知らなかったじゃ済まされない! 気を付けたい自転車のルール

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

知らなかったじゃ済まされない! 気を付けたい自転車のルール

2016.06.15

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

知らなかったじゃ済まされない! 気を付けたい自転車のルール

「道路交通法」という法律は、「自動車のルールを定めたもの」だと勘違いしてしまいそうですが、実は自転車のルールも規定されています。ルールを知らずに自転車を運転していると、予想以上の罰則を受けてしまうかもしれません。

この記事をまとめると

  • 道路交通法の改正で大きく変わる自転車運転のルール
  • 普段気を付けなければならない項目も多数
  • 普段の生活に潜んでいる自転車運転の危険性

道路交通法改正により自転車の罰則はより厳しくなった

自転車は気軽な乗り物です。高校に自転車通学している人もいるかと思いますが、道路交通法をチェックしたことはありますか? 「二人乗りは禁止」くらいはご存知かもしれませんが、それ以外にも細かい罰則規定があります。とくに2015年5月1日の道路交通法改正により、自転車の取り締まりがより厳しくなりました。悪質な違反をくり返す人には、罰則はもちろん、自転車運転者講習の受講を義務付けています。

参考サイト:
http://www.jaf.or.jp/qa/accident/responsibility/13.htm

それでは高校生がとくに気をつけておきたい、自転車のルールと罰則を紹介します。

信号無視

3ヶ月以下の懲役、または5万円以下の罰金

信号無視は懲役の可能性もある違反です。いつも無意識に信号無視をしている場合は、いま一度マナーを見直しましょう。

並進通行

2万円以下の罰金、または科料(かりょう)
科料:財産刑の一種であり、受刑者の財産を強制的に徴収する刑罰をいう。日本の現行刑法では、1000円以上1万円未満とされており、比較的軽微な犯罪に対して科される。

仲の良い友だちと自転車を並べて通学することもあるかもしれませんが、それはルール違反です。自転車がからまって事故になるリスクも高まりますので注意してください。

右側通行

3月以下の懲役、または5万円以下の罰金

自動車と同様に、自転車も左側通行です。車に対抗するように運転するのはルール違反で、事故のリスクを高めますのでくれぐれも注意してください。

無灯火運転

5万円以下の罰金

夕方以降は必ずライトをつけて運転しましょう。そもそもライトを設置していない人、故障したまま放置している人は罰金の対象になりますので、すぐに対策を打ちましょう。

傘さし運転

5万円以下の罰金

実は傘さし運転もルール違反です。ただし、交通量の少ない閑散とした場所では違反になりません。違反か、違反じゃないかが個人の判断に委ねられる部分もありますので、雨の日はできるだけカッパを利用しましょう。

二人乗り

2万円以下の罰金又は科料

二人乗りは絶対にやめておきましょう。罰則があることはもちろんですが、事故のリスクを高めるからです。二人乗りでふらふらしていると、思わぬところで大事故を起こす可能性もあります。

参考サイト:
http://www.pref.kyoto.jp/fukei/kotu/koki_k_t/jitensha/


以上のように、普段何気なく行っている自転車運転も罰則の対象になってしまいます。特に雨の日の傘さし運転のように、悪天候の日や急いでいるときに事故の危険性はさらに高くなります。
自転車も一歩間違えば自分の命や他の人の命を奪うことにもなるので、毎日の安全運転を心がけていきましょう。
今回紹介した交通のルールに興味がある方は「法学」の学科に進学すると、より深く学ぶことができますよ。

この記事のテーマ
法律・政治」を解説

国家は通常、多数の国民によって構成されています。それぞれ考え方が異なる国民をひとつの国家としてまとめようと考えれば、法律によって義務や権利を定め、政治(行政)によってそれらをきちんと運用していくことが必要になります。歴史上、多くの国家がこうしたことを目指し、あるものは成功してあるものは失敗してきました。どのようなときにあっても、道しるべとなるべき法曹家や政治家や評論家などの専門職は不可欠です。

「法律・政治」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「法学」
はこんな学問です

法学の研究領域は広い。憲法、民法、刑法に刑事・民事の両訴訟法と商法(大部分は会社法に移行)を合わせて六法と呼ぶが、これらは重要な法律のごく一部にすぎない。法学では、限りなく追加されていく法律を覚えるのではなく、それらの法律が生み出される原理と法律を活用して社会問題を解決するための思考法を学ぶ。また、法律は時代や社会制度とも密接に関係しており、社会問題についての最新情報も常にアップデートしておく必要がある。

「法学」について詳しく見る