「ふいんき? ふんいき?」 わからないままにしておけないありがちな言葉のミス

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

「ふいんき? ふんいき?」 わからないままにしておけないありがちな言葉のミス

2016.09.09

提供元:マイナビ進学編集部

「ふいんき? ふんいき?」 わからないままにしておけないありがちな言葉のミス

漢字・平仮名・カタカナや丁寧語・尊敬語などさまざまな表現がある日本語。社会に出た大人でも勘違いしたまま覚えてしまっているややこしい言葉がたくさんあります。
今回は、面接やディベート、もちろん普段の授業でも恥をかかないために、見過ごしがちな漢字の読みを進路のミカタ編集部がレクチャーします。

この記事をまとめると

  • 「雰囲気」の正しい読みと慣用読みについて
  • 「耳障り」「耳触り」はどちらが正しいのか、またどう言い換えればいいのか
  • 「居丈高」「一人称」音読み訓読みで間違えやすい漢字について

ふいんきなのかふんいきなのか。慣用読みとは?

結論から言うと、雰囲気はそのまま”ふんいき”と読みます。もし信じられないという方がいたら試してみてほしいのですが、現に”ふいんき”では変換できないのです。
数年前からネットでは「ふいんき(なぜか変換できない)」と結ぶところまでがテンプレートとして馴染んでいるように、「“ふいんきは誤用である”という認識もある」ところまでがある意味常識とされているのです。

ではなぜこのような誤解が産まれるのか? その答えは“慣用読み”にありました。慣用読みとは、初めは誤用であったはずの読み方が、年月を経て社会的に「正しい読み方」として広まってしまうこと。正しい言葉遣いのプロであるはずのアナウンサーですら翻弄されてしまうようで、たとえば「独壇場(どくだんじょう)」の本来の読みは”どくせんじょう”でした。それがいつの間にか前者の方が圧倒的な多数派として根付いたのでした。このような緩やかすぎるゆえに気づきにくい変化も日本語の特徴かもしれません。

耳障り? 耳触り? 正しい使い方とは

同じ一発変換できない言葉でも、ポジティブな意味で捉えられる“耳触り”という言葉は辞書に載るほど定着していますが、同音異義語の耳障り”と混同してしまうこともしばしばあります。
耳障りは文字通り、耳に差し障りがあると感じるほど不快な音を指します。なので「耳障りな騒音」等の使い方が正しいのです。一方耳触りは“聴き心地”等に言い換えることができるので「耳触りのいいメロディ」等の褒め言葉として使用しましょう。

また、同じく五感の印象を表すポピュラーな言葉として“目障り”“手触り”“肌触り””舌触り”等がありますが、目障り以外は基本的にポジティブ、もしくは中立の意味を持ちます。では嗅覚について端的に表す言葉はないのか?と誰もが疑問に思うところですが、不思議なことに上記のような表現はないのです。
強いて言うなら慣用句の“鼻につく”くらいでしょうか。ですので、もし匂いについて形容したい場合は「腐った魚のような匂い」「朝咲いたばかりのユリのような香り」等、それぞれのボキャブラリーがためされそうです。

「居丈高」「一人称」、音読み訓読みで混乱しないために

数年前に「おひとりさまブーム」なるものが静かに産まれて静かに消えたせいか、「一人称」と“ひとりしょう”と誤読する方がたまにいます。正しくは全て音読みで“いちにんしょう”と読みます。
また、しばしば散見されるのが「居丈高」を”いじょうだか”と発声してしまうパターン。こちらは逆に全て訓読みで「いたけだか」と読みます。
続いて音読み+訓読みの組み合わせの重箱読みでよく誤解されるのが「金星」。「空に浮かぶ金星〜」ならそのまま“きんせい”と読むのが正しいのですが、相撲中継で「平幕の力士が金星をあげた」と報道された場合は“きんぼし”と読みます。
漢字を訓読み+音読みで読む方法のことを「湯桶読み」といいますが、そもそも”湯桶”の読み方がピンとこないという方もいるかもしれませんね。うっかり“ゆおけ”と読んでしまいそうですが、ここは日本語学のセオリーに倣って”ゆとう”と発しましょう。


平仮名カタカナ漢字に加えて用法も複雑怪奇という無理難題が降り掛かりますが、美しい日本語をマスターしてこそ外の世界でドヤ顔ができるというものです。日本語の文法や表現などのことは日本語学で深く学ぶことができます。日本語について学ぶことで、普段何気なく行っている会話でも、新たな発見があるかもしれませんね。

この記事のテーマ
語学・外国語」を解説

世界中にはさまざまな言語が存在します。言語は思考の原点ですから、それだけ多くの考え方が世界にはあり、言語の数だけさまざまな文化が存在するということです。世界中の人々が幸福に生活するためには、相互理解が欠かせません。その架け橋となるのが語学です。言語の成り立ちや文法、発音などの構造的な特徴を追究し、外国語を習得してコミュニケーション能力を高めることで、国際人としてのグローバルな視野を養います。

「語学・外国語」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「語学(日本語)」
はこんな学問です

自国の言葉である日本語を、世界の言語の一つと考えて、客観的に学ぶ学問。構造や成り立ち、変化、地域性など日本語の特質を研究する。いつもは無意識に使っている日本語や周囲を取り巻く日本文化を客観的に捉えることで、日本語を正しく教える能力なども含めて、幅広く正確な表現力を身に付ける。また、言語と文化の関わりを客観的に分析することで、日本文化を世界に発信していく役割など、異文化コミュニケーションにもつながる力を養う。

「語学(日本語)」について詳しく見る