これを質問しよう! オープンキャンパスで聞いておきたい10のこと

  • ようこそ、ゲストさん
  • ログイン
  • メンバー登録(無料)
  • エリア設定
  • 保護者・先生の方へ
MENU
閉じる
  • ようこそ、ゲスト さん

    メンバー登録(無料)

  • 適学・適職診断無料!

    診断を受ける

  • エリア設定

現在4校がカートに入っています。

一度に最大30校までまとめて資料請求することができます。

閉じる

「マイナビ進学」サイトが別タブでが開きます。

これを質問しよう! オープンキャンパスで聞いておきたい10のこと

2016.05.02

提供元:マイナビ進学編集部

メイン
テーマ

これを質問しよう! オープンキャンパスで聞いておきたい10のこと

進路相談や質疑応答など、質問を受け付けてもらえる時間も多いオープンキャンパス。積極的に質問してアピールしたいけど、何を質問したらいいかわからない人も多いのではないでしょうか。現役生や先生からも「すごい」と思われる質問のコツを教えます。

この記事をまとめると

  • オープンキャンパスで聞いておきたい10の質問を紹介
  • 本命の学校なら、入試情報もしっかり聞いておくと役に立つ
  • 夢があるなら、就職や取得できる資格についての質問も有効

オープンキャンパスで聞いておきたい質問はコレだ!

オープンキャンパスは、入学前に学校の事情を詳しく聞けるまたとないチャンス。以下の4点を参考に、ホームページで予習してわからなかったことを直接聞いてみましょう。

1.ほかの大学にない、その学校ならではの特徴は?
教育方針やカリキュラムなど、その学校独自のカラーを知っておくことは、受験校を選ぶときにも役立ちます。図書館などの施設や設備も重要です。

2.学部・学科の詳しい内容
学部名や学科名が同じであっても、実際に学ぶ内容には、それぞれ違いがあるものです。講義の種類や研究室の雰囲気なども、ミスマッチを避けるため確認したいところ。
まだ行きたい学部や学科が決まっていない人は、先生に将来の夢や今好きなことを話してみるのも一案です。そこから夢に近づくために入るべき学部や学科を教えてもらえるかもしれません。

3.奨学金や特待生制度の有無・条件
奨学金や授業料の支払い方法などは、個別相談なら話しやすいですね。
入学金や授業料は、決して安いとは言えません。支払回数や方法など、それぞれのプライバシーにも配慮してくれるはずです。 

4.留学制度の有無
留学は遊びではありません。どこへ何を学びに、どれくらいの期間行くのかは、とても大切です。提携校を確かめたり、卒業単位として認めてもらえるかどうかも、チェック!

本命の学校なら、入試についての質問は必須

行きたい学校が既に決まっている人は、入試についてもぜひ質問しておきましょう。どんな人が不合格になったのかは、聞いておきたいところです。

5.AO入試や推薦など入試方法の確認と試験の傾向
AO入試や推薦のほか一般、センター利用など、日程や定員をしっかり確認します。合否基準などの情報を教えてもらえるかもしれません。

6.求めている学生像・試験以外の書類を重視する度合い
学校により、掲げている教育理念や生徒の学ぶ姿勢など、それぞれ求めている学生像があります。推薦書類などを重視する度合いも確認したいですね。

7.学科試験の必要レベル・推薦書類の上手な書き方のコツ
同じ大学であっても、学部や学科で必要レベルは違います。具体的な例として、有名大学を比較に挙げてもらってもわかりやすいのではないでしょうか。推薦書類についても、どんなポイントを重視して見るかなども聞いておきましょう。

就職実績や目指せる資格を聞いて、夢に一歩近づく

入学前から卒業後のことまでしっかり考えておけば、後から後悔することも少ないはず。将来についてまだ具体的なイメージがわかない段階なら、先輩の意見として現役大学生のリアルな体験を聞くのもオススメです。

8.就職のサポート体制は?
就職率や具体的な実習先、就職先など、数字があると安心できますね。就職部を設置しており、就職実績一覧表を開示している学校なら、ぜひ確かめておきましょう。

9.目指せる資格取得について
どのような資格取得が可能なのかをはじめ、現実問題としてその費用も、忘れずに確認しておきたいところです。複数の資格を目指す場合、カリキュラムに無理がないかどうかは重要になります。対策用の講義の有無や合格率も聞いておくと安心です。

10.現役学生から見た校風や学生生活の本音、志望動機など
学校側へ聞きづらい学生の本音や、授業の悩みなどは体験者に聞くのが確実。現役大学生には、受験のコツなども聞いてみましょう。


どんなにネットで詳しく調べても、自分の目で見て触れてみないと本当のところはわかりません。夢を持って入学したのに「しまった!」では、悲しいですよね。そのギャップをなくすためにも、ぜひオープンキャンパスに参加し、希望する学校へ熱いラブコールを送ってみてください。