なぜ柿が好き? 一つの果物から分かる岐阜県の歴史

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

なぜ柿が好き? 一つの果物から分かる岐阜県の歴史

2016.06.21

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

なぜ柿が好き? 一つの果物から分かる岐阜県の歴史

柿の消費量が日本で最も高いのは岐阜県。この順位はたまたまではなく、同県は柿の名産地としても一つとしても知られています。ここでは、柿の栄養素や、岐阜発の名産「富有柿」の歴史についてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 岐阜県の柿の消費量は全国1位!また柿の名産地でもある
  • 柿は栄養素満点の果物。美容のために食べてもよし
  • 岐阜県民の柿好きも頷ける。岐阜県発祥のこだわり「富有柿」の歴史

岐阜県の柿の消費量と生産量は、どのくらい?

年間の柿消費量の全国平均は2,821g。柿1個を約230gとすると、全国平均では年に約12個程度が食べられていることになります。この数字に対して、岐阜県での柿消費量は8,250g。年に約36個で、全国平均の約3倍にもなるんです。

岐阜県の人って、柿が好きなんですね。皮をむいて食べるだけでなく、柿なますにしたり、柿ジャムにしたりと、実はいろいろな食べ方もあります。柿を使った代表的な和菓子である柿羊羹の他にも、干し柿の栗きんとんを入れた栗柿などのお菓子もあります。

柿の消費量全国1位の岐阜県ですが、収穫量も多く全国で5位。1位は和歌山県で、伊都地方は柿の名産地として有名です。2位は奈良県、3位は福岡県となっています。実は柿は沖縄を除くすべての都道府県で生産されていて、ポピュラーに栽培されている果物の一種なんですよ。

柿は栄養素満点、干し柿は水分が抜けて格別な甘さ

柿は美味しいだけでなく、栄養面も優れた食べ物。生の柿1個には、1日に必要なビタミンCが含まれるといわれます。また、強い抗酸化作用があるとされるβ‐カロチンも含まれています。

干し柿には、水溶性の食物繊維がたっぷり含まれるため整腸作用も期待でき、抗酸化作用があるビタミンAも豊富。干し柿にしてしまうとビタミンCはほとんどなくなってしまうのですが、水分が抜けて糖度が高まって生み出される甘さは格別です。

カロリーは、生柿1個(230g)、干し柿1個(50g)と換算して、どちらも138kcalほど。干し柿は、おいしくてつい何個も食べてしまいそうになりますが、カロリーのことを考えると食べ過ぎには注意が必要でしょう。

岐阜県発祥の富有柿はどうやって生まれたの?

岐阜産の柿で有名なのが、甘柿の王様ともいわれる「富有柿(ふゆうがき)」。富有柿は、明治時代に小倉ノブ氏が瑞穂市居倉に植えた奈良県御所市原産とされる御所柿から、福嶌才治(ふくしまさいじ)氏が接ぎ木を試みるなどして試作を重ね、作り上げた品種です。当時の品評会で「一等」の高い評価を得て以降、現在まで柿の代表的品種として定着しています。流通時期は、10月下旬から12月いっぱいまで。収穫後は、そのまま出荷されるか、冷蔵で貯蔵されます。

福嶌氏は、当初、「富有」と「福寿」の2つの名前を考えていたようでしたが、当時の川崎尋常小学校校長・久世亀吉氏に相談したところ、「富有」の採用を薦められたそう。富有の由来は中国の古典『礼記』の「富有四海之内」という言葉にあります。「素質が備わっているものは、天の助けで自然に全国に広まる」という願いがこめられているのです。富有柿の特徴は、果肉が緻密でとろけるように柔らかく、甘みがあり、果汁が多い点。見た目にはふっくらとしていて丸く、すべすべとした光沢があります。

地元で栽培されている美味しい柿を日々目にしていると、自然と好きになり消費量も上がっていくのかもしれません。岐阜の富有柿と同じように、地域の「特産品」とその「消費量」を調べてみると新たな発見がありそうです。地域を知るには、まずその地域の人が何を好きなのか知ることが大きな手がかりになるのではないでしょうか。
自分の地域で、「何」の「消費量」が他の地域に比べてが多いか調べてみましょう。

■参考資料
柿の消費量ランキング(総務省統計局)
http://www.stat.go.jp/data/kakei/5.htm
柿の生産量ランキング(農林水産省大臣官房統計部)
http://www.maff.go.jp/j/tokei/kouhyou/sakumotu/sakkyou_kazyu/pdf/syukaku_senasi_14.pdf
生柿の食品成分表
http://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=7_07049_7
干し柿の食品成分表
http://fooddb.mext.go.jp/details/details.pl?ITEM_NO=7_07051_7

この記事のテーマ
文学・歴史・地理」を解説

文学は、長い歴史のなかで変遷してきた人間の生活や社会、人々の考え方や感情の変化などを、文章表現をもとに考える学問です。文献を読み解いて比較検討し、過去から現在、さらには未来に至る人間のあり方や社会について研究します。地理学や歴史学は、今日の私たちの生活や文化、経済活動などについて、基盤となった地形や気候、史実やさまざまな事象、最新の研究結果や歴史的な遺構をもとに、その成り立ちから考える分野です。

「文学・歴史・地理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「歴史学」
はこんな学問です

歴史学とは、対象とする大陸・国・地域などにおいて、過去に起こった物事を取り上げ、当時それがどのような意味を持っていたのかを、残された物や建造物、文章などから研究する学問である。ただ、資料を正確に読み取るだけではなく、事実かどうかを疑い、踏み込んで検証する批判的視点も重要である。歴史学の基本的なラインナップには、日本史、東洋史、西洋史、考古学がある。また、政治制度・経済活動・芸術文化・信仰宗教などに特化した考察も行う。

「歴史学」について詳しく見る