足のニオイを撃退! 高校生でも簡単にできる消臭対策

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

足のニオイを撃退! 高校生でも簡単にできる消臭対策

2016.05.30

提供元:マイナビ進学編集部

足のニオイを撃退! 高校生でも簡単にできる消臭対策

これからの季節、暑くなってくると、どうしても気になるのが足のニオイ。
もしかしたら、私の足クサいかもと気になることありませんか? ニオイの原因や対策法など知っておくと便利な情報をお伝えします。

この記事をまとめると

  • 足のニオイは汗そのものが臭うわけではなかった
  • 足がムレるのは冬だけでなく夏も同じ
  • 同じ靴を2日続けて履かないなどの工夫が必要

暑いと気になる ニオイの原因って?

汗っかきだから、これからの季節は消臭対策が大変そうという方がいるかもしれませんね。
でも、汗そのものが臭うわけではないんです。
汗自体は無臭ですが、皮膚に付いている細菌が汗の成分や古くなった角質を分解することで、臭くなるのです。靴を履いていると、さらに菌が繁殖しやすい状態に。

夏は必然的に汗の量が多くなるので、細菌が繁殖しやすい環境になります。特に皮膚駐在菌は、つま先や土踏まず、かかとに多く繁殖するので、注意しましょう。足のニオイをシャットアウトするために、まめにケアをする必要があるのです。

足のニオイが気になるのはこんなとき

靴をはいていると、どうしても足がムレがち。
靴を脱いだ瞬間、自分でも、「くさっ!」と思うことありませんか? もしかしたら一緒にいる人にも、そのニオイ気づかれているかもしれません。
体育の時間でプールに入るとき、友だちの家にお邪魔するときは、足のニオイが気になるもの。どんなに服装やメイクがキマっていても、足が臭いとそれだけで幻滅。エチケットとして、常に気を付けていたいですね。簡単ですぐにできる足のニオイ対策について、ご紹介します。

今日からでもすぐにできる対策

お風呂では、かかとや土踏まず、足の裏をしっかり洗いましょう。
また、足の指も一本ずつ洗うことで、指の間の汚れも取り去ることができますよ。よくお気に入りの靴を続けてはく人がいますが、足のニオイはひどくなる一方。さらに、靴にもそのニオイが移り、悲惨なことになってしまいます。
そのため、できたら同じ靴を2日続けて履かないようにしてください。

そして、靴に消臭用の中敷きを敷いたり、天気のいい日は靴を天日干しするなど、ちょっとしたことを心がけるだけで、足のニオイはずいぶんなくなります。もちろん、フットデオドラントスプレーやデオドラントシートも、バッグの中に携帯しておきたいですね。外出先で、足のニオイが気になったときに、あると便利ですよ。

高校生は、オシャレやメイクが大好きだけど、その前にエチケットを守りたいもの。「被服衛生学」では靴や洋服と発汗の関係性や、着心地などに関して学ぶことができます。靴や洋服は見た目の良さだけでなく、使われる上での機能性も考えて作られているのです。今みなさんが身に着けている靴や洋服の素材や形に注目してみると面白いかもしれませんね。

【参考サイト】
http://www.kao.co.jp/8x4/lineup/foot.html
http://www.banbanban.jp/qanda/

この記事のテーマ
生活・服飾・美容」を解説

生活・服飾・美容の分野には、生きていくために必要不可欠なものだけではなく、それによって生活がより豊かで快適になることを目的としているものもあります。たとえば生活学では、だれもが安全で快適に暮らせる空間を実現するために、ユニバーサル・デザインの研究を行います。服飾や美容は、トレンドや利用者によって多様化するニーズに対応するために、素材、色、デザイン、施術方法など、あらゆる角度から美を追究しています。

「生活・服飾・美容」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「生活科学」
はこんな学問です

家政学をベースとして、人の生活を自然科学、人文科学、社会科学の応用により考察・研究する学問。衣・食・住・家族・近隣社会・福祉・環境など、身近な生活環境を向上させたり、新たな環境を生み出したりすることを目的としている。主な分野には、栄養科学や食品化学を研究対象とした「食物栄養分野」、生活環境づくりを研究対象とした「生活環境分野」、人と社会とのつながりを研究対象とする「生活社会学分野」などがある。

「生活科学」について詳しく見る