意外と知らない!? 公営ギャンブル選手の年収がスゴイ

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

意外と知らない!? 公営ギャンブル選手の年収がスゴイ

2016.06.24

提供元:マイナビ進学編集部

意外と知らない!? 公営ギャンブル選手の年収がスゴイ

子どもの頃、多くの人が憧れる職業といえば、スポーツ選手ですよね。
野球やサッカーを筆頭にいろいろとありますが、プロといっても一流にならないと収入が少なく生活が厳しい場合が多くあります。
そんな中、平均年収が高いといわれている職業があるのをご存知でしょうか?
それは公営ギャンブルです!
今回は未成年には未知の領域、公営ギャンブルの世界をご案内します。

この記事をまとめると

  • 公営ギャンブルの選手の平均年収は1,000万円を超えている
  • 選手になるには全寮制の養成学校で厳しい訓練を受けなくてはならない
  • 選手の収入はレースの賞金次第で天と地の開きがある

公営ギャンブル選手の平均年収は意外に高い!

公営ギャンブルとは、中央官庁が統括している財団や地方公共団体など、公的機関が運営している賭博スポーツのことです。競馬・競輪・ボートレース(競艇)・オートレースの4つがあり、全て競走競技です。
各公式サイトで確認できる情報によると、気になる選手たちの収入は、競輪の賞金平均取得額が約1,000万円、ボートレースは平均年収が約1,600万円、オートレースは平均年収約1,250万円と軒並み1,000万円を超えています。
選手たち(競馬の場合は馬)はランク分けされていますが、初級ランクであっても、確認できる競輪、ボートレースの場合は平均約500万
円です。*もちろん例外もありますが、それでも一般的な企業に比べればかなり高額だといえるでしょう。
では、そんな公営ギャンブルの選手になるにはどうしたらいいのでしょうか。

養成学校に入り、厳しい訓練を受けなければ選手にはなれない!

公営ギャンブルの選手になる方法は、各運営団体が指定している選手養成学校を卒業し、最終試験に合格することです。
養成学校の制度はそれぞれ違いますが、共通する特徴として応募資格に体重や視力の規定があること、身体能力の試験があること、学校は全寮制で生活を管理されることがあげられます。
イメージとしては学校というより強化合宿です。最短はオートレースの9カ月、最長は競馬の3年間、みっちりと技能と知識を習得します。
競輪にいたっては、起床から就寝まで徹底してスケジュール管理され、服装は指定のものだけ、携帯やインターネットは使用不可、外出も許可日のみという軍隊並の厳しさ。
なぜこんなに厳しいのでしょうか。それは公営ギャンブルの競技は、事故を起こせば人命にかかわる大惨事になるものばかりだからです。実力だけでなく、自身と他選手の命を守るための知識と技術を学ばなければ、選手となることは許されません。

勝たねば増えない! 収入は完全な実力主義

選手になってからも、厳しい部分はあります。
選手たちの収入は、運営団体から支払われる日当や参加手当、宿泊費、交通費など各種手当て以外はほとんど賞金です。
レースで入賞すれば賞金を獲得でき、成績によって上位ランクに上がれます。
上位ランクほど賞金額が高いレースに出場することができるようになるので、勝てば勝つほど収入が増えます。たとえば2014年のオートレース賞金王は1億1,077万円獲得しています。逆をいえば、勝てなければ収入は低いままで、昇給など見込めません。
まさしく実力次第で収入に天と地ほど差が出る職業なのです。

いかがでしたか?
平均年収が高い公営ギャンブルの選手たちですが、養成学校での厳しい訓練が必要ですし、勝負の結果が収入に直結する完全実力社会です。
やはり高収入な職業は、それなりの苦労がついてきますね。
しかし結果に対して確実な見返りがあるという点は、月給制の職業にはあまりない魅力でしょう。公営ギャンブルの選手は厳しい世界ですが、全力で挑むに値する夢と報酬がある職業といえます。


【参考サイト】
*収入について
JKA「日本競輪学校案内」p.13「2014年級班別賞金総額及び平均取得額」のデータから計算
http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/nkg/book/index.html#page=1
Boat Race Official Web「ボートレーサーという職業とは」「クラス別平均収入(平成25年次)」のデータより
http://www.boatrace.jp/racerbosyu/about_racer/index.html
JKA「オートレーサーパスポート」「オートレース選手Q&A」の回答より
http://autorace.jp/news/2015/0821_info/images/passport.pdf

Japan Racing Association「競馬学校」
http://www.jra.go.jp/school/index.html
JKA「日本競輪学校案内」
http://keirin.jp/pc/dfw/portal/guest/nkg/book/index.html#page=1
Boat Race Official Web「ボートレーサーという、生き方」
http://www.boatrace.jp/racerbosyu/index.html
JKA「オートレーサーパスポート」
http://autorace.jp/news/2015/0821_info/images/passport.pdf

この記事のテーマ
健康・スポーツ」を解説

スポーツ選手のトレーニングやコンディション管理に関わる仕事と、インストラクターなどの運動指導者として心身の健康管理やスポーツの有用性を広く一般に伝える仕事に大別できます。特に一般向けは、高齢化の進展や生活習慣病の蔓延が社会問題化する中、食生活や睡眠も含めて指導できる者への需要が高まっています。授業は目指す職業により異なります。

「健康・スポーツ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「プロスポーツ選手」
はこんな仕事です

野球やサッカー、ゴルフ、ボクシングなど多種多様なスポーツ分野で、プロとして活躍する仕事。試合や大会でよい成績を残せるように日々トレーニングを積む。また、けがや病気をしないように体調管理をすることも仕事の一つだ。実力主義の面が大きく、結果を残すためには厳しい競争が待っているが、一流選手になると世間からの注目が高まり、やりがいに直結するだろう。プロスポーツ選手になる方法は競技によって異なるが、スカウトされるケースや入団テストを受けるケースが一般的。また、ボクシングなどはライセンスが必要になる。

「プロスポーツ選手」について詳しく見る