距離を制すれば恋も制する!? 日常生活に役立つ心理テクニック♥

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

距離を制すれば恋も制する!? 日常生活に役立つ心理テクニック♥

2016.05.24

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

距離を制すれば恋も制する!? 日常生活に役立つ心理テクニック♥

日常のちょっとした会話や行動に、その人の深層に隠された心理が隠されていることがよく見られます。その心理を読み解くことができれば、人間関係をよくするために有効かもしれません。

この記事をまとめると

  • 人には「パーソナルスペース」が存在する
  • 「パーソナルスペース」は4つに分類される
  • 男女差や個人差も大きい

パーソナルスペースって?

誰かと話しているときに、「この人、距離が近いな……」と少し戸惑った経験がある人もいるのではないでしょうか。基本的に人はそれぞれ自分の領域というものを持っており、この領域の中に誰かが入ってくると、イライラしたりストレスがたまったりします。

こういった人間が持っている領域のことをパーソナルスペースと呼びます。動物にも「縄張り」は存在しますし、パーソナルスペースがあるのは自然なことかもしれません。

パーソナルスペースは4つに分類される

このパーソナルスペースは細かく4種類に分けられます。

・密接距離(0~45cm)→恋人の領域
・個体距離(45cm~1.2m)→友達の領域
・社会距離(1.2~3.5m)→知人の領域
・公衆距離(3.5m~)→大衆の領域

つまり、距離が近づけば近づくほど、関係性が近い間柄となります。知り合って間もない間柄なのに、触れ合いそうな距離感まで近寄ってこられるとなんだか落ち着かないのは、ちゃんと理由があったからなんですね。

男女差や個人差も大きい

もちろん、あくまでも一般的に言われている数値なので個人差もありますし、男女によっても違ってくると言われています。男性と比べて、女性のほうがパーソナルスペースは狭い傾向があります。つまり、女性のほうが人に対して心を許しているようです。

また、「社交的」「前向き」「明るい」「ポジティブ」といったタイプはパーソナルスペースが狭く、反対に「内向的」「後向き」「暗い」「ネガティブ」といったタイプの場合、パーソナルスペースが広いといわれています。パーソナルスペースの広さは、相手への警戒心の強さによっても変わってくるということです。パーソナルスペースから、相手の性格も判断できそうです。


自分のパーソナルスペースを意識するだけではなく、自分も人のパーソナルスペースを気にしながら、ほどよい距離感を保ったほうがいいかもしれません。

パーソナルスペースを始めとした心理学は、人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問。勉強してみると、普段の人間関係にも生かせそうですね。


【参照】
http://health.goo.ne.jp/mental/yougo/025.html

この記事のテーマ
人間・心理」を解説

人を研究対象として、人間の心理や身体、人間が作る社会集団、生活の特徴やあり方を研究します。人間科学は、人間という存在や関係性そのものを研究し、学習範囲は栄養学から文化人類学、スポーツ科学まで広範囲にわたります。心理学は人間の心や行動の特徴を分析・解明します。ストレス社会と呼ばれ、心の病に苦しむ人が増加している現代では、なかでも臨床心理学の重要性が注目されています。人間の存在意義の基礎となる学問です。

「人間・心理」について詳しく見る

この記事で取り上げた
「心理学」
はこんな学問です

人間の心理や行動がどのような原理で動いているのかを研究する学問である。それにはさまざまなアプローチがある。たとえば、認知心理学では対象を知覚してから言語化するまでの作用を情報処理のプロセスとして理解する。発達心理学は人間が誕生してから死ぬまでの心の変化が何によるのかを探究する。臨床心理学は心のバランスを崩してしまった人の状態の改善をめざす。志望校に自分の本当に学びたい心理学があるかどうかを必ず確認することことが大切だ。

「心理学」について詳しく見る