芸能人になりたい人必見! 「どうやってデビューしたの?」

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

芸能人になりたい人必見! 「どうやってデビューしたの?」

2016.06.29

提供元:マイナビ進学編集部

芸能人になりたい人必見! 「どうやってデビューしたの?」

モデルや俳優、アイドルといった芸能人。その世界に憧れる人も少なくないものです。芸能界に入った最初のきっかけはなんだったのでしょうか。芸能活動をしている大学生に聞いてみました。

この記事をまとめると

  • オーディションに応募して
  • スカウトされるのを待っていた人も
  • ミスコンやスナップもデビューのきっかけ

オーディションに応募

・「昔からモデルの仕事に興味があったけど、住んでいるところが地方だったのでチャンスもなく……。大学に進学して上京したタイミングで、自分からオーディションに応募するようになった。いくつか応募したうちの一つに合格したので、今は大学に通いながらレッスンに通っている」(19歳/女性)

・「大学に入学して最初の夏休み。やることもなく、いろいろチャレンジしようと思ったことの一つがモデルの仕事。ネットでオーディションをしている仕事を調べて応募した」(22歳/男性)

ネットや雑誌にはさまざまなオーディションの募集が載っています。興味があるならば、待っているだけでなく自分からチャレンジしたほうがチャンスは増えますよね。

スカウトされて

・「友達と買い物していたところをスカウトされた。友達はあまり興味を示さなかったけど、自分はちょっと気になっていたので後日詳しい話を聞きに行き、正式にその事務所に所属することを決めた」(19歳/男性)

・「スカウトされたくて、都内で有名なスポットにはよくウロウロしていた。そこでスカウトされた中の、一番よさそうなプロダクションに所属した。デビューのきっかけを聞かれたときは『スカウトされた』と答えるものの、狙ってやっていたからわりと知能犯かも(笑)」(20歳/女性)

たまたま歩いていたところをスカウトされた人から、スカウト待ちだったという人まで。いずれにせよ、有名なスポットにはスカウトマンもけっこう多いようですね。

大学のコンテストや雑誌のスナップがきっかけ

「大学のミスターコンテストに選ばれたから。それまでは一切芸能活動をしていなかったけど、個人的にモデルのオファーがくるようになった」(22歳/男性)

「たまたま雑誌のスナップに載ったことがきっかけだった。今でもとくに事務所に所属しているわけではないけど、SNSを通して時々仕事の依頼がくる」(24歳/女性)

芸能人になるには、芸能事務所やプロダクションに所属するイメージも強いかもしれません。しかし、個人で活動してデビューに至ったというケースも意外と少なくないようです。


芸能界という華やかな世界。しかし、そのデビューのきっかけは、意外と地道な努力による人も多いようです。芸能の仕事に興味があるならば、自分から積極的に動いてみることが大切かもしれませんね。

この記事のテーマ
広告・出版・マスコミ」を解説

情報を収集・編集し、おもにマスメディアを通じて発信する業界です。放送や新聞は情報を伝達する仕組みの管理・運営も行います。権力を監視したり、社会の不正を明らかにしたりするジャーナリズムとしての機能を担ったり、エンターテインメントを広く提供したりするなど、メディアにより役割はさまざま。一般の人が触れられない情報に接し、社会への影響力も大きいため、高い倫理観が求められます。

「広告・出版・マスコミ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「芸能・エンタテインメント」
はこんな業界です

テレビ・映画・演劇・音楽業界などで多種多様なパフォーマンスを提供し、娯楽を与える芸能・エンタテインメント。一般的にはメディアなど、表舞台で活躍する人たちを総称し、芸能人と呼ばれることが多いが、その裏方でそれらの人たちを支える大勢のスタッフも芸能・エンタテインメント業界の一員だ。また、コンピュータグラフィックス(CG)で描かれ、ネット上で活動するバーチャルアイドルなど、エンタテインメントは人とデジタルとの競合も見逃せない。

「芸能・エンタテインメント」について詳しく見る