高校生が結婚式に出席するときは どんな服装がベスト?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

高校生が結婚式に出席するときは どんな服装がベスト?

2016.05.31

提供元:マイナビ進学編集部

高校生が結婚式に出席するときは どんな服装がベスト?

結婚式に呼ばれたら楽しみである一方、何を着ればいいか分からないのが悩みですよね。
一番の正装は制服ですが、制服以外ならどんな服装がいい? 結婚式での服装マナー、結婚式に関わる仕事についてまとめてみました。

この記事をまとめると

  • 制服以外ならば結婚式スタイルに合わせた服装にする
  • ゲストハウスやレストランでの結婚式はカジュアル感もアップ
  • ウェディングプランナーは新郎新婦の夢をカタチにする仕事

結婚式で何を着ればいい?

男子の場合は、ダークな色のジャケットにズボンというシンプルな服装が定番です。
女子の場合は、ワンピースやドレスが定番です。
年配の女性ゲストは、黒のワンピースや着物が多くなりがちなので、高校生は若さあふれる、明るい色合いのワンピースで華やかにするのはいかがでしょう。もし、明るい色合いはちょっと……という場合は、フォーマル感ある紺のワンピースがオススメです。そして、必ずベージュのストッキングを着用すること。

結婚式には、NGの服装もあります。
まず、全身白っぽい服装はNGです。白は、花嫁さんの色です。クリームベージュやシルバーなど白に近い色も、控えましょう。全身黒っぽい服装も、喪服をイメージするのでNGです。ただし、ワンピースだけ黒で、ほかの小物が違う色ならば大丈夫です。

肌の露出も、控えたほうがいいです。膝上10センチ以上のミニはNG。ノースリーブの場合は、必ず肩が隠れるものを羽織ること。ただ、カジュアルな披露宴の場合、羽織らなくても大丈夫だったりします。服装も、結婚式のスタイルによりけり、なのです。華やかさは出していいけど、主役の花嫁さんより目立つことのないように。それだけは気を付けてください。

結婚式のスタイル

最近は、結婚式のスタイルも多様化しています。ホテルや専門式場はフォーマルな場であることをしっかり意識して、服装も気をつけたいもの。ホテルや専門式場では、キリスト教式や神前式が多いでしょう。

一方、人前式も多いゲストハウスやレストランは、多少カジュアル感があるため、制服でなくても大丈夫かもしれませんね。結婚式で制服を着るか、それ以外を着るかは、結婚式のスタイルにもよります。

やりがいも喜びも大きいウェディングプランナー

新郎新婦の中には、自分たちの思い出のアミューズメントパークで式を挙げたり、ハワイやバリ島などのリゾート地で挙式したりする方もいます。結婚式は新郎新婦が、自分たちの大切な人たちを呼んでおもてなしをするために開くもの。ゲストにどう喜んでもらえるか、どう楽しんでもらうかということを考えて結婚式のプランを考えているのです。そして新郎新婦のみならず、ゲストのみんなも幸せな気持ちになれる結婚式を作っているのが、ウェディングプランナーです。
新郎新婦の「こんな結婚式にしたい」という想いをカタチにして、最高の結婚式・披露宴を作り上げる仕事なので、やりがいもありますよ。何回もの打ち合わせを重ねながら、あらゆることを決めていきます。新郎新婦の話をじっくり聴くことも、ウェディングプランナーの仕事の一つ。人と話をするのが好きな人や、人を喜ばせることが好きな人に、オススメです!


【参考サイト】
公式ウェディングプランナーガイド
https://www.jhs.ac.jp/weddingplanner/
All About
http://allabout.co.jp/matome/cl000000000380/

この記事のテーマ
旅行・ホテル・ブライダル・観光」を解説

目指す業界の専門知識を学び、パソコンなどのスキルを身につけます。旅行・観光では資格取得や採用試験対策、ホテル・ブライダルでは、現地実習を通して実践力を養う研修が多く含まれます。共通して求められるのは、ゲストに非日常のサービスや空間を提供する接客技術やサービス精神。不規則な勤務に対応できる体力の養成も求められます。

「旅行・ホテル・ブライダル・観光」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「そのほかの旅行・ホテル・ブライダル系の職業」
はこんな仕事です

結婚式で主に新婦の世話係をする「ブライダルアテンダント」は、持ち物の準備や着替えの手伝いのほか、入場手順の説明などを行う。挙式当日は、新婦のそばに付き添いながらサポートをし、新郎・新婦の入場前には参列者の案内も担うので、マナーや気配りが大切な仕事になる。そして、接客のプロである旅館の「女将」も高い対人スキルが求められる。旅館の顔であると同時に、仲居たち従業員を取り仕切る主人でもあり、その責任は重大だ。旅館の跡継ぎと結婚し、経験を積んでまず若女将になり、そして女将になるケースが多い。

「そのほかの旅行・ホテル・ブライダル系の職業」について詳しく見る