アパレル店員が伝授! 上手なコーディネートのポイント

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

アパレル店員が伝授! 上手なコーディネートのポイント

2016.06.29

提供元:マイナビ進学編集部

アパレル店員が伝授! 上手なコーディネートのポイント

気に入って買った服なのに、実際に着てみたらイメージと違った……なんて経験ないでしょうか。もしかしたら、それはコーディネートの問題なのかもしれませんよ。アパレル店員さんに上手なコーディネートをするためのコツを聞いてみました。

この記事をまとめると

  • ファッションのシルエットにこだわること
  • 素材にもこだわるとグッとおしゃれな印象に
  • 店員さんに相談するのも〇

シルエットにこだわる

「コーディネートの際に侮れないのが全身のシルエット。全体がだぼっとしていると、スタイルが悪く見えるだけでなく、なんとなく垢抜けない印象になってしまう恐れもあります。ゆったりしたトップスはベルトを使用したり、ボトムにINするなど、ウエストを強調させましょう。また、女性は肌色を隠しすぎると重たい印象になりがち。手首や足首といった、細いパーツは積極的に見せるのがポイントです」

シルエットが美しいとそれだけでスタイルがよく見えてかっこいい印象になります。だぼっとしたファッションもかわいいですが、うまく着こなすにはそれなりにセンスが必要かもしれません。鏡をチェックしながら、全身のバランスを考えましょう。

素材の組み合わせも重要

「そして意外と忘れがちなのが、洋服の素材。とくに、季節の変わり目は気をつけてほしいポイントです。たとえば『デニムonデニム』って、うまく組み合わせるにはテクニックが必要ですよね。
初心者の人は、洋服の生地を上下違う素材にしたほうが無難です。デニムだったら、ふんわりしたブラウスのトップスを合わせたほうがバランスもとりやすいもの。なるべく上下の素材の違いが分かりやすいほうがしっくりきますよ」

同じ素材だと統一感が生まれるかと思いきや、セットアップの商品でもない限りうまく合わせるのは意外とオシャレ上級者でなければ難しいかも。素材が違うほうが、メリハリのある着こなしになりそうですよね。

買う前に店員さんに相談を

「それでも、『だぼっとしたシルエットが好き』『同じ素材でまとめて着こなしたい』ということもあると思います。そんなときは洋服を購入する前に、『このアイテムだったらどうやって着ればいいと思いますか?』なんて店員さんに聞いてみるのはどうでしょうか。持っているアイテムを聞きながら、きれいに見える組み合わせを提案してくれると思います」

たしかに買う前に店員さんに相談してみれば解決しそうです。そのほか「買い物のときに、普段からよく着ている服でいくと合う・合わない、を判断することができます」とも。お家に帰ってからコーディネートに悩むよりも、お店で解決してしまったほうがいいですよね。


コーディネートのポイントは全体のバランス。店員さんは、アパレルで働いているうちにファッションセンスも磨かれるようです。アパレルで働くようになれば、みんなから憧れられるセンスが身につくかも!? 興味がある人は、店員さんのファッションにも注目してみると勉強になりそうです。

この記事のテーマ
生活・服飾・美容」を解説

生活・服飾・美容の分野には、生きていくために必要不可欠なものだけではなく、それによって生活がより豊かで快適になることを目的としているものもあります。たとえば生活学では、だれもが安全で快適に暮らせる空間を実現するために、ユニバーサル・デザインの研究を行います。服飾や美容は、トレンドや利用者によって多様化するニーズに対応するために、素材、色、デザイン、施術方法など、あらゆる角度から美を追究しています。

「生活・服飾・美容」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「服飾・被服学」
はこんな学問です

服飾について専門的に学び、より優れた服飾を追究する学問。世界各地の服飾文化について、歴史や存在意義、機能性などを分析し、科学的な視点から服飾文化の向上や創造に役立てるのが主な目的。デザイン、縫製など服飾造形の技能を追究し、習得する「プロダクトデザイン分野」、繊維の性質や加工、管理を学ぶ「テキスタイル化学分野」、商品流通や消費を研究する「消費科学分野」のほか、文化財となる服飾品の保存を学ぶこともあり、領域は幅広い。

「服飾・被服学」について詳しく見る