恋愛の神様・西野カナもオススメ! 三重県が今、恋カツの聖地と呼ばれる理由って?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

恋愛の神様・西野カナもオススメ! 三重県が今、恋カツの聖地と呼ばれる理由って?

2016.06.22

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

恋愛の神様・西野カナもオススメ! 三重県が今、恋カツの聖地と呼ばれる理由って?

リアルな恋愛模様を表現した歌で、10代を中心に人気を集めているシンガーソングライター・西野カナさんの出身地としても知られる三重県。彼女いわく、県内には”恋愛に効く”とされるパワースポットが多いそう。三重県を知ることで、恋愛成就のヒントが見つかるかも!

この記事をまとめると

  • 三重県の伊勢神宮は恋愛にご利益があるパワースポット
  • “恋に効く”神社がわかる
  • “恋愛のパワースポット”には史実などの背景がある

由緒正しき伊勢神宮 じつは恋愛成就を願う女子からも大人気!

三重県といえば、「お伊勢さん」と呼ばれ親しまれる伊勢神宮があることで知られていますね。伊勢神宮は日本に存在する全ての神社のトップ「本宗」であるため、「日本で一番由緒のある神社」といわれています。また、「日本随一のパワースポット」としても知られることから、参拝地としても大人気。

そんな伊勢神宮には、「お参りすると恋愛がうまくいく」というジンクスがあります。そう、”恋愛に効くパワースポット”としても有名なのです。伊勢神宮にはぜんぶで125もの社宮があるのですが、なかでも恋愛成就を望む女子にオススメなのが、内宮の「月讀宮(つきよみのみや)」。ここのご祭神は、月を読むと記すように、月の満ち欠けを数え暦を司る神であることを意味します。なんともロマンチックですよね。ここは夫婦や若い女性に人気で、夫婦神が祭られていることから縁結びや恋愛成就のパワーをもらえると人気です。

ここぞ“縁結びのメッカ”!? 最強の恋愛パワースポット

三重県には伊勢神宮以外にも、“恋に効く”最強の神社があります。それは、鈴鹿市内にある「椿大神社」。道しるべの神「猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)」と、その宮妻である「天之鈿女命(あめのうずめのみこと)」が祭られていますが、「天之鈿女命」は縁結び・夫婦円満の守護として古くから知られています。また、「椿大神社(つばきおおかみやしろ)」は神様の前で愛を誓う「神前結婚式」を行う場としても人気。古くからの言い伝えに加え、多くのカップルが永遠の愛を誓ってきた場所とあれば、ますます恋愛面でのご利益が期待できそうです。

夫婦円満を象徴? 仲良くならぶ「夫婦岩」

次にご紹介するのは、「夫婦岩」で知られる二見輿玉神社(ふたみおきたまじんじゃ)。夫婦岩というのは海面から顔を出した高さ9mの男岩と高さ4mの女岩が注連縄(おおしめなわ)で結ばれたもので、まるで固い絆でむすばれた夫婦の姿を象徴しているかのようにも思えます。そして、二見輿玉神社は、夫婦岩から沖合700mの海中に沈んでいる猿田彦大御神ゆかりの輿玉神石(おきたましんせき)を拝する神社です。この輿玉神石は、常世の国から神がよりつく聖なる処と言われてきたとか。

最後にご紹介するのが、川上山若宮八幡宮(かわかみさんわかみやはちまんぐう)です。
雲出川(くもずがわ)の水源に鎮座する日本最古の若宮八幡宮(わかみやはちまんぐう)であり、御祭神として知られる磐之媛皇后(いわのひめこうごう)は、臣下からはじめて皇后の位に上がられた方だとか。情操豊かな女性だった皇后を慕って、今もなお良縁や開運を求めて参拝者が訪れています。

ここまで紹介した神社のように、三重県が有する“恋愛のパワースポット”は、古くからの言い伝えや歴史に紐づいたものが多く見受けられます。“恋愛のパワースポット”と呼ばれる背景には、さまざまな史実があるという点が面白いですね。こうした言い伝えや歴史をもっと知りたいという方は、歴史学を学んでみてはいかがでしょうか?


【参考サイト】
伊勢神宮
http://www.isejingu.or.jp/index.html
椿大神社
http://tsubaki.or.jp
観光三重
https://www.kankomie.or.jp/spot/detail_2231.html
川上山若宮八幡宮
http://www.wakamiya.info/about/yuisho.html
http://www.wakamiya.info/about/index.html
伊勢神宮が大好き!
http://isejinguuu.com/worship-way/

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歴史学」
はこんな学問です

歴史学とは、対象とする大陸・国・地域などにおいて、過去に起こった物事を取り上げ、当時それがどのような意味を持っていたのかを、残された物や建造物、文章などから研究する学問である。ただ、資料を正確に読み取るだけではなく、事実かどうかを疑い、踏み込んで検証する批判的視点も重要である。歴史学の基本的なラインナップには、日本史、東洋史、西洋史、考古学がある。また、政治制度・経済活動・芸術文化・信仰宗教などに特化した考察も行う。

「歴史学」について詳しく見る