私立入試が12月に終わる!? 「北辰テスト」は埼玉独自のものだった!

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

私立入試が12月に終わる!? 「北辰テスト」は埼玉独自のものだった!

2016.05.27

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

私立入試が12月に終わる!? 「北辰テスト」は埼玉独自のものだった!

埼玉県の高校入試で有名な「北辰テスト」ってどんなものか知っていますか?
北辰テストとは、埼玉独自の模擬試験のことです。この模試の偏差値によって、入試前に合格できる高校がある程度決まるので便利といわれているそう。この北辰テストについては、賛否両論入り乱れています。
中学時代の総合力が評価されるから受験より良いという見方もあれば、有料である北辰テストを受けない生徒もいるのだから不公平だという説も。
さて、あなたは賛成派? それとも反対派?

この記事をまとめると

  • 北辰テストは埼玉県で行なわれている民間の学力診断テスト
  • 埼玉県の私立高校入試は北辰テストの偏差値で事前に合格がきまることも!
  • 合格に有利になる?

北辰テストとはなんだろう?

埼玉県に住んでいる人にとっては「あるある!」な北辰テストですが、他県の人は知りません。ちょっと簡単にご紹介しましょう。

北辰テストとは埼玉県の北辰図書株式会社が制作・実施している中学生用の学力水準検査です。1952年に誕生してから60年以上、中学生の学力診断テストとして利用されてきました。年に8回行われており受験には4,600円(税込)かかります。有料なので強制ではなく、希望して受ける任意模試です。

北辰テスト自体はあくまでも民間企業がおこなう模擬試験で、公的な高校受験制度として扱われているわけではありません。
しかしこの試験の結果が、埼玉県にある私立高校で入試代わりに利用されているらしいのです。

北辰テストの結果で私立高校の入学が確定する?

まず中学三年時の9月から12月にかけて、私立高校が受験相談会を開きます。
そこに保護者や塾講師が行き、今まで受けた北辰テストの偏差値表と学校の成績表を提示します。高校側はその数値をもとに合格を確約するのです。
この相談会で確約がもらえれば、よほどのことがない限り合格することができるそうです。

法律上は模試による選抜は許されておりませんし、公式にこのような制度はありません。
しかし、暗黙の了解として北辰テストによる確約制度が行われているようなのです。

事前の確約制度はいいのか? それとも悪いのか?

この確約制度に関しては、賛否両論入り乱れています。
全員が必ず受ける公式模試ならともかく、任意で受ける北辰テストの偏差値を合格判定に使用したら受けなかった生徒はとても不利になります。
私立高校の入試ですから選抜方法は各校に委ねられる部分はありますが、それにしても不公平な面があることは否定できません。

また逆に、中学2年生から受けられる北辰テストには一回きりの入試では判断できない長期的総合的な数値が出るので、より正確に学力を判断できるという長所もあります。
試験本番で体調を崩したり、緊張で本調子が出せない可能性がある受験生にとっては、今までの努力を正しく評価してもらえる入試制度といえるでしょう。

公平さを重んじて一回の入試で学力を見ることが正しいのか。
不公平ではあるけれど、学生の努力と実力をしっかり判断できる点を評価するべきか。
子供の教育を考えたときどちらがよいのか、判断が難しいところですね。

民間模擬試験である北辰テストの偏差値で事前に合格が確約される埼玉県の私立高校入試。良い点も悪い点もあることがわかります。
しかし、なにより影響を受けるのは受験生の中学生たちです。大切なのは受験する当事者たちにとって何がいいことなのか、考えることではないでしょうか。学生の未来に対して教育は重要な問題です。

今回取り上げた北辰テストから見えてきたように、教育は地域によってさまざまです。
地域によってどんな違いがあるのか興味がある方は、地域学の勉強はいかがでしょうか?
歴史や背景を知ることで、よりその地域への理解を深めることができるでしょう。


【参考サイト】
北辰図書(2016)
「北辰テストってどんなテスト?」
http://www.hokushin-t.jp/test/hokushintest/hokushin_t.html#acc101

【参考文献】
毎日新聞(2016)
『合格「確約」埼玉で常態化
 業者テスト、校外生き残り 受験生の親「異様だ」 私立高入試相談』
http://mainichi.jp/articles/20150926/ddm/041/040/097000c

この記事のテーマ
教育・保育」を解説

保育所や幼稚園、小中高等学校や大学などで、子どもたちを健康に成長させ、学習能力を向上させるための教育方法を学び、研究します。教育の歴史や基本概念などの理論のほかに、教育や保育に携わる専門職(教員や保育士など)になるためには、指導技術や保育の実践的な手法などを、実習を通して学びます。このほか、生涯教育や教育に関わる地域活動など、教育と社会の結びつきや意義についても学びます。

「教育・保育」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「教育学」
はこんな学問です

教員養成のための学問ではなく、教育のあり方を追究する学問。具体的には、教育の歴史、目的、手法、制度などを対象としている。「教育学分野」は、教育行政や現場を調査・分析し、教育環境はどうあるべきかを研究。「教育心理学分野」は、発達心理学の視点から人間形成がどのようなものかを解明し、教育の本質を追究する。また、「メディア・コミュニケーション分野」では、教育現場での情報伝達はどのようにあるべきかを探るなど、多岐にわたる。

「教育学」について詳しく見る