夏休みの思い出にも! 高校生のうちに挑戦してみたいボランティア

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

夏休みの思い出にも! 高校生のうちに挑戦してみたいボランティア

2016.05.31

提供元:マイナビ進学編集部

夏休みの思い出にも! 高校生のうちに挑戦してみたいボランティア

高校生の夏休みの思い出に、ボランティアをやってみませんか?
もしかしたら、そのボランティアをきっかけに将来自分が就きたい仕事が何か、見えてくるかもしれません。いろいろあるボランティアの種類や気をつけたいことについて、まとめてみました。

この記事をまとめると

  • 自分の得意分野または興味あるボランティアをやると良い
  • ボランティアには「意志」「善意」という意味がある
  • ボランティアの経験を通して、将来就きたい仕事が見えてくるかも!?

高校生の今こそチャンス!

高校1・2年生の夏休みは、ボランティアに挑戦するチャンス! ボランティアではさまざまな人と出会うことができるため、世界がぐんと広がります。
高校生になると、ボランティアできる種類も増え、いくつか選択肢がでてきます。きっと自分に合うボランティアが見つかりますよ。まずは、あまり堅苦しく考えず、自分がどんなことをやってみたいのか考えてみませんか? もし一人で参加するのが不安であれば、友達と参加するのもお勧めです。
学校やアルバイトとも違う環境での学びは、きっと一生ものの宝物になるはずです。

ボランティアにはどんなものがある?

ボランティアには、交通費などの活動経費のほか、謝礼的な金銭の支払いを受けるケースがある「有償ボランティア」と、全くの無報酬で活動する「無償ボランティア」など、さまざまなボランティアがあります。
ボランティアの例を挙げると、社会福祉施設に通う子どもを連れて遊びに行くボランティア、保育園で子どもたちと交流するボランティア、サマーキャンプで子どもたちとアウトドアを楽しむボランティア、公園や街でゴミ拾いをしたりする地域ボランティアなど、さまざまなところで活躍の場があることが分かります。どれをやるか迷う場合は、まずは自分の得意分野または興味を活かしたものを選ぶと、やりがいも楽しさもアップするはずです。
ただし、高校生だと参加できないものや、震災地などのガレキ撤去といった力仕事が必要なボランティアもあるので、事前にきちんと詳細を確認したほうがいいでしょう。
 
ボランティア市民活動センターというところでは、「夏の体験ボランティア」を実施しているので、問い合わせてみてはいかがでしょうか。

ボランティアをするときの注意点

ボランティアに参加すると決めた場合、しっかりとやるべきことをやりましょう。
やり遂げるためにも、無理なく参加できるスケジュールにすることが大切です。
遅れそうなときや体調が悪いときは、きちんと連絡を入れること。ボランティアだからといっていい加減な気持ちでいては、周りの方に迷惑をかけてしまいます。

また、ボランティアに参加するとき、友達同士で参加する高校生もいます。
それ自体はもちろんいいのですが、友達とおしゃべりばかりしていては、何をしにきているのか分かりません。遊びに行くわけではないことを自覚しましょう。

ボランティアで大事なことは、「気持ちよく挨拶をして、分からないことがあれば、どんどん質問すること」。「意志」「善意」という意味を持つボランティアなだけに、見返りを求めることなく、責任を持って行動したいですね。ボランティアだからこそ得られる体験や達成感は、一生忘れられないものになります。その後の人生で、きっと役立つはず。

例えば高齢者ホームや介護施設でボランティアした方は、介護職方面に進むきっかけになるかも。夏休み中のボランティアで得た経験は、進路を決める重要な役割を果たすことになるかもしれませんね。


【参考サイト】
http://www.tvac.or.jp/page/hajime.html
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f100183/p16607.html

この記事のテーマ
サービス・インフラ」を解説

多くの人に便利、快適、感動などをもたらす業界です。人が何を望んでいるかというニーズを先取りし、サービスとして提供します。サービス業は「飲食、宿泊」「医療・福祉」「教育」「情報」や、それらを組み合わせた「複合サービス」があります。インフラはインフラストラクチャーの略で、電気やガスを供給する「エネルギー」、ヒトやモノを移動させる「交通・物流」など生活基盤を支える産業です。

「サービス・インフラ」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「医療機関・調剤薬局・介護・福祉サービス」
はこんな業界です

医療業界は、病院や診療所だけでなく医薬品メーカー、医療機器・器具メーカーなど医療に関わる企業や団体全般を指す。また、一般医薬品や処方箋(せん)医薬品を扱う調剤薬局やドラッグストアも含む。介護・福祉業界では、加齢・病気・障がいなどにより日常生活を送ることが難しい人たちや、その家族に支援サービスを提供。これらの業界では、医師、看護師、MR(医療情報担当者)、薬剤師、介護福祉士といった専門職に就く人が連携し、業務を行うことが多い。

「医療機関・調剤薬局・介護・福祉サービス」について詳しく見る