制服を着たい女子高生の夢を叶える! 長野県JK発案のかわいい制服ブランド

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

制服を着たい女子高生の夢を叶える! 長野県JK発案のかわいい制服ブランド

2016.06.21

提供元:マイナビ進学編集部

制服を着たい女子高生の夢を叶える! 長野県JK発案のかわいい制服ブランド

長野県の公立高校のうち約4割は指定制服のない私服通学高校です。でも高校生のうちは、可愛い制服を着たいですよね!
そんな長野県には、女子高生がプロデュースして作っている制服があるというのです。一体どのような制服なのでしょうか?

この記事をまとめると

  • 「Sweet Teen」は長野県の女子高生たちが手掛けたブランド
  • 主な仕事は「商品開発・広報活動・販売活動」
  • 実用性を兼ね備えたキュートなデザインに注目

女子高生が作った「制服」

「Sweet Teen」(スイートティーン)は、長野県限定の制服ブランドです。長野県の女子高生たちが、等身大の感覚で可愛いと感じる制服を作っています。可愛くてオシャレな制服が着たいというJKは、「Sweet Teen」で自分好みの制服を見つけることができるかもしれませんね。

コンセプトは「きちんとかわいく」。制服のキリリとしたきちんと感だけでなく、可愛さだってあります。女子が好きなピンクやブルーの色使いや、細身でスッキリきれいなラインのブレザーなど、着やすくて可愛いデザインが多いです。

ブレザー、スカート、カーディガンやベスト、カッターシャツといった定番アイテムのほかに、ネクタイやリボン、ソックスやスクールバッグなどのアクセサリーもあります。
長野県内では、東急百貨店やイオン、イトーヨーカドーなどさまざまなお店で、Sweet Teenの制服を買えるので、ぜひチェックしてみてください。

プロジェクトメンバー「Sweet Teen」ってどんなことやるの?

「Sweet Teen」のメンバーは1年生9人、2年生7人、3年生7人の計23人、すべて高校生です。ちなみにメンバーは、制服のプロデュースだけでなく、長野県を元気にするさまざまな活動を展開しています。商品企画のほか、広報活動(パンフレット・ポスターのモデル・テレビCMの撮影)販売活動(店頭販売)などにも参加する彼女たち。卒業式、入学式シーズンには、店頭販売も行っています。バレンタインにはデコチョコをプロデュースしたことも。どれも、学校では体験することのできない活動です。

ダンス部や文化部のパフォーマンスなど、特技や趣味を生かした活動も行っているそう。例えば長野県のCMでは、彼女たち自身が出演して、キレのあるダンスを披露しています。

といっても、彼女たちは、本当にごくごく普通の女子高生。公式ブログを見ていただくとわかると思いますが、プリクラを撮ったりスイーツを食べながら友だちとおしゃべりしたり。リアルな高校生活を送っていて「普通」の感覚も持っている彼女たちだからこそ、女子高生の、制服へのニーズをキャッチできるのでしょう。

商品のこだわり

「Sweet Teen」は、色の種類が豊富なだけでなく、ネクタイやリボンの種類も豊富です。リボンだけでも、ストライプやチェック、ドット、ワンポイントなどデザイン豊富。組み合わせも人によってさまざまだから、自分らしい制服に仕上がること間違いなし。

着ているだけでテンションが上がりそうな、さまざまな工夫にも注目です。例えばブレザーの裏地がピンクだったり、バッグのチャック部分がハートだったり。細かいところまで手を抜きません。こういったことにも、彼女たちの声が反映されているのです。スクールバッグも、軽くて柔らかいし、大きく開くから、教科書だけじゃなくて、お菓子もたくさん入っちゃうとか。実用性も兼ね備えたデザインは、さすがです。夏には、紺と白のコントラストが爽やかなセーラー服もあります。もちろんラインやシルエットにこだわっているので、一度試着してみてはいかがでしょう?

「Sweet Teen」の彼女たちも、商品開発を通して、生地や色合いが違うだけでも服の印象がだいぶ変わることに気が付いたはず。みなさんの中にも「Sweet Teen」のように洋服をデザインしたい、作ってみたいと感じた人はいませんか? もし、そう思ったら衣服のことを基礎から学ぶ、服飾学部がオススメです。他にも、デザインから企画までファッションを通してのライフスタイルデザインを学ぶことができるファッションデザイン学などもありますよ。オシャレに関連した学部はさまざまあるので、自分の興味のある学部の資料を見てみてはいかがでしょうか?


【参考サイト】
http://sweetteen.naganoblog.jp/d2015-01.html
http://sweetteen.jp/

この記事のテーマ
生活・服飾・美容」を解説

生活・服飾・美容の分野には、生きていくために必要不可欠なものだけではなく、それによって生活がより豊かで快適になることを目的としているものもあります。たとえば生活学では、だれもが安全で快適に暮らせる空間を実現するために、ユニバーサル・デザインの研究を行います。服飾や美容は、トレンドや利用者によって多様化するニーズに対応するために、素材、色、デザイン、施術方法など、あらゆる角度から美を追究しています。

「生活・服飾・美容」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「服飾・被服学」
はこんな学問です

服飾について専門的に学び、より優れた服飾を追究する学問。世界各地の服飾文化について、歴史や存在意義、機能性などを分析し、科学的な視点から服飾文化の向上や創造に役立てるのが主な目的。デザイン、縫製など服飾造形の技能を追究し、習得する「プロダクトデザイン分野」、繊維の性質や加工、管理を学ぶ「テキスタイル化学分野」、商品流通や消費を研究する「消費科学分野」のほか、文化財となる服飾品の保存を学ぶこともあり、領域は幅広い。

「服飾・被服学」について詳しく見る