勉強したいのに集中できない! 勉強するためのコツとは?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

勉強したいのに集中できない! 勉強するためのコツとは?

2016.05.31

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

勉強したいのに集中できない! 勉強するためのコツとは?

勉強をしようと思ってもなかなか取り掛かれなかったり、いざ始めても集中できにくかったり……なんてことありませんか? 今回は勉強するためのコツについてご紹介します。

この記事をまとめると

  • 今勉強やろうと思っていたのに! とイライラする理由
  • 勉強しやすい場所を探すことも一つの方法
  • 前日の分の残りから勉強を始めるとスムーズ

「今やろうと思ってたの!」はどうして起こる?

勉強しようと思ったら親から「早く勉強しなさい!」と言われてイライラする……。なんてことありませんか? つい「今やろうと思ってたのに!」と言い返してしまうこともあるかもしれませんね。でもどうしてそんなにイライラしてしまうのでしょうか?
人は自分の取る行動を自分で考え、決定するときに最もやる気が高まると言われています。そのため他の人から指示されて無理やり行動に移すときは、なかなかやる気が出ないのです。このことを心理学的には「心理的リアクタンス(反発)」といいます。
自分で勉強することを考えて決定しようとしていた、つまり、やる気を出そうとしていたところに指示を受けてしまったことで、心理的リアクタンスが高まったのだと考えられるでしょう。

自分が勉強できる場所を探してみる方法も

家ではなかなか勉強に取り掛かれないけど、図書館やカフェなどに行くとできるという人もいるかもしれません。それは、外だと「緊張感」があるから勉強しやすいと考えられます。周囲の目があるし、同じように勉強している人に囲まれることで、やらなくちゃという気持ちになるのです。
またストックホルム大学の研究者らが行った実験では、適度な雑音のある環境でのほうが作業効率が上がるという結果も出ています。静かな自分の部屋で勉強しようとしても落ち着かない……という人は適度な雑音のある環境で勉強してみると良いかもしれませんね。
しかしこの雑音、“不規則なノイズ”である必要があります。例えば誰かの話し声などがよく聞こえてしまうような環境では、その会話に集中してしまって勉強がおろそかになるかもしれないので、気をつけましょう。

家でも勉強するためにはどうすればいい?

図書館やカフェに行けば集中できたとしても、毎回勉強のために出掛けるのはたいへんですよね。家で勉強するためのコツ……それは勉強するとき、参考書や問題集などは全てやらず、あえて最後少しだけ残しておく方法です。そうすると翌日、残した部分を思い出してあと少しで終わりだったからまずはあれをやろうと、勉強にとりかかりやすくなるのです。一から始めようとすると、なかなかスイッチが入らないこともあっても、前日の続きだったら自然にスイッチが入りやすいかもしれません。

これを心理学ではツァイガルニク効果といい、まだ完了していないやるべきことがあると、それが気になるということを表します。このツァイガルニク効果を活用したのが、「最後の少しだけ残しておいて」勉強を終えることなのです。もちろん、これは人によっては向かない人もいるかもしれません。でも、勉強に集中できる環境づくりの一つとして、挑戦してみても損はないですよ。

このように心理学には、私たちの日常生活に活かせるものがたくさんあります。教育心理学や福祉心理学、色彩心理学など、心理学は幅広く、そして奥深いのです。もっと知りたい!と思った方は、ぜひ心理学科を目指してみてはいかがでしょうか。


【参考サイト】
http://www.kansatsu.jp/service/kansatsu-x/column/detail/123
http://gigazine.net/news/20101001_whitenoise_effective_for_inattentive_children/
http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/023.html

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することことが大切だ。

「心理学」について詳しく見る