期待のルーキーモデル笹森裕貴くんに聞く! モデル活動と大学受験の両立

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

期待のルーキーモデル笹森裕貴くんに聞く! モデル活動と大学受験の両立

2016.05.17

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

期待のルーキーモデル笹森裕貴くんに聞く! モデル活動と大学受験の両立

ルーキー読者モデル、笹森裕貴くんにインタビュー! モデル活動を始めたキッカケや大学受験について伺ってきました。

この記事をまとめると

  • 笹森くんがモデルを始めて嬉しいことは、応援してくれる人が増えたこと
  • 大変だったことは、モデル活動と受験の両立。なんと志望校は10月に決定した
  • 今後は、まず目の前にあるできることを積み重ねて経験にしていきたい

応援してくれる人が増えたことが、すごく嬉しいです!

――モデル活動を始めたきっかけは何だったんですか?

関東ハイスクールミスターコンのエントリーに誘われたことです。元々、モデルさんが好きで憧れはあったんですけど、きっかけがなかったので、チャンスだと思い受けました。

――そのミスターコンでは、見事グランプリを受賞されたということですが、その後生活に変化はありましたか?

180度変わりましたね。『samurai ELO』や『キラリ!(現在は休刊)』などの雑誌をずっと見ていたのですが、読者から見られる側になったんだと実感することが多いです。例えば、サロンに次の撮影のための仕込みに行ったとき、僕がヘアモデルをした作品の髪型をオーダーしてくれた子が隣に座っていたり。不思議だけどすごく嬉しいですね! モデル活動を始めて一年経っても、まだ全然慣れないんですけど(笑)。

――その他の面で気をつけるようになったことはありますか?

肌荒れには、注意しています。元々、肌がすごく荒れやすいタイプだったんですけど、そんなに気にしていなかったんですよ。でも、撮影で肌が荒れていたら迷惑がかかるので、基本的なことなんですけど化粧水や乳液をつけたり、朝晩は洗顔をするようになりました。

――モデルを始めて嬉しかったことはなんですか?

誰かに応援されるということ、「ファンです!」と言ってくれる人ができたことがすごく新鮮でした。今もそうですけど、応援してくれている人が増えたっていうのが一番嬉しいですね。

――では逆に、大変なことはありますか?

大学受験の勉強と撮影の両立が大変でした。モデルを始めたのが高校3年生の4月だったんですが、普通はそのあたりから受験モードに切り替わるんですよね。でも当時の僕は、「これからどんなことがあるんだろう」「これからどんな人に会えるかな」っていう関心のほうが強くて。夏休みに入るとみんなが予備校に通って「1日10時間勉強した!」みたくつぶやいている中、僕は撮影を1日していたり。お仕事をいただけるのはすごく嬉しいことでしたし、せっかく軌道に乗り始めたのにそこで活動を中断しちゃったらもったいないなという気持ちとか、それを言い訳にして受験をおろそかにしたくないっていう両方の気持ちの葛藤がすごくありました。結果的に「寝なければいいや」という答えに行きついたので、2、3時間睡眠で勉強に取り組むように変わっていきました。

そのときの自分に合った受験方法を選択しました

――では、進路を意識したのは夏休みからということですか?

はい。それまで、志望校について真剣に考えたことが恥ずかしながら実はなくて。就職やモデル業一本に専念という選択もあったと思いますし、もちろんこの道で頑張りたいという気持ちがある反面、そのときその選択をしたら逃げ道にしてるなという自覚もあって。だから自分自身で考え、両親ともよく話し合って、大学進学への道を選びました。

でも、夏休みは必死に勉強したつもりだったんですけど、本当に成績が悪くて(笑)、夏休み前の模試と夏休み明けの模試の結果が全然変わらなくてかなり焦りました。その頃、芸能面の活動を考慮してくれる推薦入試があることを担任の先生に教えてもらって、10月に入ってから志望校を絞り資料の作成や面接の練習を始めました。

――10月から受験対策を始めるのは、かなりギリギリですね(笑)。それまでは、一般入試の対策もしていたんですよね?

はい。夏休みが終わってもモデルの仕事はしていましたし、そこに一般受験の勉強もして、推薦の勉強もし続けるっていうのは当時の僕にはキャパオーバーというか無理だったんですよね。全部に手をつけてなぁなぁになるのであれば、どれか一本に絞って覚悟してやろう!と思って、結果的にそのときの自分に合った受験方法を選択しました。そこで落ちていたら、一般入試まで2、3ヶ月しかなかったのでかなりヤバかったと思います(笑)。

まずは目の前にあるできることをコツコツとやっていきたい!

――今後の目標を教えてください。

大学に進学してようやくスタートラインに立てたかなという気持ちがあるので、いろいろなことに挑戦していきたいです。高校生の時は、髪色や時間などできることに制限があったので、やれることの幅が広がったのかなと。夢としては俳優業に挑戦したい気持ちもありますが、まずは目の前にあることをコツコツとやっていきたいです。せっかく大学にも進んだので、ひとつずつやれることを積み重ねていきます。

――最後に、高校生に向けてメッセージをお願いします。

思い切り遊ぶことも、バイトをすることも、高校生のうちにしかできないことってたくさんあると思います。でも、意外とあっという間に時間は過ぎていってしまうので、高校生活の中でも「これだけはやりたい」「こういう風になりたい」とか、目標はちゃんと立てて、そのための努力も重ねていけるといいのかなと僕自身を振り返って思いました。高校1、2年生のときはすごく楽しい時期だと思うんですけど、受験につなげるためには何か目標を持ってみることも必要なのかもしれないなと。高校生活楽しんでください!


何事にも全力。そんな言葉が似合う期待のルーキーは、その勢いとは裏腹にすごく謙虚でまじめな方でした。そして必ず大きくなると確信……! 
また、受験方法にはいろいろな種類があることも判明。今後大学受験を考えている人は、どんなタイプの受験方法が自分に合っているのか調べてみてもいいかもしれませんね。

~笹森裕貴くん簡単Q&A~

Q.生年月日は?
A.1997年6月21日生まれ

Q.目標にしている人はいる?
A.なのっくす。(宮崎湧)くん。
僕が中2の頃から憧れていたんですが、実際に会ってみてもすごく謙虚で、僕みたいな後輩にも優しく挨拶を返してくれる素敵な先輩です。なのっくす。くんが好きというと、みんな「いい人」「謙虚で礼儀正しい」って言うんですよ。あんなに人気なのにいつでも初心を大切にされていて尊敬しています。

Q.好きな芸能人は?
三浦翔平さん、佐々木希さん

Q.趣味は?
ダーツ

Q.長所と短所
負けず嫌い/負けず嫌い
中学校の時、野球のクラブチームに入っていたんですけどかなりスパルタだったので精神力が身に付きました。その頃は、すごく小さなことや自分が不得意なことでも負けたくなくて。今は、意地を張らなくてもいいのかなって肩の力を少し抜けるようになりましたね。

Q.好きな女の子のタイプは?
色白の人。弱そうだけど、芯が通っていて、自分を持っている人。


Twitter
https://twitter.com/0621hiro0621