報は本でおさえること

志望校のサイトは常にチェック

「行きたい学校のサイトはこまめにのぞいておきましょう。説明会や入試案内だけでなく、さまざまなイベント情報も載っています。興味がある講演などに行ってみると、勉強のモチベーションアップにもつながります」

学校のサイトは頻繁に情報が更新されているところも多いもの。情報を見落とさないように気をつけたいですね。また定期的にチェックすることで、合格したい気持ちが高まって勉強のやる気もあがりそうです。

SNSは生の声がいっぱい!

「今ではSNSで学生のプライベートをのぞくことができます。興味がある学校名で検索をかければ、リアルなその学校の学生像がわかる場合があります。ただ、個人差もあるのでその意見だけで良し悪しを決めてしまわないほうがいいと思います。あくまでも参考程度に見てみるといいです。また先生のアカウントを見てみると、興味がある学問の情報がチェックできるかもしれません」

今ではSNSで実際に通っている生の学生の声が聞けるもの。ただ、いいことばかりが書いているとは限らないので、あまり真に受けず参考程度に留めておくのが正解のようです。

基本の情報は本にアリ!

「ただ、ネットでは情報が流動的であったり、信憑性に欠けるものも少なくありません。学校情報や仕事の内容といった基本的な情報は本で調べたほうがいいと思います」

ネット社会といえども、本の情報は侮れないもの。基本的な情報は本などでチェックし、ネットを補足として活用するのがいいのかもしれません。


情報収集の仕方は、何が知りたいかによっても変わってきます。基本的なことは本、本音が聞きたいならばSNS、モチベーションアップには学校のサイト……とうまく使い分けることが肝心です。もちろん、先輩や社会人と話してみるのも大切。いろいろなところにアンテナを張って、進路を決める参考にしてみてくださいね。