静岡は毛穴が目立つ県!? 若い間にお肌を守る方法を紹介!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

静岡は毛穴が目立つ県!? 若い間にお肌を守る方法を紹介!

2016.06.23

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

静岡は毛穴が目立つ県!? 若い間にお肌を守る方法を紹介!

静岡県は気候も温暖でとても環境が良い地域です。しかし、近年驚くべき事実が明らかになりました。それは、静岡県は日本一毛穴が目立つ県だということです。自然豊かな静岡県で一体何が起こっているのでしょうか? 今回は、日本一毛穴が目立つ県といわれる原因、さらにお肌のお手入れ方法についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 静岡県は山が多いので、風が入りやすい
  • 富士山に近くなるほど、熱風を受ける割合は大きくなる
  • 今すぐ実践できる綺麗な肌を維持する方法が分かる

静岡県は風が入りやすい地形

静岡県は、風も心地よく気候が良いため、熱海や伊東をはじめ別荘地としても有名です。静岡県の南側は太平洋に面しており、風が入りやすい特性を持っています。普通であれば、風は北側に吹き抜けていくのですが、北側には富士山、南アルプスなど高い山がたくさんあり山脈で連なっているので、風が山脈にぶつかります。そのため、山にぶつかった風が南側に戻ってきます。しかも、日本海側から吹く風も山脈によって、あまり入ってきません。こういった静岡県の地形が、暖かい風を作り出しやすくするのです。

暖かい風を浴びると肌に悪影響を与えやすい

暖かい風を浴び続けることで、肌にダメージを与えることになります。理由は、毛穴の開きが大きくなるため。毛穴の開き具合が大きくなると、ちりやほこりなど「不純物」が入りやすくなります。毛穴が開きっぱなしの状態が続くほど、どんどん不純物が入り肌へのダメージが蓄積され、シミ・そばかすの原因に。ひどい場合は炎症が起こり、肌が赤くなることもあります。

簡単! キレイなお肌を維持・改善する方法を紹介

キレイなお肌を維持する方法・お肌を改善する方法をしっかり実践することで、毛穴を目立ちにくくすることも可能です。ポイントは3つ。一つ目は、ビタミンC誘導体が含まれた化粧水の使用です。毛穴が目立ちやすい人は、皮脂分泌量が多い傾向があります。ビタミンCは皮脂を抑える役割を持っているので、効果抜群ですよ。二つ目は、固形石鹸で洗顔すること。古い皮脂などの汚れをさっぱりと落とすことができ、新陳代謝を促してくれるので、肌が滑らかになりますよ。成分をチェックして、「石鹸素地」のみでできている石鹸にしましょう。乾燥肌や混合肌の方は、さらにグリセリンやスクラワンなどの保湿成分が含まれたものがオススメです。三つ目は、必ず寝る前には化粧を落とすこと。そうすることで、お肌にダメージを与えづらくなり、毛穴が開きにくくなるのです。

お肌は、スキンケアによって、きれいな状態を維持することができます。今回は、顏を中心に紹介しましたが、身体のほかの部分についても極めたいと感じた人は、美容関連の学校で勉強することをオススメします。お肌で悩んでいる人はたくさんいるはず。美容の知識を身につけ、多くの人の役に立つ仕事をするのも良いでしょう。


【参考サイト】
NHKオンライン
https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/800/222146.html
ドクターシーラボ
http://www.ci-labo.com/onayami/skincare/hikishime/article/00000092/
日刊美容液新聞
http://bijin-essence.com/3449
顔のたるみ研究所(ドクターシーラボ)
http://www.tarumi-labo.com/special/40/

この記事のテーマ
生活・服飾・美容」を解説

生活・服飾・美容の分野には、生きていくために必要不可欠なものだけではなく、それによって生活がより豊かで快適になることを目的としているものもあります。たとえば生活学では、だれもが安全で快適に暮らせる空間を実現するために、ユニバーサル・デザインの研究を行います。服飾や美容は、トレンドや利用者によって多様化するニーズに対応するために、素材、色、デザイン、施術方法など、あらゆる角度から美を追究しています。

「生活・服飾・美容」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「美容」
はこんな学問です

メイクアップ、ヘアメイク、ネイルアート、ファッションコーディネート、着付けなど、人の美容からフローラルデザインまで、美を創作する知識と技術を学ぶ分野と、ファッション、アートをビジネスとして捉えて商品開発の理論や手法を学ぶ分野に大きく分けられる。学校によりインテリアなどの製品デザイン分野や、エステティックなど美容健康分野、モデルなど芸能分野に進むための学習など、幅広く学べるケースもある。

「美容」について詳しく見る