うまくできれば恋愛マスター!? 日常で使える心理テクニック

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

うまくできれば恋愛マスター!? 日常で使える心理テクニック

2016.05.25

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

うまくできれば恋愛マスター!? 日常で使える心理テクニック

「好きな人に振り向いてほしい」と思った経験、誰しもあるのではないでしょうか。相手がどんなことを考えているか分かったら便利ですよね。そんなとき、心理学をうまく利用すれば相手の気持ちもコントロールできてしまうかも? 今回は、恋愛で活用できる心理テクニックをご紹介します。

この記事をまとめると

  • 最初の印象は覆せないといわれている
  • 反対に最後の印象が頭に残ることも
  • 最初と最後で印象が変わることがある

最初の印象は覆せない!?

第一印象のことを心理学では「初頭効果」といいます。初頭効果とは、ポーランド出身の心理学者ソロモン・アッシュが行った実験で証明されたものです。

一つのグループには、「知的」「勤勉」「衝動的」「批判的」「頑固」「嫉妬深い」……と、ある人物の特徴を好意的な順番で示します。 もう一方のグループには、今度は反対に「嫉妬深い」「頑固」「批判的」「衝動的」「勤勉」「知的」と、先ほどとは反対に好ましくない特徴を示し、どんな印象を抱いたかそれぞれに聞いてみる実験を行いました。

その結果、好意的な特徴から聞いたグループは、その人物に対していい印象を抱き、反対に批判的な特徴から聞いたグループはネガティブな印象を持ったそうです。このことから、最初に与えられた情報をベースにして人は印象付けをすることが分かりました。

最後の印象が残るという結果も

対して、一番最後の情報に強く影響を受けることを「親近効果」と言います。アメリカの心理学者N・Hアンダーソンは実際にあった裁判を元に、模擬裁判を行いました。

最初に、A側の証言をした後にB側の証言をすると、陪審員たちはB側の証言に有利な決断を下しました。今度は別の陪審員に、B側の証言をした後にA側の証言をしたところ、A側の証言に有利な決断を下されたのです。つまり、陪審員たちは最後に与えられた証言に一番影響を受けたといえます。

一見、「初頭効果」と「親近効果」は全く違うことを言っているようですが、「人は、途中に話していたことは覚えていない」ともいえます。

両方の効果を上手に使うことが恋愛では大切

一目ぼれはまさに「初頭効果」の影響といえるかもしれません。しかし、せっかくいい印象を持ってもらえたとしても、最後がボロボロであれば悪いイメージを持たれてしまう恐れも。逆にいえば、最初の印象が悪かったからといって落ち込むことはありません。最後のイメージがよければ大逆転する可能性もあるということです。

心理学には、恋愛に生かせそうなテクニックがたくさんあります。人の気持ちを理論的に学ぶことは日常生活においても大切なことです。心理学を勉強したら、もしかしたらモテモテになってしまうかも!?


【参照】
http://shinri-to-shinri.net/shinrigaku-32/

http://shinri-to-shinri.net/shinrigaku-33/

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することことが大切だ。

「心理学」について詳しく見る