タニタの栄養士が考案したメニューが食べられる! 新潟のカフェって?

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

タニタの栄養士が考案したメニューが食べられる! 新潟のカフェって?

2016.05.27

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

タニタの栄養士が考案したメニューが食べられる! 新潟のカフェって?

お腹いっぱい食べたいけど、カロリーも気になるJKにオススメのカフェといえば、新潟にあるタニタカフェです。タニタの管理栄養士が考案したメニューを提供するタニタカフェとは、どんなところなのでしょうか?

この記事をまとめると

  • お腹いっぱい食べたいけど、カロリーも気になるJKにおススメのカフェといえば、新潟にあるタニタカフェです。タニタの管理栄養士が考案したメニューを提供するタニタカフェとは、どんなところなのでしょうか?
  • 低カロリーで美味しいメニューが食べられる
  • 管理栄養士は栄養やカロリーを考えた食事を作ることができる

全国初のタニタカフェ

このタニタカフェはタニタの管理栄養士が考案したメニューを提供するカフェで、新潟県長岡市に日本で初めてオープンしました。「食」「運動」「休養」の3つを良質でバランスよく実践できる健康づくりの拠点として、2014年11月2日に作られました。ハンモックや足湯もあるので、長居したくなる居心地の良さです。場所は、ながおか市民センターの1階なので、中高生が入りやすい場所なのも魅力ですね。平日は8時半~20時半、土日祝日は9時~18時半までやっているので、学校帰りや週末のお気に入りスポットになりそう。店内の大型ディスプレイでは、タニタの健康レシピや市の健康情報を発信しているので、お得な情報をチェックしてみては。

中高生にもオススメのメニュー

カフェに行ったら、やっぱり甘いモノは食べたくなります。タニタカフェなら、低カロリーなのに美味しいから、ダイエット中だって安心! ブルーベリー入りヨーグルトケーキ、くるみとレーズンのココアケーキ、白ゴマの豆乳プリンなど豊富なラインナップのスイーツのほか、フルーツをまるごとジェラート状にした新食感スイーツ「ヨナナス」もチェック! オリジナルコーヒーは、脂肪燃焼効果が高いクロロゲン酸を多く含んでおり、たったの12kcal。このクロロゲン酸は、ポリフェノールの一種で強い抗酸化作用があると言われています。コーヒーが苦手な方には、カモミールティーやレモングラスティー、アッサムティーなどもありますよ。

ランチメニューは、地元食材をふんだんに使った特製カレーやおにぎりセットなど。タニタカフェ特製カレーは、お米は長岡産の玄米を使用、野菜もたっぷり。カロリーや塩分も控えめ。サンラータンかベジタブルチャウダーのスープもつくので、おなかも満たされます。オシャレなメニューなのに、体によくてカロリーも控えめだから、中高生にもオススメ。

このように、ボリュームはあるのに低カロリー。食べたいけど太りたくないといったワガママな願いを叶えてくれるメニューを作ることができるのが、管理栄養士の仕事なのです。

管理栄養士の仕事について

カロリーや栄養バランスを考えた食事メニューを考案したり、栄養指導をしたりと、やりがいがある仕事で、さまざまな職場でニーズがあります。学校や社会福祉施設、官公庁など活躍の場も多いでしょう。

管理栄養士は、ひとりひとりの生活環境や身体の状態に合わせて食事を作るので、人にも喜ばれるのが嬉しいですよね。食は、私たちの生活になくてはならないもの。栄養について勉強することで、自分自身もそしてまわりの人もさらに豊かな食生活を送ることができるのです。食に興味がある方は、食物学科や栄養学科を学んでみるのも良いかもしれませんね。


<strong>【参考サイト】</strong>
http://www.nagaoka-kenkou.jp/community/cafe
http://www.city.nagaoka.niigata.jp/fukushi/cate01/tasedai/tanita-cafe.html
http://www.eiyo.or.jp/dietitian/index.html#p01

※メニューは2016年5月時点での情報です。

この記事のテーマ
食・栄養・調理・製菓」を解説

料理や菓子などの調理技術や、栄養や衛生などに関する基礎知識を身につけます。職種に応じた実技を段階的に学ぶほか、栄養士などの職種を希望する場合は、資格取得のための学習も必須です。飲食サービスに関わる仕事を目指す場合は、メニュー開発や盛りつけ、店のコーディネートに関するアイデアやセンス、酒や食材に関する幅広い知識も求められます。

「食・栄養・調理・製菓」について詳しく見る