ブロガーって、どうやってお金を稼いでいるの?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

ブロガーって、どうやってお金を稼いでいるの?

2016.06.06

提供元:マイナビ進学編集部

ブロガーって、どうやってお金を稼いでいるの?

インターネットでブログを公開することを生業とする人たち、ブロガー。中にはブログ一つで生計を立てているブロガーもいます。いったい彼らはどのようにして収入を得ているのでしょうか?

この記事をまとめると

  • ブロガーは「広告収入」で稼いでいる
  • 「インターネット広告」にもいくつかの種類がある
  • ブログで稼ぐには注目される記事を書かなければいけない

ブロガーの収入はどこから得ているの?

ブロガーの主な収入源。それは「広告収入」です。皆さんもWebサイトを閲覧しているときにサイトのあちこちに配置された広告や外部サイトへのリンクを目にしたことがあるかもしれません。ブログを読みにきたユーザーがその広告をクリックしたり購入したりすると、ブログを運営しているブロガーに報酬が入る仕組みになっているのです。一度のクリックでの収入はわずかですが、クリック数が増えてくればまとまった金額になっていきます。つまり、自分のブログを読む読者が増えることによって、収入を増やすことができるのです。多くの読者層をキープし、継続的に更新を続けることができれば、ブログのみで生計を立てることも理屈的には、夢ではないといえそうです。

インターネット広告や広告収入ってどういうもの?

広告と一言でいってもさまざまな種類のものが存在します。雑誌や新聞の広告、テレビCM、電車の中刷り、チラシやポスターなどがありますが、それらの広告とインターネット広告にはいくつかの違いがあるのです。インターネット広告の特徴は大きく分けて2つあります。まずは「購入や問い合わせへのつながりやすさ」です。インターネット広告はクリックした際の遷移先ページから直接購入や問い合わせをすることが可能なため、ユーザーが次の行動に進みやすいという特徴があります。
次に、「広告の効果を数字として確認しやすい」という点。広告が何回表示されたか、何回クリックされたか、などの情報をシステム上で確認することが可能なのです。また、地域に限定されず、多くの人に見てもらえるという点や、クリックされた分だけ報酬が発生する広告もあるので、初期費用が少なく済むなど数々のメリットがあります。インターネットが生活の中で欠かせないものとなっている今日では、どの企業もインターネット広告に非常に力を入れているようです。ブロガーとは、今の時代だからこそ成立する職業ともいえます。

ブロガーになるにはどうすればいいの?

ブロガーとして安定した収入を得るために必要なこととはなんでしょうか? アクセス数を増やすには面白い記事を書かなければいけません。身も蓋もない話ですが、面白い記事を書くには、実際に面白い経験をしたり、知識を溜め込んだりする必要があります。それを大前提として、SEO対策(GoogleやYahoo!などの検索結果で表示されやすくする施策)など、効率を上げる方法もありますが、そのようなことは実際にブログを初めてから勉強しても遅くはないでしょう。ですので、もし皆さんがブロガーになりたいと考えているなら、さまざまなことに興味を持って情報のアンテナを高く持つことと、文章を普段から書き慣れておくことが大切です。ブロガーは、普段から好奇心が旺盛で、周囲に何かを伝えるのが好きな人には向いている職業といえます。本業としてだけでなく、副業として目指すのも悪くはないかもしれませんね。


まずは実際にブログを始めてみてはいかがでしょうか。もちろん高校生の皆さんは、収入を得ることを目的とするのではなく、趣味として楽しんでみましょう。いろいろなことに興味を持って、それを伝える。その経験は、将来どんな職業に就くことになったとしても、必ず役に立つと思います。
ただし、ブログやSNSは全世界からのアクセスが可能なので、個人情報の漏洩やモラルには十分に注意しながら楽しんでくださいね。


【参照】
http://www.bloglifer.net/entry/pro-blogger
http://promotionalads.yahoo.co.jp/netad/first.html

この記事のテーマ
マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」を解説

若い感性やアイデアが常に求められる世界です。番組や作品の企画や脚本づくり、照明や音響などの技術スタッフ、宣伝企画など、職種に応じた専門知識や技術を学び、実習を通して企画力や表現力を磨きます。声優やタレントは在学しながらオーディションを受けるなど、仕事のチャンスを得る努力が必要。学校にはその情報が集められています。

「マスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「そのほかのマスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の職業」
はこんな仕事です

映画やテレビ番組などの大きなプロジェクトの下、多くのスタッフが関係するマスメディアで働く場合、それぞれ会社に属しているスペシャリストとして仕事を依頼されるケースが多い。そのため、業務を請け負う会社の経営を通じて、スペシャリストをマネジメントするマネージャーは重要な仕事である。また、映画宣伝のためのテレビ出演、出版物のドラマ化、ライブからのDVD化など、一つのコンテンツから派生するアイデアも多種多様。これらをプロデュースするプロデューサーも、スペシャリストと同様に重要である。多くのメディアを最適に組み合わせることができれば、異業種の人と人を結び付けるキーパーソンとなる。

「そのほかのマスコミ・芸能・アニメ・声優・漫画系の職業」について詳しく見る