先輩に聞いた! 総合型選抜を受験した理由

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • 会員登録(無料)
  • エリア設定
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    会員登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブで開きます。

先輩に聞いた! 総合型選抜を受験した理由

2016.05.31

提供:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

先輩に聞いた! 総合型選抜を受験した理由

大学が求める「学生像」にマッチした人物を採用する総合型選抜。基準や選考方法も大学ごとに違うため、独自の対策が必要となります。先輩たちが総合型選抜を受験しようと思った理由はなんだったのでしょうか。経験者に聞いてみました。

この記事をまとめると

  • 部活や課外活動でアピールできる経験があったから
  • 学業に自信がなかったから
  • 周りから勧められたから

アピールできるポイントがあったから

「部活でそれなりに結果を出せていたから、学校推薦型選抜を考えていた。ただ、高校に行きたい大学からの指定校推薦枠がなかったため、自然と総合型選抜を考えるように」(21歳/男性)

「高校では留学経験や部活のコンクールで優勝した経験があった。これは絶対に自分の武器になると思ったから、総合型選抜を受験しようと思った。あまり緊張する性格ではないから、面接も得意だと思ったのも理由のひとつ」(24歳/女性)

総合型選抜では、志望理由だけでなく自己PRも大事な要素になります。それだけに、アピールできるような実績がある人は総合型選抜を考えるようです。

学業に自信がなかったから

「正直なところ、勉強には自信がなかったので。その分、他のことでカバーしようと思い、部活や課外活動に力を入れていた」(25歳/女性)

「指定校推薦で行きたいと考えていたが、内申点が足らなかった。結果的に、総合型選抜でもその大学には受からなかったけど、受験のチャンスは1回でも多いに越したことはないと思う」(19歳/男性)

総合型選抜では学業の成績も見られますが、それ以外にもその人の人物像も重視されます。成績に自信がないから総合型選抜を考えるという人は少なくなさそうです。

周りから勧められて

「学校の先生から、総合型選抜を受けてみるといいと勧められたから。多分、成績も伸び悩んでいたからだと思う(笑)」(21歳/男性)

「インターハイに出場した経験がある先輩が総合型選抜で大学に進学した。部活と学業の両立に悩んでいた私に『だったら総合型選抜で部活のことをアピールすればいいじゃん』と勧められた。先輩も同じように部活の自己PRで合格していたから説得力があった」(23歳/女性)

進路の相談をした際に周りの人からのアドバイスを受けて受験したという人もいるようです。いろいろな生徒を見てきた先生や実際に経験した先輩の意見は参考になりそうですね。


これまで何をしてきたかよりも、将来何がしたいのかが明確な人にとってはぴったりの入試方法といえそうです。ただ、「これまで何もしてきていないのに、いきなり『大学では○○が勉強したい』と言っても説得力がない」(24歳/男性)と思われる可能性も。面接官を納得させるためにも、すでに総合型選抜を視野に入れてる人は早めに準備しておくことが肝心かもしれません。

あなたの適性にあった学びや仕事が見つかる

適学・適職診断

無料

進学・適職診断を受ける